SS > 短編-けいおん!メンバー > > ランクイン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

560 名前:ss「ランクイン」:2009/08/28(金) 20:45:46 ID:XZ2Q899G
「もしもーし…」
私が電話で声を発する前に臆病な声が耳に入る。
「はいはい、何さ 澪?」
「見てた?」
何が、と茶化したかったけど止めた。
「うん、見てたよ。スマップ流石だなー」
ありゃ、結果的に茶化してるじゃん。何してんの私。
「いや、そうじゃなくてだな…」
「分かってるって。その下だろ?」
「"下"とか言うなよ。律達が獲得したランクなのにさ」
呆れた溜息が聞こえる。私もそれに合わせて空笑いする。
「いやー、流石に氷川きよしやAKBの壁はでっかいよなー。梓でも無理なんだしな」
「で、でもだな。放送終わってるのにその順位ってのは…やっぱ凄いよ」
「そうかー?澪や唯なら普通に放送後でもあの順位だと思うよ」
「そ、そんな事ないって!私なんか特に衝動的なもんだって」
少し、静寂になった。
何故かタイミングよく(悪く)、夜道を車すら走ってくれない。
虚しいじゃないか。
何を言おうかな、と考えてたら澪の声が耳に入った。
「――悔しい?」
何を聞くか。
「当然だろ。一生懸命歌ったんだからな」
思わず拳に力が入る。抱いた枕もぎゅっとウエストが引き締まる。
「私は、律のもムギのも梓のも  1位だよ。タイで。」
「そこは幼馴染の私のが半馬身差で勝利とかさー」
「今は同じ軽音部だろ。えこ贔屓は無しだ」
ふん、と腕を組む澪が想像出来る。
「そうかい。 ありがと」
「ま、明日はパーティーだな。今回のホストは私と唯だ」
「へっ。あ、いやいいよ別に!」
「『お祭りごとってのは事あるごとにやらないと損なんだぞ?』」
………なんで覚えてるのさ。
「律の言葉はたまぁに重みがあるんだよ。ちゃんと覚えとかないとな」
「たまにですか。  それじゃ、明日は楽しみにしてるよ」
「ああ。―と言っても、そんな派手なのは無理だけどな」
「花火打ち上げる感じのは?」
「無理だって」
「分かってるよ。 じゃ、また明日」
「正直、律は泣いてるかと思った」
「そんなワケないだろー。切るぞっ」
そこで電話を切った。
澪と、一緒が良かったな。やっぱし。
くしゃくしゃに包んだティッシュは、放物線を描いてゴミ箱にインした。


出展
【けいおん!】田井中律の可愛さ果てし79【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。