SS > 長編 > ゲイナー「こっちにはボーカルマイクがあぁぁぁぁぁるッ!」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲイナー「ここどこぉ~?おーい!誰かいませんかー!?」

ゲイナー「寒くないし、人の部屋みたいだ?」

さわ子「な、ななななんかいるぅー!!」

ゲイナー「うわぁぁおばさん!なんなんですか!?なんでここにいるのォ~!?僕をどうするの!?」

さわ子「おばさんじゃなーい!!それにここは私の家よ!あんたこそなんでいるの!?警察呼ぶわよ」

ゲイナー「警察?シベ鉄の連中か!?いや違う警察権はないはず・・・・ハッ!違う!違うんですよ!ミーヤの遺跡で!」

ゲイナー「遺跡で怪物みたいなオーバーマンに・・・ってその不可解な顔、なんです?」

さわ子「ワケわかんないわよ・・・・とりあえず、事情があるみたいね?」

ゲイナー「さっきまであんなに怪しんでいたのに!なぜ僕を受け入れようとするんです?」

さわ子「だって嘘をついてるように見えないんだもん、それに私こういn・・・・」

ゲイナー「おかしい!品格を疑う!知らない人間が自分の部屋に入ってるんですよ!?」

さわ子「もう!そういう物語が破たんするようなこと言うもんじゃないわよ!さっさと進まないと話にならないの!」



ゲイナー「というわけでこの学校でお世話になるシベリアから来たゲイナー・サンガです。
ここがどういう場所なのか把握してませんが僕には優しくお願いします」

律「なんだなんだ?変なやつww」

澪「これといって普通のみためなのにな」

律「おう!転校生のゲイナー君、調子はどうだい?」

澪「律!いきなりそのテンションじゃ驚かれるだろうが!」

律「へへぇ、私、田井中律よろしく!」

ゲイナー「僕は・・・僕は、ゲイナー・サンガです・・・(明るくて元気な感じの子だ・・)」

澪「私は秋山澪です、よろしくね」

ゲイナー「あぁはい、これからどうなるかわからないけど、お願いします」


ほうかご!

律「ふわぁ~・・・終わった終わったぁ~!じゃ澪、音楽室行こうぜぇ~」

澪「ちょっとまって~、今行くよ。」

ゲイナー「音楽室?何をやるんです?」

律「部活だよぶ・か・つ。」

ゲイナー「部活ってなんだ?僕も行ってもいいかな?どうせ帰る時間も遅いし」

澪「そうだ、ゲイナー君はどこに住んでるの?」

ゲイナー「僕かい?今のところの僕は山中さわ子さんの家に落ち着いていますよ」

律「へぇ~そうなんだ」

澪・律「先生・さわちゃんの家に!?」

ゲイナー「ええ、何か問題でもあるの?ヤーパンの天井の自室にも女の先生住んでたけど?」

律「そうなんだぁ・・・アハハ」

澪(お国柄なのか?ませてるな)



律「ついたぞぉ~、おっーす!やっとるかねぇ?」

唯「あっ!りっちゃんに澪ちゃん、それとその男の人だぁれ?」

ゲイナー「僕はゲイナー・サンガと申します。ヤーパンへのエクソダスの最中にトラブルに巻き込まれて今ここにいます」

唯「???」ぷしゅ~

律「唯の頭から煙が出てる!今そんな難しいこと言ったか!?」

ゲイナー「横文字ひとつで拒否反応とはいかがなものか」

澪「いや、状況を理解しようとしてできなかったんだろう」

律(しかし、トボけてるというか変に淡白というか、変なやつww)

さわ子「おっ!みんなそろってる~?」

澪「いや、まだムギが」

ゲイナー(田植えでもするのだろうか?)



