SS > 短編-けいおん!メンバー > その他 > 幼子の宝物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

97 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2009/07/04(土) 21:40:28 ID: 6MrLHXkC
「さてと、帰りますかね」

今日は珍しく一人で帰ることになった
いつもの道だけど、一人のときはなんだか違うところにも見えてくる
見慣れた景色だ
けど、悲しい顔をした男の子がいる

「どうしたの?」

ほっとけず、声をかけ聞いてみる

「道に迷っちゃって…」

「この辺に住んでるの?」

「…ちょっと離れてるのかも」

…なんだか昔の幼い弟に似ている

「家の近くに何かある?目印になりそうなものとか」

「家の近くにパン屋さんと公園があるんだけど…
お姉ちゃん分かる?」

「あ、あそこか!分かった分かった!
確かに離れてるな…。よく一人でこれたね!」

「うん。
ボク、明後日には引っ越しちゃうから覚えておきたいと思って。」

99 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2009/07/04(土) 21:41:23 ID: 6MrLHXkC
「そっか。やっぱり、寂しい?」

「寂しいよ…。
友達とも離れちゃうから…。
でもでも、明日は学校から帰ってきたら友達がお別れ会開いてくれるんだ!」

あ、笑った
寂しい顔ばかりしていたけど、友達の話になると笑顔が出るんだ

「それじゃ、明日はめいっぱい楽しまなきゃね!」

「うん!」

「とと、そろそろ帰らなきゃね
お母さんたちが心配しちゃうからね!」

「…お姉ちゃん、連れてってくれる?」

「あったりまえだろぅ!
行くぞー!」

「うん!」

やっぱり、誰にでも友達は大事な存在なんだな
あたしの周りにもいいヤツばかりだからな…

これからも、ずっと一緒にいたい
本気でそう思えるんだ

出典
【けいおん!】田井中律は蛇口T可愛い35【ドラム】

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。