SS > 短編-けいおん!メンバー > > ヒバリのこころ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(お前さー、気に入らないんだよ)
(ちょっと成績良いくらいで調子乗ってんじゃねーの?)
(一回しばいてやんねーとわかんねーみてーだな!!)


律「はぁっ・・・はぁっ・・・おまえら!もう一回こんなことしてみろ!!
本当に・・・本当にぶっ殺すぞ!!わかったかっ!!」

「おっ、鬼の田井中が出たぞ!!」
「ヒーローかなんかですか?!かっこいいねー!!」
「殺せるもんなら殺してみろー」

律「ばかやろおっ!!」
澪「う・・・ううっ・・・」
律「澪・・・?大丈夫か!・・・あっ、膝怪我してる!保健室から救急箱・・・」

澪「やめて・・・」
律「・・・は?」
澪「なんで・・・私に構おうとするの・・・!!」
律「そりゃ・・・親友」
澪「親友ってなにっ?!親友とか軽々しく言わないでよっ・・・!」
律「・・・澪?」
澪「わかんないよ・・・りっちゃんにはわかんないよ!!」
律「・・・・」
澪「友達も一杯いて・・・スポーツも出来て・・・皆に好かれて・・・そんなりっちゃんに私の気持ちなんて・・・」
律「・・・・」
澪「・・・・・あっ・・・くっ・・・うぐっ・・・」

(お前さー、田井中とできてんじゃねえの?!)
(あいつお前がなんかあるとすぐ現れるもんなー!)
(おい、脱がせてみようぜ!きっとガバガバだっ!)
(ちょっ・・やめてよ!)
(お前手押さえろ!)
(やっ・・・やだ!)
(胸もでけーしさー、ちょっと思い知らせてやろうぜ!)
(お前らなにやってんだー!!)

澪「私の気持ちなんてわかんないよ!!」

律「そうだよ・・・わかんないよ!!」
澪「え?」
律「澪の気持ち?!そんなのわかるもんか!!他人だぞ?どうやって他人の気持ちがわかるんだよ!!」
澪「・・・・」
律「でもさ・・・・、わかんなければ・・・見捨てても良いのか?良いわけない!」
澪「・・・・」

律「・・・・っあ、ごめん・・・ちょっと言い過ぎた・・・」
澪「でも・・・このままじゃ・・・」
律「なに?」

澪「このままじゃ・・・りっちゃんまで嫌われちゃうよ・・・?」
律「・・・・・・・・・あー・・・その発想はなかったね」
澪「だめ・・・そんなのだめ・・・私が巻き込んでるみたい・・・良いの・・・嫌われるのは私だけで・・・」
律「・・・・・さ、そんな話あとあと!保健室行くぞ!!」
澪「え?あっ・・・」


先生「あら、澪ちゃんりっちゃん。・・・その怪我!」
澪「あっ、あの・・・転んだだけ」
律「先生!!また・・・あいつらが澪ちゃんを!」
先生「そう・・・・他の先生たちの間でも結構な問題になってるのよ。そろそろ個別指導を」
律「そろそろってなんですか?!すぐしてください!こんなに・・・こんなに傷ついてるのに・・・なんで今になって「そろそろ」なんですか?!」
澪「りっ・・・りっちゃん・・・いいよ・・・」
律「よくない!!澪が弱気になってちゃ駄目だろ?!」
先生「ちょっと落ち着いて、先生たちにも・・・何て言ったら良いか・・・都合があるの。そんな下手には動けないのよ・・・」
律「もういいっ!!澪、行くぞ!!」
澪「りっ・・・りっちゃん・・・」
先生「ちょっと待って!消毒と包帯だけしていきなさい・・・そのために来たんでしょ?」
律「えっ、あっ、うっ・・・」
澪「は、はい!」


先生(・・・澪ちゃん?)
澪(はい・・・?)
先生(多分・・・りっちゃんも・・・今は相当辛いと思うの・・・)
澪(・・・・・)
先生(もし・・・そんなことないって願いたいけど・・・もしもりっちゃんが・・・今のあなたのような状況に立たされたら・・・
あなたも・・・りっちゃんを守ってあげて。)
澪(・・・!)
先生(先生も、他の先生に徹底的に指導するよう言ってるの・・・でも先生たちは、生徒とかその保護者の顔色見てるばっかりで・・・
私みたいな保健の先生にね、それをどうにかできる力なんてないの・・・だから、もしものときは・・・あなたが守ってあげてね。)
澪(・・・はい!)