紬「遅れました~、みんな~」

律「おー!ムギ~待ってたよ~ケーキ!ケーキ!」

澪「ゲイナー君いるのにはしたないぞ!律!」

律「気にしなぁ~い気にしなぁ~い」

ゲイナー(天真爛漫で元気な人と見た、よし明日も口実つくってここに来よう、幸いクラスは一緒だぞ)

紬「あらあら?この方どなたですか?」

ゲイナー「僕はゲイナーですゲイナー・サンガ。人は僕をゲームチャンプと呼びます」

紬「チャンプ?それはすごいわぁ~、今度腕前の方をぜひ見せてくださるかしら?」

さわ子「もう設定多くていちいちやってられないから、次に行くわよ!唯ちゃんも理解したわね!?」

唯「♪~~」

律「ダメだこりゃ」



ゲイナー「で、この集りは何をやる人たちなんです?」

律「軽音部って言ってな、楽器持って演奏するんだよ、いわゆるバンドってやつだね」

ゲイナー「バンド?それはなに?」

律「バンドも知らんのかぁ~、さわちゃん出番だぞ~」

さわ子「しょうがないわねぇ、いい?ゲイナー君バンドと言うのは

なのよ~わかった?」

ゲイナー「ええ、とてもわかりやすい!」

唯「ゲイナー君は、何か出来る?それともこれからやる?」

ゲイナー「う~んよくわからないけど入ります!」

律「まぁ文化祭も近いし楽器できなくても手伝いとか諸々やってもらえるだろ、機材運ぶのに男手はあって困らないだろし」

紬「ゲイナーさん、歓迎しますわぁ」

唯「よろしくねぇゲイナーくぅん」

律「なんらかの役に立てよ~」

澪「こら!律!じゃあいつまでかはわからないけどよろしくね」

さわ子「これで家に帰るまでの時間はつぶせそうね、これいったい一石何鳥かしら?」



ゲイナー「じゃあ僕はとりあえずは見てるよ、楽しそうだし」

律「そうかぁ、じゃ私たちも今日は練習するか~?」

澪「お~律張り切ってるな」

唯「りっちゃんが輝いてるよ!悪いものでも食べたの~?」

律「お前に言われたくねぇ!」

紬「ふふっがんばりましょ」

ゲイナー(僕も順応してるな、ゲインさんこちらは楽しくやっています、あなたはエクソダスがんばってください)



さわ子「そろそろ時間よ~」

ゲイナー「時間だって!」

澪「じゃ、終わりにしようか」

律「お~みんなおつかれ~」

唯「ところでさ、ゲイナー君はゲームが上手なんだよね?」

ゲイナー「え?あぁうん、オーバーマンバトルでは200連勝しましたよ」

一同「200!?」

紬「じゃ、じゃあ負けたことないの?」

ゲイナー「うん、まぁね」

律「よし!じゃあ帰りにみんなでゲーセン行こうぜ!」

澪「まったく、しょうがないな」



げいせん!

唯「まずは何やる~?」

ゲイナー「じゃあ、これなんかどうかな?」

律「ガンダムVSガンダムかぁ、誰か出来るやついるか~?」

紬「・・・・」スッ

澪「おう!ムギ!?出来るのか?」

紬「えぇちょっとだけやったことあるの」

ゲイナー「よし!じゃあムギさん!勝負しましょう、言っておきますが手加減しませんよ」

紬「ふふ、お手柔らかにお願いします」



ゲイナー「あぶなかったぁ~少し焦りましたよ、ハハハ」

紬「・・・負けちゃいましたぁ。(くやしいっ!もっとやり込みが必要ね・・・)」

ゲイナー「まぁ僕には勝つには相当の年月が必要ですね」

澪・律「・・・・」ポカーン

唯「ムギちゃんもゲイナー君もカッコいい・・・」

律「なぁ澪、これあんますごくないよな?っていうかむしろ・・・・」

澪「・・・うん、そうだね」

律(なんて大人げない・・・・)



ゲイナー「いやぁこっちのゲームも楽しいですね、僕、何時間でもいれそうだよ」

紬「じゃあまた今度、お手合わせお願いしてもいいですか?」

ゲイナー「ええ!挑戦はいつだって受けますとも!」

律(ムギのやつ絶対練習してくる気だ)

澪(まぁみんな楽しそうだしいっか)

唯「今度私に上手なプレイの仕方教えて~」

ゲイナー「こういったのは教えるもんじゃないんだけどなぁ、でもかまいませんよ」

唯「わーいやったー」キラキラ

律(あっちの旧台でボンバーマンでもやってようかなぁ・・・澪もUFOキャッチャー見てるし・・・)



