SS > 短編-けいおん!メンバー > オールキャラ > 二十歳を過ぎてから


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

330 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2009/07/06(月) 17:37:49 ID: vpyP0tBm
「二十歳をすぎてから」 1 / 3


ちょうど梅雨も明けた初夏、夏の日差しは想像以上に鋭くその険しさを増しながら、
けいおん部の部室と、その放課後のティータイムを侵し続けていた。


風鈴の音がちりん、ちりーんと鳴って部室に響いては、消えていく。

唯「あ゛ーあ゛ー・・・あーいー・・・すーー・・・ちょー・・・だぁーい」
澪「おいおい本当に大丈夫か?唯」
梓「完全にとろけてますね」
紬「そうねぇ、今日は本当に暑いからねー。」


律「あーもう!あっち゛ぃ~我慢ならねぇ」

あぐらをかき、スカートをぱたぱたとし始める律。

澪「おい律ー。もっと女の子なんだからちょっとくらいはだな」
律「うっさいなー。こんだけ暑いんだから少しくらいは仕方ないじゃんかー。
  どうせ誰も見やしないんだからさー。ねー、唯」

とろけながらぼそぼそと何かを呟き、どこか遠くを見つめてにやけている唯。

律「げっ・・・唯ー、寝たら死ぬぞー。唯隊員ー。これは本当に死んでしまうかもわからん」
紬「うふふ、じゃあちょっと冷たい飲み物でも入れよっか。」
澪「え。でも氷とかないんじゃ・・・」
紬「だいじょうぶ!そんなこともあろうかと思って、
  今日はつめたい紅茶が入った魔法瓶を持ってきちゃいましたー」

一同「おおーっ」

梓(よかった、一瞬麦茶かとおもって身構えてしまった・・・)

331 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2009/07/06(月) 17:38:46 ID: vpyP0tBm
「二十歳をすぎてから」 2 / 3

唯「もうからだじゅうギトギトだよぉ~。シャワーあびゅたいよっ!みおちゃん!」
澪「んなことここで言われても・・・」

紬「はいりましたよーはい、これ。どうぞ召し上がれ。」
唯「むぎちゃん!ありがとう!このご恩はゴクッ・・・一生忘れゴクッ・・・ないよ!」
梓「飲みながら話さないでください。こぼしても知りませんからね」
紬「うふふ。じゃあこれ、あとはみんなの分だから、好きなのを取って飲んでね。」
澪「さんきゅー」

律「あれ?なんか一つだけ色が違わない?こっちはみんな紅茶みたいだけど」
紬「ああ、これは今朝氷を頂きに寄ったときに、なんだか綺麗な飲み物があるから頂いてきたの。」
律「へぇー。それでこれ何て飲み物?ブルーハワイ?」
澪「それはカキ氷のシロップだろ・・・けど見るからに涼しげで、いい感じだな。」
紬「うん、そうなの!それでね、澪ちゃんに似合うかなーと思って」
澪「えっ、私?いやいやいやいや私はこんなの似合わないって」
唯「いやぁーみおちゃん似合ってるよーぴったりだよぉー」
律「たしかにちょっと澪っぽいかもな」
梓「澪センパイのイメージとぴったりです。」

澪「そ、そこまで言うんだったら・・・ちょっとだけ貰おうかな」

一同「いただきまーす」

ゴクリ・・・ゴクリ・・・

333 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。  Mail: sage 投稿日: 2009/07/06(月) 17:39:38 ID: vpyP0tBm
「二十歳をすぎてから」 3 / 3

澪「・・・ん・・・これ・・・なんか・・・変な・・・味・・・する」
律「ん・・・どうした澪・・・?」
唯「どーしたの?澪ちゃん?」
梓「うわっ!センパイ顔真っ赤ですよ!どうしたんですか!?」
澪「ウヒッ・・・りつー・・・ヘッヘッヘッ・・・」
律「お・・・おい澪。おーい大丈夫かーみおー」

澪の肩を両手で抱いてぐわんぐわんと前後に揺さぶる律

澪「えへへっ・・・へへっ・・・この前の歌詞・・・あれで・・・いいよなーりつーまえがみーうひゃー」
律「おいおいどうしたんだよお前、みーおー、かえってこーい」
紬「!!
  やだこれ裏にロシア語でお酒って書いてある!私ったらどうしよう!」
律「おいおいマジかよ!おーい澪ー、お前お酒飲んだんだってさー!わかるかー?」
澪「ういっく・・・みおちゃんさんじょー・・・おーりつさーん、どもでーす」
律「うわー、完全に酔っ払っちゃってる・・・一口飲んだだけだったのに」
紬「ごめんなさい・・・どうしよう・・・」

律「うーん、じゃあ仕方がないから、とりあえず澪は私がおぶって帰るよ。」


ゆるやかに傾いて差し込んだオレンジ色の日の光は、
まだ熱のこもったコンクリートの歩道の上を行く、二人の汗を光らせていた。
律の額に汗が滴る。

律「思ってたよりも重い・・・んしょ・・・」

ずり落ちる体を何とか背中に引き上げながら、とぼとぼと歩く。
蝉がどこかで鳴いている。

律「お酒は二十歳を過ぎてからだからな。もう飲まないって私との約束だぞ。」
澪「うーん、りつのせなか・・・きもちいい・・・」
律「・・・もう、人の話聞いてんのかよ。ったく。」

そう言いながら、汗ばんだ口元が少しだけ笑い、
一人の少女の重みを背中全体に感じながら、律は家路を急いだ。

出典
【けいおん!】田井中律はキノコ可愛い36【ドラム】


このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • あれ?脱衣とか澪無双とかはないのか? -- (名無しさん) 2009-07-16 20:05:15
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。