先生「ほら・・・もう大丈夫よ。」
澪「ありがとうございます・・・」
律「・・・ほらっ、いこ・・・」
先生「2人とも・・・絶対何とかするから!だから・・・くじけないで・・・・」
律「・・・・・・・・さよなら!」
澪「さようなら・・・」
先生「うん、じゃあね・・・」


澪「・・・」
律「・・・・・」
澪(でも、やっぱり・・・無理だよ・・・守るなんて・・・)「・・・本当に・・・もうやめてよ・・・りっちゃんが嫌われるなんて・・・」
律「もう遅いよ・・・」
澪「え?」
律「一度・・・聞いたんだ。他の奴の陰口・・・」

(田井中さんさー、なんかしつこいよねー)
(秋山さんのこと必死にかばっちゃってさ、そんなに良く見られたいのかなー)
(バカみたいだよねー。自分は嫌われないとでも思ってんじゃない?)

澪「・・・・・」
律「それに・・・澪とできてるとか言われてるのも・・・知ってる。もう遅いんだよ。とっくに私も嫌われてる」
澪「そんな・・・私のせいだ・・・」
律「・・・・・それは違うよ。澪は悪くない・・・あいつらがおかしいんだ・・・!」
澪「・・・・・・・・」
律「・・・・だからさ、わかるんだよ・・・・ホントは。完璧にってわけじゃないけど・・・澪の気持ち。」

律「それで・・・気付いた。澪が今までどれだけ苦しい思いをして、それを耐えてきたか・・・うっ・・・」
澪「!・・・りっちゃん・・・泣いてるの?」
律「えっ?!泣いてないっ」
澪「・・・・・」
律「うん・・・澪は・・・強いよ。今まで、こんな辛い状況で耐えてきて・・・でも私・・・駄目だよ
折れそうなんだ・・・辛くて辛くて仕方ない・・・苦しい・・・」
澪「だったらもう私のことなんてかまわないで」
律「それが出来ないから苦しいんだ!!」

澪「っ・・・・・・・なら・・もっと見せて・・・」
律「ん?」
澪「もっと見せてよ・・・りっちゃんの弱いところ・・・」
律「・・・・・」
澪「もし、りっちゃんが私の気持ちをわかっても・・・私にりっちゃんの気持ちはわかんない・・・
そんなに辛いのに、無理して私を助けて・・・いつも笑顔で振舞って・・・そんな強いりっちゃんしか見たことないもん・・・
私も・・・りっちゃんを守りたい・・・!でも、守れないもん・・・強いりっちゃんしかわかんないんだもん・・・」

律「・・・・・・・うっ・・・」
澪「泣いて・・・・いいよ・・・今は、私が守ってあげるから・・・」

律「うっ・・・・ううっ・・・うわぁぁん!澪ぉ!」
澪「りっちゃん・・・」

律「うえっ・・・えぐっ・・・辛い・・・辛いよ・・・ずずっ・・・もう・・・んぐっ、耐えられない・・・怖い・・・う・・・ううっ・・・」
澪「大丈夫・・・私が守るから・・・」
律「澪・・・澪ぉ・・・」
澪「・・・・・」(りっちゃん・・・ごめんね・・・・今までありがとう・・・)

(これからは・・・)




(・・・これからは!私も・・・強くなる・・・)

数日後

「おーい、秋山!この前道端で田井中と」
澪「なんだっ?」
「・・・へ?」
澪「なんだって聞いてるんだ!」
「い・・・いや、その・・・」
澪「用がないなら・・・話しかけないで・・・」
「すっ・・・すいません・・・」

澪「・・・っう・・・はぁ・・・」
律「澪・・・凄い!あいつら追っ払ったじゃん!!これで第一歩だな!!」
澪「りっ・・・りっちゃん・・・」
律「・・・え?」
澪「こわかったぁ!!」
がばっ
律「おわっ!はっ、はは、なんだーもう終わりかー」
澪「ううううっ・・・・」
律「・・・・ふふっ」(もう少し・・・私が守ってやんないとな。)

終わり


出展
【けいおん!】田井中律は冬の日可愛い46【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • かわいい律達をいじめる奴は皆あの世に送るしかないな -- (上級隊員) 2011-03-25 04:25:16
  • 律澪をいじめる野郎まじぶっ殺す……… -- (力ットマン) 2010-11-24 17:42:28
  • 律と澪をいじめた奴許さん -- (名無しさん) 2010-03-07 03:05:11
  • 澪成長したな! -- (yami) 2010-01-08 13:45:47
  • スピッツのヒバリのこころですか -- (名無しさん) 2009-07-30 10:12:50
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。