けいおん!クエスト 異世界へ(ep1)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある日曜日、軽音部は全員で唯の家で遊ぶことになった。

唯「あ、みんなぁいらっしゃ~い」
律「ふーっ、あっちーな」
梓「あれ、憂ちゃんはいないんですか?」
唯「うん、お菓子買ってきてくれるって~」
澪「…相変わらずできた子だな…」
紬「お菓子なら私が持ってきたのに」
律「やりぃっ!さっすがムギ!唯、ムギのお菓子食べながらゲームでもしようぜ!」
唯「うん!ドラクエ詰まっちゃったからりっちゃんクリアしてよ~」
律「任せろっ!みんなは私の冒険を見守っててくれ」
梓「律先輩、せっかくみんなでいるのにゲームですかぁ?」
澪「なかなか面白そうじゃないか?梓」
梓「そうですね!律先輩は見守ってないとめちゃくちゃな冒険しそうですし…」
律「…お前ら」
紬「うふふっ」

律は電源を入れ、ゲームが始まった。

律「どれどれ…って唯、もうラスボスじゃんか!」
唯「えへへ~それがなかなか倒せなくてさぁ」
紬「あれ?なんか…」
澪「どうした?ムギ」
紬「ラスボスさんが…こっちを見てませんか?」
律「おいおいムギ、いつからオカルトっぽいこと言うように…」
律の言葉はそれ以上続かなかった。
画面を凝視する5人。
確かに魔王はこちらを見ていた。

梓「なんか気持ち悪いですね。吸い込まれそ…!」
唯「あずにゃん!?」

梓の体が徐々にテレビの画面に近づいていく。
全員で止めようとするが、止まる気配はない。

梓「きゃあーっ!」
澪「梓っ!きゃっ!」
唯「いやっ!」
律「う、うわっ!」
紬「きゃあーっ!」

全員が画面の中に吸い込まれてしまった。
ゲームのチープな音楽だけが平沢家のリビングに響いていた。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。