唯「じゃあまた明日ねえ~」

律「おーじゃあなぁ~」

紬「この後ゲイナーさんはどうなさるの?」

ゲイナー「えっ~と、僕は・・・・僕は学校にも戻らなくちゃならない!」

律「ま、まさかさわちゃんと帰る約束忘れてたのか?」

ゲイナー「記憶になったかんだ!じゃ、じゃあまた明日ね!さよなら」

律「なんか忙しないやつww」

澪「ふふっ」

律「それにしてもあいつはつかみどころがないな」

唯「そうかな~?あんまり違和感はないよ」

澪「唯といい勝負だよ」

紬「見ていて面白いわ」



がっこう!

ゲイナー「さわ子さーん!山中さわ子さーん!いますかぁ~!?返事お願いしまぁ~す!」

ゲイナー「どこですかぁ~!?僕は玄関のところにいるんですよ~!」

さわ子「全く初日から何してるのよもう」ぽかっ

ゲイナー「痛い!・・・でもないか、すみません、ゲームしてたんです」

さわ子「ゲームチャンプは結構だけど、私の身にもなってね」ニコニコ

ゲイナー(これは心からの笑顔ではない!僕はこうはなるまい・・・)

ゲイナー「一声かけます、反省してるので帰路につきましょう」

さわ子「まっくもう!しょうがないわねぇ、じゃちょっと待っててね、今度はいなくなるんじゃないよ!」

ゲイナー(アデット・キスラー?)



さわ子「おまたせ、ゲイナー君かえりましょ」

ゲイナー「ええ、待ってました」

さわ子「これから大変ねぇ、どうなるか分からないけど、世話だけはしてあげるわよ」

ゲイナー「感謝してます、それに僕が文無しになるは困る、お世話になります」

さわ子「あなたがこっちに来る前にいたところはどうだったの?」

ゲイナー「不自由なこともありましたけど、いろいろと楽しい生活に巻かれていましたよ」

さわ子「そうなの、こちらでもそれの代償になるものがあればいいわね」

ゲイナー「それは僕の努力次第ですね」

さわ子「まぁそういうことね、でも無理しちゃダメよ」

ゲイナー「自分なりにやってみます」



つぎのひ!

律「ゲイナー!おっす!おはようさん!」

ゲイナー「あぁ律、おはよう」

澪(もう互いに呼び捨て・・・なんというか、すごいな。)

ゲイナー「秋山澪さん、おはよう」

澪「あ、あぁゲイナー・サンガ、おはよう」(しまった!つられてしまった・・・どうしようもう戻れないかも)

律「今日も部活楽しみだなぁ~、なあ澪!」

澪「あぁそうだな、文化祭に向けてがんばろうな・・・ゲ、ゲイナーは、今日も来るんだよね?」

ゲイナー「もちろん!行かさせてもらうよ、なにより雰囲気がいいからね」

澪(相変わらず、意味分からん)

律「ゲイナーも、やっぱりそう思うかぁ、いいぞぉ軽音部」

ゲイナー「そうだね、心が躍るね」

澪(それはモンキーダンスなのだろうか?)



律「ゲイナー待ちに待った部活の時間だぞ~」

ゲイナー「しかし、どこの場所でも授業というのは長いものだね、聞いていらんないな」

律「だよなぁ~!根本は変わらんよなぁ~」

澪「ふふっ、共感できてよかったな」

唯「りっちゃん、澪ちゃん、ゲイナー君おそいよ~、早くケーキ食べたいのに~」

ゲイナー「まぁまぁ唯さん、ケーキは逃げないよ」

澪(お前がなだめるのかよ!ってツッコミたい・・・)

律「そうだぞ~唯、焦り過ぎはよくないぞ」

紬「今日はちゃんと6人分持ってきましたよ~」

澪「さすがムギ、気転がきくな」



ゲイナー「ところでそのブンカサイたるものはいつなんです?」

律「えっといつだっけ?来週くらい?」

唯「わかんな~い」

澪「5日後だ!」

唯・律「それだけしかないの!?」

澪「そうだ。だから練習するんだろ。」

紬「じゃあ、このケーキ食べたら頑張りましょう」

ゲイナー(大変そうだなぁ、僕に出来ることはなんだろうか?)



