SS > 短編-けいおん!メンバー > オールキャラ > 焼肉奉行あずにゃん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

180 名前:SS「焼肉奉行あずにゃん」[sage] 投稿日:2009/07/15(水) 00:19:19 ID:SE8nsC8f
紬「私焼肉って初めて~」
澪「そうなのか?何か意外だな」
紬「お肉を自分で焼いたことがないから、とっても楽しみっ!」
律「流石としか言いようがないな」

唯「カルビ美味ひい~♪」
律「唯はここぞとばかりに脂乗ってるのばっかり食べるなぁ。ほれ野菜も食べろ野菜も」ヒョイクル
梓「あーーーっ!」
律「な、何だよ梓……」ビクッ
梓「律先輩何やってんですか!」
律「何って……肉ひっくり返しただけじゃんか」
梓「肉って葱タン塩じゃないですか!何で葱タン塩をひっくり返すんですか!」
律「え?他の肉もひっくり返すし……」
梓「何のために葱がのってると思ってるんですか!ひっくり返したら葱が落ちちゃうでしょう!」
唯「そういえばそうだね」
律「だ、だってひっくり返さないと生焼けに……」
梓「ステーキだってレアって焼き方があるでしょう!?牛肉は火の通りが早いですしここのお肉は新鮮なのがウリで刺身で食べられるんですよ?ちょっとくらい赤くても大丈夫です!」
律「わ、わかったよ次から気をつけるよ……」
梓「ちゃんと見てますからね!」
唯「あずにゃんいつもとキャラ違うよ~……」
澪「鍋奉行の焼肉バージョンだな。何か久々に真面目な梓を見たよ」
紬「タンって何?え、シタ?シタ?……ベロ?色んなところ食べるのねぇ……」

律「……」びくびく
梓「あぁもう先輩、それ焼きすぎになりますよ!」
律「ご、ごめん……」シュン
梓「……あ、すみません……ちょっと言いすぎました」
律「い、いや謝らなくてもいいよ!梓はあたしに美味しい焼肉食べてもらいたくてアドバイスしてくれたんだからさ。だから落ち込まないでよ、ね?」
梓「はい……あ、そうだ!」
唯「どうしたのあずにゃん?」
梓「私が律先輩のお肉を焼いてあげればいいんですね!」
律「は?」
澪「えっ」
梓「他の皆さんは幸いみんな焼き方上手ですから律先輩を付きっ切りでサポートしますよ」
律「い、いやそこまでしなくてもいいって」
梓「ほら遠慮せずに♪タン塩は片面だけ焼いてこうやって葱を巻くようにして……律先輩、あーん」クルリヒョイ
律「お、おいやめろよ皆見てるよ」
梓「女子高生5人で焼肉食べに来て周りの目気にしてどうするんですか。ほら、あーん」
律「あ、あーん……あ、美味しい!葱がちゃんと乗ってるとこんなにも違うんだな!」
梓「ね、わかってもらえましたか?」
律「ありがとう梓!美味しいよ!」にっこり
梓「せ、先輩……」キュン
唯「あずにゃん?」
梓「つ、次豚トロです。牛とは違った美味しさがありますよ!あーん♪」
律「え?まだ続けるの?あーん……モグモグ……うめぇ!」
梓「ふふ、喜んでもらえて嬉しいです。じゃあ次は……」



唯「あれ?ムギちゃんお肉食べないの?ご飯だけ?」
紬「お肉よりも美味しいおかずが目の前にあるのよ唯ちゃん!」ガツガツ
澪「りつをとられた……」マッシロ


出典
【けいおん!】田井中律はポロシャツ可愛い41【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • “おかず”ってその意味かぁあ~!! -- (紅玉国光) 2009-09-23 15:37:12
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。