SS > 短編-俺律 > 雷の夜


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

414 名前:ss 「雷の夜」[sage] 投稿日:2009/07/26(日) 02:06:03 ID:+mYQF9QW
雷が鳴り止まない夜

俺「律~、雷怖くないの?」
律「怖いわけ無いだろー。私を誰だと思ってるんだ?」
俺「はいはい、そーですか。」

そんな強がっている律の体は小刻みに震えていた。

俺「律。怖いんだろ?一緒に寝てやるよ」
律「はぁ?何言ってんの?まあ、お前が怖いっていうなら一緒に寝てやってもいいけどな」
俺「そうか?じゃあ俺も布団に入れてくれ。」
律「わかったからはやくしろって、さっさと寝たいんだから」
俺「ゴソゴソ・・・・・・・。   ギュッ」

俺は律を後ろから抱きしめた

律「・・・・っ!何すんだよ!!」
俺「へへ、雷怖いからこうやってないとねむれないんだよー」
律「・・・しょうがないなあもう!!ああ、あつくるしい」
俺「おやすみ」
律「・・・・・」

翌朝俺が起きると、律は両手で俺の手を握り締めていた

出展
【けいおん!】田井中律の前髪可愛いーし51【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。