律「ふぅ一息いれるか、休憩~」

唯「お~肩が痛くなってしまったわい」

ゲイナー「提案!提案があります!僕の!!」

律「ハイ、ゲイナー・サンガ君どうぞ」

ゲイナー「僕を使ってください、なんらかで」

律「うーん、じゃあ客よせでもやってもらおうかな」

澪「なんか言い方は良くないけど、それはいいかもね」

律「2人はどう?」

紬「じゃあせっかくだからお願いしちゃおうかしら」

唯「ゲイナー君がんばってねー」

ゲイナー「よく分からないけど、がんばるよ」



ゲイナー「ところで客寄せって何するの?」

律「んあ?そうだなぁライブにたくさん人が見てくれるように宣伝してほしいんだ」

ゲイナー「それはいつやればいいんですか?」

律「まぁ本番当日だな、昼くらいからやるから、それまでに宣伝頼むよ」

ゲイナー「それくらいなら僕もできそうだ、まかせてよ」

紬「まぁ頼もしいわぁ」

さわ子「その意気やよし!」がちゃ

ゲイナー「わぁぁぁあ!変なタイミングで入ってこないでぇ~!」

さわ子「何よもう、せっかく効率のいいこと教えてあげようと思ったのに」

ゲイナー「効率?さわ子先生が?僕がそれに従うってことぉ?」

さわ子「視聴覚室ってのがあってね、そこで放送すればいいんじゃない?」

澪「ちなみに視聴覚室ってのは放送で学校中に聞こえるよう(ry」

ゲイナー「それはいいかもしれない!・・・・だが、本質ではない!僕は走ってチラシくばってやります」

唯「わざわざそっちを選ぶんだ」

ゲイナー「誠意を感じると思うから、僕はそうしま~す!」



律「今日の練習おしまい~」

紬「みんな、おつれさまぁ」

澪「よし!じゃあ帰るか、ゲイナーは学校に残るんだろ?」

ゲイナー「そうみたい。あの人うるさいから、じゃあまた明日だね」

律「そうか、じゃあまた明日な」

唯「ゲイナー君ばいば~い」

紬「ではまた明日さようなら~」



澪「律はどんどんゲイナーと仲良くなっていくな、律と喋ってるとゲイナーも楽しそうだしな」

律(楽しそう!?ある種、無機質なのに良く分かるな澪は)

律「あぁそうだなアイツいいやつって感じするから、なんかつい喋りたくなっちまうんだよな」

澪「そだね、悪い人では絶対ないよ、ただトボけてるけどな~ww」

律「ホント、すっとんきょうだよな~ww」

澪・律「あはは、ははは」



さわ子「どう?学校は、というか軽音部は慣れていけそう?」

ゲイナー「そうですね、思いのほか順調ですね」

さわ子「なら良かったわ、まぁみんないい子たちだもの、こうなると思ってたんだけどね」

ゲイナー「そう思うとシベリアに少し帰りたくもなるなあ」

さわ子「ノスタルジーなのね。無理もないでしょうけど」

ゲイナー「思い出すんですよ、あの田井中律っていう子見てると。同じクラスだった女の子を」

さわ子「あらぁ、それはうふふふ~」

ゲイナー「そうくみ取ってもらって結構なんですけどね、だからなぁ少しだけ」

さわ子「辛いことや慣れないことも出てくるでしょう、そうしたら私に言いなさないな」

ゲイナー「僕は今ゲームがしたいです」

さわ子「・・・・家に着いたらやらせてあげるわよ、それくらい」



さわ子「ところでその女の子、どういう子なの?」

ゲイナー「サラ・コダマのことですか?そうですねえ一口で言えば明るく元気な感じです」

さわ子「それだけで聞くと確かに被るわね」

ゲイナー「そんなもんなんです」

さわ子「そうよね、そんなもんよね」

ゲイナー「今日の夜ごはんはなんです?ここのごはんはシベ鉄やロンドンIMAから宛がわれたのより遥かにおいしい!」

さわ子「あなたも大変みたいね、家についたら少し贅沢させたげるわよ」

ゲイナー「それは喜ばしいことだ!」



つぎのひ!

