SS > 短編-俺俺、津、コピペ改変、ネタetc > くんれん!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

871 名前:SS「くんれん」[sage] 投稿日:2009/07/20(月) 06:59:57 ID:cJqoXzKW
長い長い一日の訓練を終え、隊員たちとは遠く離れた別棟へと向かう秋山澪名誉隊員。

ガチャッ

軍服を軽やかに脱ぎ捨て、一人がけのソファにスポーツタイプの下着だけになって沈み込む澪。

澪「ふぅ、長かった宿営訓練も今日でおしまい、か。帰ってみんなと早く会いたいなぁ。」

ふと、幼少時代の律と自分が並んで写った写真の入った、写真立てを眺める澪。
だがその口元からは、溜め息しか出てこない。

澪「・・・・・・やっぱり・・・律に会いたい、よなぁ。」

「帰ったら、まーたちょっかい出して来るんだろうなー」
「変なギャグとか言っちゃって・・・ふふっ」
「笑えないっての・・・うふふ」
「でもムギだって唯だっているのに、いつも私ばっかりだよな」
「まったくアイツったら・・・、律・・・・・・」

トントン、ガチャッ

隊員A「突然失礼いたします!」
澪「ひゃわっ!なっ!なんだ!ここここには来るんじゃないといっておいたろうに!」
隊員A「すみません!ですが緊急事態でしたのでっ!」
澪「そ、そうか!御苦労であった!で、詳細を述べよ!」
隊員A「はいっ!先刻律スレに書き込みを行った隊員がおりまして、そいつを連行致しました!」
澪「ん?どういうことだ?律スレだったら皆毎日むさぼるようにして書き込んでおるだろう。」
隊員A「はいっ!それがつい堪えきれずに、その隊員は五分律を行使してしまった、とのことでして」
澪「っ!!なにィ!?今すぐ私をそいつのところに案内しろっ!」

一瞬にして下半身からまくり上げるように迷彩服に着替える澪。
チラと写真に目をやり、一言「行ってくるぞっ」と小声で微笑む。

隊員A「コヤツでありますっ!」
澪名誉隊員「おい貴様ァ!たるんでるんじゃあないぞォ!それでも応援し隊の一員かァ!!」

澪の長い一日が、またはじまる。


出展
【けいおん!】田井中律は虹色カチューシャ45【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。