けいおん!クエスト 目覚め-律編(ep2)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「ん…っ…あ、熱っ!砂?てか砂漠!?ここは一体…!みんなは!?」

律が目を覚ますと、どこかで見た世界が広がっていた。
そう、ここはゲームの中。
グランディス大陸の東、砂漠の町サバン。

ジン「おい、お前ここいらじゃ見かけねぇ顔だな」
律「うわっ!びっくりしたー。そんなことよりここどこだよ!?あんたは誰!?」
ジン「俺の名はジン。ここ、砂漠の町サバンの長だ。」
律「サバン?どっかで…あーっ!ゲームに出てくる町の名前!」
ジン「何を言っている?とりあえず町まで来い。俺のラクダの後ろに乗れ。」
律「お、おう」

ラクダは律をサバンへと運んだ。

ジン「さてと。お前が一体誰なのか、なぜあんなところに倒れていたのか、聞かせてもらおう。」
律「私は律。桜高の軽音部の部長で、えっと…唯の家でみんなでゲームしてたんだ。そしたらラスボスの魔王と目が合って…」
ジン「!!魔王だと…?お前、一緒に魔王と戦っていた仲間の人数は!?」
律「あ、ああ。私含めて5人だ。魔王と戦ってるうちにみんなテレビの画面に吸い込まれちまって…気づいたらこんなとこに…とりあえずみんなを探したいんだ!どうすればいい?」
ジン「5人…予言の…まさか…な」
律「お、おい予言とかなんとかって何だよ」
ジン「いや、なんでもない。お前の話はわかった。ここから南に行くと港町スーベリアがある。俺達の町はスーベリアに鉱石を売って生計を立てている。間もなく出発するキャラバンにお前も加えてやろう。スーベリアに行けば何か情報が掴めるかもしれん」
律「そうか、ジン、ありがとう!」
ジン「それから…こいつを持って行け。女が丸腰じゃ危険だ。」
律「うわー…女の子にしてみればけっこうでかい剣だな。」
ジン「俺の護身用だ。見た目よりずっと軽い。振ってみろ。」
律「ほんとだ、軽いな。んじゃあそれっぽく構えて…おりゃっ!!」
ジン「ふ…初めてにしてはなかなかの太刀筋だ。元の世界に戻れるといいな」
律「こいつで魔王をぶった切りゃきっと帰れるって!じゃあなジン!サンキュー!」


律「ふー疲れたっ!ラクダより電車がいいよなぁ~って無理か…」

律はサバンより南、港町スーベリアに着いた。

律(とりあえず町の人に話を聞いてみるか…)「すいませーん」
老婆「あんたっ、ちょっとこっちにきな!さぁ早く!」

言われるがまま、律は老婆について行く。町の外れの暗がりで、老婆は話し始めた。

老婆「あんた…この町の娘じゃないね。心してお聞き。今晩、この若い娘が生贄としてビーストキングダムに連れて行かれるんじゃ」
律「いっ生贄!?」
「ほれ、港の南の方…あの島じゃ。若い娘が獣帝ライデンの生贄として捧げられるのじゃ…。奴は半獣半人の化け物達の王じゃ。生贄を捧げなければこの町は一晩で海の藻屑と化す…。悪いことは言わん、キャラバンと一緒に引き返すがええ…」
律(もし澪がこの町に飛ばされていたら…いや澪だけじゃない!みんなが生贄としてビーストキングダムに連れられていったかもしれない!)「お婆さん、私を船に乗せて!仲間が危ないかもしれないの!」
老婆「なんと…まぁ好きにするがよい。お前さんの瞳はわしらが忘れてしまった輝きで満ちておる。ただし…命の保証はできんぞ」
律「それでもいい!」
老婆「威勢のいい娘じゃの、ほっほっ。今のうちに船に忍び込むといい」
律「ありがとう!元気でな!」

律はビーストキングダム行きの船へと忍び込んだ。
船は不気味な汽笛を鳴らし、一路ビーストキングダムへ。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。