律「ゲイナー!元気しとるか~?」

ゲイナー「どうやら僕、元気みたいだね。律が元気なのも相まってか、楽しい気分だよ」

澪「それは良かったなぁ。じゃ、今日も一日がんばろうな」

ゲイナー「言われずとも」

澪「ふふっ・・・そろそろチャイムがなるな、またあとで」

律「授業ダルいぜ~」

ゲイナー「ふあ~あ、眠い」

律「あくびか~?どうしたずっとゲームでもしてたのか?」

ゲイナー「そのとおりだよ、一度やりだすと止まらなくってさ」

律「そっか、それはなんというか大変だな・・・(マジでゲームなのかよ)」



ほうかご!

澪「さぁて終わった~部活行くか~」

律「そうだな行こうぜぇ」

ゲイナー「あぁー!待ってぇ~!!」

律「今日は一番乗りだな」

ゲイナー「じゃあしばらく待つことになるね」

唯「3人とも早いねぇ~」

律「唯はムギと一緒か」

紬「ええ、そこで唯ちゃんと会って一緒に来たの」

律「今日はさゲイナーのここに来る前の話を聞きたいんだけど、いいよな」

ゲイナー「僕ですか?僕は別にいいけど」

唯「あーそれ私も聞きたい聞きた~い」

紬「うふふ、じゃあ、お茶いれてくるわね」

澪「まったく本番まで近いというのに」

さわ子「私も興味あるし、聞く権利もあるわ」

ゲイナー「あなたは神出鬼没ですね」



ゲイナー「僕の住んでいたところはウルグスクのドームポリスに住んでいたんだそこでエクソd・・・・」

律「まったまった!どーむぽりすって何?」

ゲイナー「都市国家みたいもの。環境が最悪な人々を済ませるために造られたんだ、都市ユニットってのがあって
      それはとても大きな集合体。そこに住んでいたんだけどエクソダスをする際に崩壊してしまってね」

唯「それでエクソダスってのはなぁに?」

ゲイナー「それは、かつて人々が暮らしていた暖かい土地への移動、つまりそうだねかくかくしかじかってことで」

唯「カクカクシカジカ?」

ゲイナー「話すと長いんだ割愛するしかないんだよ」



律「そっか、ゲイナーの両親はそれで・・・なんていうか自分はそこに暮らしていなくてよかったとしか思えないな」

ゲイナー「そう思えて当然だと思う。それが健康だよ」

紬「それでゲーム強くなったのね」

唯「一か月はすごいなぁ」

ゲイナー「違うよ!僕は27日間だよ!」

唯「うっ・・・ごめんね」

澪(それは大差ないと思う)



さわ子「こんな時間ね、じゃあ今日はもうお開きにしましょうか」

律「お、おう~じゃあみんなおつかれ」

唯「ゲイナー君、今日は楽しかったよー、またヤーパンの天井の話聞かせてね」

ゲイナー「僕の話でよければ聞いてもらうよ」

紬「じゃ、出ましょうか」

ゲイナー「喋ると疲れる。でもその見返りは貰えた」

さわ子「じゃゲイナー君、今日も校門で待っててね」

ゲイナー「了解です、じゃあねみんな」

澪・律「じゃあな~ゲイナー」

紬「さようなら~」唯「ばいば~い」



つぎのひ!

ゲイナー「さて、今日も行くんだろう?音楽室ってとこ」

律「行くぜぇ~もう支度はできたか?」

ゲイナー「うんバッチリだよ」

澪「そうだ、用事が出来たんだ。ちょっと先に行ってて」

ゲイナー「分かったよ、じゃあ律さん一緒に音楽室に」

律「あ、あぁ・・・・・行こうか」

律「なぁ、ゲイナー」

ゲイナー「なにぃ?」

律「「ゲイナーは帰りたくならないのか?」

ゲイナー「帰りたくないって言ったら、それは本音ではないな」

律「そっか、早く戻れるといいな」

ゲイナー「でもこっちはこちらで楽しいって感じる。
      だからヤーパンの天井に戻ったとき同じこと考えてしまうと思う」

律「そうか・・・・・そうか!じゃ今のうちに謳歌しておけよ~」

ゲイナー「もちろん、そのつもりでいるよ」



澪「今日は本番の打ち合わせ的なものをするからゲイナーも来て」

ゲイナー「もう僕が必要だっての?じゃあ参加させてもらいます」

澪「機材は本番当日に運ぶからそれはいいとして、段取りとかの説明をします!」

さわ子(本番までにアレ間に合うわよね)

