SS > 超短編 > メイクアップ律の妄想


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

175 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/07/13(月) 03:31:53 ID:mRtdkL/I

悪乗りした唯とムギに手足を押さえられて、
さわちゃんに無理やりメイクを施されるりっちゃんを妄想してた。

んで、いざ鏡を見てみると普段の自分とは全く違った顔がそこにあって
あまりの恥ずかしさに赤面しながらトイレに直行するりっちゃん。

そして洗面台で顔をバシャバシャ洗いながら必死に唇をゴシゴシするんだけど
別人にされてしまった自分への戸惑いと“化粧なんか似合わない”っていうコンプレックスに挟まれて
いつの間にか涙がポロポロ零れ、その場に崩れてしまうんだ。

すると、そこに澪がやってきて梓も心配して後ろについてきたんだけど
りっちゃんが弱々しくすすり泣いている光景が目に入ってきた。
やっぱ梓は、りっちゃんの泣き顔なんか見た事なかったから言葉を失って凄くオドオドするんだよね。

で、涙でグシャグシャになったりっちゃんを澪が優しく諭す。
「化粧なんかしなくても私はありのままの律が大好きだよ」って。
だけど、りっちゃんに対してはちょっとSっぽい澪の事だから
「まあ、化粧した律も悪くはなかったぞ?」ってからかっちゃうワケだ。

あたふたして何も出来ないでいた梓も「こういう台詞をサラッと言えちゃう澪先輩って凄いな」と改め


出典
【けいおん!】田井中律は1234可愛い40【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。