SS > 短編-俺律 > 夕立


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

122 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2009/07/04(土) 22:23:09 ID: 7UaeD+E7

ピンポーン
俺「はーい」
ガチャ
律「よっ」
俺「なんだ律か。どうした・・・って、ビショ濡れじゃねーか!」
律「あはは。実はさっきさ~・・・っくしゅっ」
俺「とりあえず中入れ!・・・・・・ほらタオル」
律「おっ、サンキュー」
俺「あと風呂沸いてあるから入ってこい。そんな下着透けてる格好で帰るわけに
もいかないしな」
律「え、あ、ちょっ、み、見んなバカー!///」
俺「そのくらい気にする事ないだろ。ほら、風邪引く前に早く入ってこい」
律「うー・・・(ち、ちょっとは気にしろよ!)」
―――
律「あー、いいお湯だった」
俺「ほれお茶。それと今日はウチに泊まるって電話しといたぞ。服も乾いてない
しな」
律「何から何まで気が利くねぇ」
―――
俺「んじゃ寝るかー」
律「あっ、あのさ。一緒に寝ても・・・いい・・・?」
俺「へ?」
律「いやっ、そういう意味じゃなくて、ほらっ、寒いし!」
俺「仕方ないな。ほら」
律「わ、悪いな///」

俺「どうだ、まだ寒いか?」
律「んー、少しな。・・・なあ、知ってるか?人肌と人肌をくっ付けるとあったけーらしいぜ」
俺「な、何言って・・・」
律「なーんてなっ!十分温かいよ。ありがとな」
俺「気にすんな」
律「・・・や、やっぱり少し寒いかも・・・だから・・・その・・・」

131 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2009/07/04(土) 22:30:13 ID: j47uYr+L
>>122
俺「ったく、ちゃんと言えよ」
律「え?って、わぁっ!」
ぎゅっ
俺「これで多少はマシか?悪いな、元々体温高くなくて」
律「あ…うん。ありがと、温かい…」
俺「そうか、良かったよ。おやすみ」
律「え、あ、…あのさ」
俺「なんだよ」
律「私とお前、女と男じゃん。…その、恥ずかしかったりしないの?」
俺「今更かよ。ずっと一緒にいて、性別なんてカンケーないだろ」
律「そ、そうだよなっ。あはは」
俺「ま、好きなヤツがいるし」
律「はっ!?」
俺「冗談だよ。今はお前が一番好きだ」
なでなで
律「あぅ… び、ビックリさせんなよ!もう寝るからな!」
もぞもぞ
俺「そんなに潜ったら息できねーぞ?」
律「うるふぁい!おやふみ!」
俺「はい、おやすみ」

出典
【けいおん!】田井中律は蛇口T可愛い35【ドラム】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。