律「ふ~ん合唱部の次か」

唯「想像すると少し緊張してくるね~」

紬「うふふ、楽しみだわぁ」

唯「私が右で澪ちゃんが左ね」



とうじつ!

律「んじゃこれ体育館まで運んで」

ゲイナー「おうわぁぁぁあー!お、重いぃぃ~!!僕に持てるのかぁ~?」

律「よろしく頼むよゲイナー君!」ばしん!

ゲイナー「何もぶつことないでしょうに」

律「励ましだよ励まし、ほいじゃよろしく~」

唯「あれ?澪ちゃんは~?」

律「あぁ澪にはほかのことやってもらってるよ」

ゲイナー「今の澪さんは極限状態ですもの」

唯「アンプ重いね」

ゲイナー「そうだね、だけど弱音吐いたらいけないよ」

唯「そうだね、がんばるぞー!」



唯「はぁー、運び終わったぁ~」

ゲイナー「ムギさんはすごいなぁ汗ひとつかかないで・・・・ぼ、僕はもうクタクタだよ」

律「お疲れさん」

紬「お茶入れたわよ~」

律「さんきゅーゲイナーも今日は演奏後に出てきてもらうか」

ゲイナー「僕がですか!?でもまたなんで?」

律「そりゃあ手伝ってもらったし、いろいろやってもらってるからね」

唯「そうだねぇゲイナー君いたからはかどったよ、ありがとね」

ゲイナー「どういたしまして」

紬「じゃ澪ちゃんにも伝えておくわね」



澪「機材運ぶの終わった~?」

唯「あ、澪ちゃん」

ゲイナー「澪はこの前より落ち着いて見えるけど、何かあった?」

律「あんなにボーカルするの嫌がってたのに」

紬「お茶どうぞ」

澪「そんないつまでも動揺していられないわよ」カチャカチャ

律「めっちゃ動揺してるじゃん!そんな調子でどうするんだよ・・・」

澪「もういやだ・・・・」ずーん

澪「律!私とボーカル代わって!」

律「そしたらドラムどうするんだよ」

澪「私がやるから!」

律「んじゃベースどうすんだよ!」

澪「それも私がやるから!!」

律「おーやってもらおうか!!逆に見てみたいわ!!」

ゲイナー(たぶん、なんとかなるねこれは)



さわ子「みんないるわね」

唯「先生どうしたの?」

さわ子「軽音部の顧問だし、何か手伝うことはないかと思って」

さわ子「衣装作ってきましたー!!」

律(ノリノリだ!)

律「いや・・・先生、気持はありがたいんだけど・・・ちょっとタイミングが悪かったかな・・・」

澪「あんな服着て歌うの?」

ゲイナー「お、大人のやることですか!!」

さわ子「大人だからやるんだろ!!」



そして本番

澪(うぅもうだめだ緊張する・・・)

ゲイナー「澪、僕は君が努力していたのを見ていたよ、だからそれのようにやればいいと思う。詳しいことよく知らないけど」

ゲイナー「大丈夫だよ、応援しかできないけど、がんばって」

君を見てるといつもハートDOKI☆DOKI



澪「みんなーありがとう!」

澪「今回、私たちに協力してくれたゲイナー・サンガ君です。拍手お願いします」

わぁーーーー!!

