SS > 短編-俺律 > 夏の日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テスト最終日、午前に下校できるのはありがたいのだが、如何せん真夏日な為少し気だるい。
校門まであと数メートルという所で、誰かに肩を掴まれた。
律「ねぇ!学校のプールに行かないか?」
僕と同じクラスの田井中律だった。僕は彼女に好意を抱いているが、
彼女は全く気づかずにこうやって僕に話しかけてくれる。
僕「ぷ、プール?なんだってまた?」
律「暑いからだよ!ほら、行くぞ!」
僕「わかったわかった・・・」
こうして律の勢いに乗せられて、プールまで来てしまった。まぁ、律といれるのは嬉しいのだが。
律「プーーーールだぁーーーーーーーーーー!」
彼女は叫びながらプールサイドを走り回る。
僕「あんまりはしゃぐなよwてか、走ったら余計暑いだろw」
律「あ、それもそうかwって・・・うわっ!」
滑りやすいプールサイドで急に走るのをやめたせいで、彼女は転んでしまう・・・前に

僕「あっぶねぇ!」 ドサッ!

僕は彼女の下に滑り込んで、何とか事なきをえた。

律「いってて・・・って、おい!大丈夫か?!」
僕「いたた・・・うん、ちょっと擦りむいただけだ・・・けど・・・」
律「?・・・あーーー!ぱ・・・パンツ見たのか?!」
僕「み・・・ミテナイミテナイ」
律「じゃぁ、何色だった?」
僕「えっと、YES SKY BLUE」
律「見たんじゃないかーー!」
僕「え・・・あっ、ごめん!っていうか、見られたくないなら早くどけって!」
律「ま、いいや・・・」
彼女はそう言って、ホースを手に取った。彼女が何をするつもりなのか分からず、
座ったままの僕の鼻の下は、先ほどの出来事のせいで伸びていた。
その顔面めがけて、何か冷たい液体がぶつかってきた。
僕「つめて!」
律「へっへーん!どうだー、お返しだこのヤロー!」
僕「律、お前ー!」
僕は蛇口から伸びているもう一本のホースを手にとって、水を出す。そしてそれを律に向ける。
律「わっわぁ、ちょ、冷たいって!」
僕「お返しのお返しだー!」
律「だったら、お返しのお返しのお返しダー!」
水しぶきの中で律の子どもみたいにはしゃぐ笑顔が見える。もう、どうにでもなっていい。
夏空の下、僕は開き直った。

何十分こうしていたのだろうか。僕も律も、制服から水が滴っている。

律「あー!涼しい!って、制服ビチョビチョじゃないか!」
僕「どうしよっか?」
律「どうしようかじゃねー!」
僕「律が最初に始めたんだろw」
律「そうだっけ?☆」
僕「まったく・・・仕方ない。律、今日は僕のチャリの後ろに乗れよ。」
我ながら大胆だと思う。好きな子を後ろに乗せるなんて。でも、律は嫌な顔一つせずに、
りつ「やったー!ありがとう!」
この笑顔は無防備な天子の笑顔だ。
僕「この気温だし、家に着く頃には制服も乾くだろ。」
律「そうだな!」

道中・・・

律「今日は本当にありがとうな!」
僕「いいっていいって。お、そうだ。律、アイス買ってくるからちょっと待ってて。」
律「私も一緒に行く!」
僕と律は途中、コンビニに寄った。この頃には制服も乾いていた。
コンビニから出ると、
律「溶けちゃうから、ここで食べようぜ!」
僕「それもそうだな。」
彼女は満面の笑みでアイスを袋から取り出す。
律「アイスウメーーー!今日は最高の一日だ!」
ふと彼女の唇にクリームが付いているのが目に入った。
僕「律!」
律「えっ?」
気がつくと、僕は律の唇を奪っていた。
僕「あ・・・ごめん・・・」
律「な・・・なにしてんだよ!」
律のさっきまでの幸せそうな笑みは消え去り、今にも泣きそうな表情に変わっていた。
待っていたのは絶望の展開かと思われたが・・・
律「本当は・・・プールでお前に気持ちを伝えようと思ってたんだ。なんで・・・先を越すんだよ!」
僕「僕も・・・律がすきだったから・・・」
律「・・・じゃぁ・・・抱きしめて・・・くれる?」
こんな暑い日に人間と密着したらもっと暑苦しくなるはずなのに、なぜか心地よい夏の日だった。

出典
【けいおん!】田井中律は蛇口T可愛い35【ドラム】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。