SS > 短編-けいおん!メンバー > オールキャラ > きっと忘れない


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆きっと忘れない◆

ガチャ!

律「おっす!」

・・・

唯「ここのコードは・・・あ、りっちゃん!」
律「お、おう」
梓「律先輩!あ・・・弦そろそろ変えたほうがいいかなぁ」
律「メンテナンスか、梓」

・・・

律「ムギ?」
紬「ひゃっ!あ、ご、ごめんなさい・・・りっちゃん」
律「どうしたんだ?みんな、黙りこくっちゃって・・・」
紬「さ、さあ・・・?」

澪「よし、律も来た所で練習はじめるか」
律「そ、そうだな・・・」

律(なんだろう、この胸のモヤモヤする感じ・・・)

〜♪

律「いやあ、久々に合わせると気持ちいいなぁ〜」

・・・

律「おい、みんな・・・」
唯「お腹空いたー!ムギちゃん、そろそろお茶にしようよ〜」
紬「それが、今日はティーセット忘れてきちゃ・・・」
律「え?」
唯「えー!なんでー!?なんで忘れちゃうのさー!?」
律「おいおい、小学生じゃないだから・・・」
唯「いつも、それが楽しみで部活に来てるのに〜。ぶーぶー」
紬「・・・ぐすん。ごめんね、唯ちゃん・・・みんな・・・ぐすっ」
律「ちょ、む、ムギ・・・?」

律「おい、唯!お前そんな言い方することな・・・」
梓「そうですよ、唯先輩。最近ダラけすぎです!」
唯「あずにゃんだって、みんなと一緒にケーキ食べてたじゃん!」
梓「そ、それは・・・そうですけど。私はちゃんと練習・・・」
紬「やめて・・・二人とも。喧嘩しないで・・・」

澪「なあ?喧嘩する位なら出て行ってくれないか?」
律「おいおい、澪・・・」
澪「こっちは暑い中わざわざ来てるってのに・・・こんなんじゃ練習も出来やしないよ」
唯「なにー?澪ちゃん、それちょっと酷いよー。全部私が悪いみたいじゃなーい」
梓「ホントですよ!ちょっと位ガマンしましょうよ」
紬「違うの・・・全部、私が悪かったの・・・ぐすっ」
唯「ちょっと、あずにゃんまで澪ちゃんの味方するのー?」

バンッ!

律「おい!!何なんだよ、さっきからさぁ!!」

律「ああでも無いこうでも無いって!」

律「子供みたいにグダグダ文句ばっかり言ってんじゃねえよぉ!!!」

澪「今日はやめよう。こんな調子で練習してちゃ意味ないよ・・・」
梓「それもそうですね。私も帰ってムッタンのメンテしなくちゃ」
律「え、おい!お前ら!ちょっと・・・」

唯「な〜んか、調子狂っちゃった・・・」
紬「・・・ぐすん」

律「待てってば!おい!わ、私が悪かったって・・・」

律「なんだってんだよ!・・・なんで・・・なんで・・・」

ドサッ・・・

律「・・・えぐっ・・・ひぐっ、ひっ・・・」



唯「あ、あ、あ、あ、あ〜緊張したあああああああ」
澪「ははは!唯、汗びっしょりだなぁ」
紬「これで一先ずはオッケーって所かしら♪」
梓「律先輩・・・本気で泣いちゃってるような・・・」

澪「今回はさわ子先生にも協力してもらってるんだ」
紬「うふっ、そうと決まれば安心ね」

唯「でも・・・ドッキリとは言っても、さっきはヒドい事言っちゃってゴメンね」
梓「なんだか、私も心が痛いです・・・」
紬「ううん、気にしないで」
澪「上手く演技出来てたと思うぞ、唯も梓も」
梓「そ、そですか・・・ははは・・・」

紬「それじゃ、私の家に案内するわ」


――――

律「うぐっ、み・・・んな・・・ぐすっ・・・」

・・・ガチャ!

さ「りっちゃん!いるの!?」
律「さわ・・・ちゃん・・・?」
さ「なに泣いてるのよ!」
律「だって・・・ぐすっ・・・だってさ・・・」
さ「いい?りっちゃん、落ち着いて聞くのよ?」


さ『澪ちゃんたち4人が何物かにさらわれて、行方がわからないみたいなの。
  どうやら黒い車に乗せられていたらしいけど・・・まだ、そんなに近くには行っていないはずよ』


律(くそ・・・なんで・・・!なんでこんな時に・・・!)

律(唯・・・ムギ・・・梓・・・澪・・・!)

律(頼む・・・無事でいてくれっ・・・!)

律「はあっ・・・はぁ・・・」


梓「澪先輩ですか?今、律先輩が3丁目の十字路を右に曲がったみたいです!」
澪「わかった!よし、そろそろ門の近くで準備だ!行くぞ、唯!」
唯「了解であります!澪ちゃん隊長!」

律「はあはあ・・・うわっ!」

・・・バタッ

律「いててて・・・」

律「くそぉ・・・待ってろよ、みんな・・」

律「!?」

?「よし、捕まえたぞ!」
律「うわっ!なにすんだ!放せ!放せー!」
?「大人しくしてろ!この!」
律「やめろ!こんのやろおおおおおおおお!!!!!」


梓「律先輩、もの凄い暴れようですね・・・」
紬「気が立ってるのかしら・・・(笑)」

紬「あ、そろそろ玄関でお出迎えしてあげましょ♪」


?「せーの!」
律「うわあああああああ!!!!」

・・・ドサッ!

律「ててて、何しやが・・・」


パーン!パパーン!パパーン!パーン!


紬「お誕生日おめでとう!りっちゃん!」
律「え・・・?」
梓「律先輩、おめでとうございます!」
律「ムギ?あ、梓?」

?「フフフフフ・・・」
律「あ!お、お前ら!」

バサッ!

唯「いえーい!ぱっぴばーすでー!りっちゃん♪」
律「え・・・み、みんな!」

・・・

澪「どうだ?律、驚いたか?」
律「当たり前だ!だって、みんなが・・・ぐす・・・ひぐっ」

澪「ははは、脅かして悪かったな」

唯「あの・・・ゴメンね、りっちゃん。
  こういう事はダメだって思ってたんだけど・・・
  さっきはワガママ言っちゃって、ごめん。
  あの、りっちゃん・・・お誕生日おめでとう!
  喜んでくれたかなぁ・・・?」

梓「なんか照れくさいですけど・・・
  いつも私たちを引っ張ってくれてる律先輩に
  せめてお礼が出来たらなと思って・・・えへへ」

紬「ケーキたくさん用意したわよ、りっちゃん♪」

澪「みんな、律の事こんなに想ってくれてるんだぞ?
  自慢の親友だよ・・・ホント」

律「ぐずっ・・・ぐずっ・・・」



一同「ぱっぴばーすでー♪でぃありっちゃーん♪
   はっぴばーすでー♪とぅーゆー♪」

律&唯「ふう〜!」

律「・・・って、なんでお前も消すんだよー!」
唯「えへへぇ〜」
澪「はははははっ!」
梓「クスクス」
紬「うふふふっ」



さ「さあ、みんな!乾杯して今日は一日大いに盛り上がるわよぉ!」

紬「あらっ」
唯「さわちゃん先生」
澪「いつの間に・・・」
梓「いたんですか?」

律「一難去って、また一難も去って、もう一難がやってきちゃった・・・」



─────今日という日を祝うよ Happy Birthday to you


出展
【けいおん!】田井中律は73可愛い【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。