律「ふぅ、終わったなぁこれで有終の美を飾れたってわけだ」

唯「あれ?ゲイナー君は?」

紬「そういえばいませんねぇ」

律「なにしてんだアイツ、まだ舞台の上にいるぞ」



ゲイナー「そうだ! どうせ聞こえるなら、聞かせてやるさ!」

教師1「ほう?なにかやるようですね・・・んのぐおおおおおおおお!?」
ゲイナー「律! 好きだァー!律!愛しているんだ!律ゥー!」

教師「んぐぁあああ!?」

さわ子「なによ?」

ゲイナー「文化祭が始まる前から好きだったんだ!好きなんてもんじゃない! 律の事はもっと知りたいんだ!律の事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい! 」

教師「んなんですくゎこの小僧は!?」

ゲイナー「律を抱き締めたいんだァ! 潰しちゃうくらい抱き締めたーい! ・・・心の声は心の叫びでかき消してやる!律ッ! 好きだぁあああ!りつぅーーーっ! 愛しているんだよ!」

ゲイナー「ぼくのこの心の内の叫びをきいてくれ!!律さん!クラスが同じになってから、律を知ってから、僕は君の虜になってしまったんだ! 愛してるってこと!」
クラスメイト「転校生のバカだよこの声は」
ゲイナー「好きだってこと!ぼくに振り向いて!」

おじさん「若けぇのが愛の告白しとんのか?」
ゲイナー「律が僕に振り向いてくれれば」
おばさん「あたしもこう言ってくれてればねえ」
ゲイナー「ぼくはこんなに苦しまなくってすむんです」

おっさん「学校中の人間に言ったってなあ」
ゲイナー「優しい君なら、ぼくの心の内を知ってくれて」
おばさん2「いいじゃないですかお金がかかるわけじゃないし」
ゲイナー「ぼくに応えてくれるでしょう」



ゲイナー「ぼくは君をぼくのものにしたいんだ!」
ゲイナー「その美しい心と美しいすべてを!」

ゲイナー「誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!」

さわ子「奪ってみせるとはよくも言ったな」
ゲイナー「恋敵がいるなら、今すぐ出てこい!」
律「バカ~っ!あのバカ~~」
ゲイナー「相手になってやる!」

律「何てこと怒鳴ってるんだぁ~!!」
ゲイナー「でも律さんがぼくの愛に応えてくれれば戦いません。ぼくは律を抱きしめるだけです!」

男の子「あれが律だろ」
女の子「幸せになって~」
ゲイナー「君の心の奥底にまでキスをします!」

観衆男「いっぱいキスしてもらえよ~」
ゲイナー「力一杯のキスをどこにも」
観衆女「あんたもちゃんとやんだよ~」
ゲイナー「ここにもしてみせます!キスだけじゃない!」

教師「んえええーーーい!!青春だからって大概にしなさい!!」

ゲイナー「心から君に尽くします!それが僕の喜びなんだから」

教師「そうか、このマイクをオフにすればいいんだ」

ゲイナー「喜びを分かち合えるのなら、もっと深いキスをー!!」



ゲイナー「愛と勇気は言葉!!それがわかればオーバーヒートだ!!!」

こうして新たなヒーロー(?)が誕生したと同時に文化祭は幕をとじました

紬「あらまぁ。」

律「・・・・何コレ?」

澪「・・・ぷっ、はっはっはっはゲイナーはっはっはー!!」

唯「お~ゲイナー君やるときゃやる男の子だねぇ」

さわ子「これは、予想以上ね」



澪(ナレーションがいないので代わりにこの後の話を少し
結論から言うとこの大告白から二人の仲はかなり親密になった
付き合ってるとかそういことじゃない、互いがより求めるようになった。
そしてこの大告白をぶちかまし、見事ゲイナーは学校中のヒーローみたいなものになった
どこか高校で生徒会長選挙で似たようなことをし失敗に終わったらしい、聞けば声も似ていてメガネだとか
ゲイナーを見習えばもしかしたら成功していたかもしれない。
この後ゲイナーは呼び出された、そして怒られ少し褒められたそうだ
音楽室に戻ってきたゲイナーはキョトンとしていていつものようだった
律は顔真っ赤にし『めぇーでしょー!』とワケがわからなくなっていた
それでも私と唯とムギと先生は笑顔でいられた。そして二人は、いやゲイナーは特にうれしそうに見えた
そうしてる間に12月になってしまった

                          おわり

出典
キョン「よう」こなた「やほー、キョン」澪「おはよう、キョン」Part2
※ニュー速VIPより
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。