恋と友情(律side)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

408 俺律 -律side-(1/2) [sage] Date:2009/06/14(日) 01:30:47 ID:7E221XLh Be:

頭がボーっとする。
学園祭の前に風邪を引くなんて、私らしくない失態だ。
ただ寝てるだけの時間は退屈だけど、熱のせいで何も考えられない。

…いや、何も考えたくない、が正しいか。

階段を上がってくる足音が聞こえる。
この足音は澪…じゃない。
私が足音で判別できる、もう一人の人間。

コンコン
俺「律、入るぞ。」
律「あんたかよ。何しに来たの?」

小学生の頃からの幼馴染で、中学の時のバンドメンバー。
私の数少ない”男友達”の一人だ。

俺「病人の部屋にギターの練習しに来るヤツはいねえよ。ほら、ポカリ飲め。」
律「…ありがと。」

このタイミングでコイツがお見舞いに来るなんて。
こんなドロドロした気持ちになってる私を、コイツには見られたくない。

俺「で、どうしたんだ?」
律「ん…何が?」
俺「澪と何かあったんだろ?」
律「な、何でわかるんだよ!?」

…何でコイツはこういうところだけ鋭いんだ。
他の事はてんで鈍感なバカの癖に。

俺「で、何があったんだよ。」
律「澪が、クラスの女子と仲良くしてるのが気に入らなくてさ、
  ちょっかいをかけても、いつもみたいなノリで返してくれなくなって、
  なんか私だけが空回りしてて、バカみたいでさ…。」
俺「全く、何やってんだよ高校生にもなって…」

律「私だってそんなこと分かってるよ!!」

思わず叫んでしまう。やっぱ私、最低だ。
何でこんなに素直になれないんだろう。コイツにも、澪にも。

俺「あー、悪かった。でもさ、ホントは嬉しいんだろ?」
律「…何が。」
俺「澪に新しい友達が出来たことだよ。それに…」
律「…それに?」
俺「それでも、澪にとって一番大切な友達が律であることは変わらない。
  それを一番分かってるのは、お前なんじゃないのか?」


411 俺律 -律side-(2/2) [sage] Date:2009/06/14(日) 01:32:47 ID:7E221XLh Be:

…何で、何で全部分かってくれるんだよ。
コイツも澪も、素直になれないはずの私を、素直にしてくれる。
コイツの穏やかな声の前じゃ、嘘もつけない。強がりも言えない。

…ダメだ、顔を見たときから、ずっと我慢してたのに。
自然と、涙が、零れてくる。

律「………そう…だよな。…それ、なのに、私、
  澪に、ひどいこと…言っちゃって…っ」
俺「泣くなよ。澪だったら絶対分かってくれるから。」
律「…っ、ごめん…」
俺「ほら、鼻かめよ。澪はまだ来てないんだろ?
  澪が来るまでに泣き止んどかないと、また心配させちまうぞ?」
律「うん……ありがとう。もう大丈夫。」
俺「そっか、よかった。でも、さっきノックしたのが俺じゃなくて
  澪だったら、今頃澪の前で泣き喚いてたかもな(笑)」
律「ふふっ、それはないって分かってたよ。澪だったら足音で分かるもん。」

本当は、あんたの足音も分かるんだけどね。
悔しいから、絶対に言ってやらない。

俺「…そっか。そうだったな。」
律「…話聞いてくれてありがと。助かったよ。」
俺「いいっていいって。それより早く風邪治して、澪とちゃんと仲直りして、
  学園祭の練習、頑張れよ。」
律「うん、あんたもね。今年もあんたの高校と同じ日になっちゃったんだよな。」
俺「そうだな。俺のギターを聞かせられなくて残念だよ」
律「それは私のセリフだよ。私のドラム、あの頃より断然上手くなってるんだからな。」
俺「ほー、それはそれは、聞ける日が楽しみだな。」
律「約束、忘れてないだろうな?私たちとあんたのバンドは…」
俺「いつかフジロックで対バンする、だろ?」
律「ちゃんと分かってんじゃん。私たちの前で変な演奏するなよ」
俺「言ってろ。…じゃ、そろそろ帰るな。お大事に。」
律「うん、ありがと。」

…本当は、もう少しそばにいて欲しい。その一言がどうしても言えない。
澪になら………”友達”になら、言えるんだけどな。

また、一人になった部屋。何の声も音もしない、しーんとした部屋。
ボーっとしてると、アイツの優しさを思い出して、また涙が止まらなくなった。
アイツが持ってきてくれたポカリで、水分補給しなきゃ。


いつかのフジロックの時までには、私の気持ちに気付いてくれるかな。




出典
【けいおん!】田井中律は病ンデレ可愛い22【ドラム】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。