監督「4、3…」唯「とりあえず軽音部って所に入ってみました!」 第5章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

唯「今日から新しい子が来るね」

律「中里梓だべ?」

紬「中野梓…」

澪「なんでもおじいちゃんが有名なギタリストらしいわ。本人も今ロックバンドを組んでいるんだって」

律「へー。芝居できるんけ?」

澪「さぁ?会ってみないことには」

AD「中野さん入られましたー」

ガチャ

梓「ウィッシュ」

唯律紬澪「!」

唯「ウィ…何?」

梓「どうもぉ、自分中野梓っす」

澪「何よこいつ…」

紬「絡みづらそう…」

澪「お前が言うなよ」

律「ウィッシュ!」

梓「うまいっすねぇ。マジ飲み込み早いっす」

律「そ、そうけ?照れるだな」

監督「おい、誰だあいつ」

AD「中野梓さんですが…」

監督「中野?オファーを出したのはポップミュージシャンの中里梓だぞ?」

AD「そうなんですか!?すみません字を見間違えました」

唯「えーと、中野さんのおじいちゃんはすごい人なんだよね?」

梓「おじいちゃんすか?マジヤバいっすね」

澪「どうヤバいの?」

梓「なんつーか、自分もよくわからないすけど、とにかくすごいんすよ」

律「中野さん、芝居はやったことあるのけ?」

梓「ないっすねぇ。まぁ自分結構なんでもソツなくこなすタイプなんで」

唯「そうなんだすごいね!」

澪(あの温厚な唯が若干イラッとしてる…)

梓「マジなんなんすかここ。何が始まるんすか」

唯「ドラマの撮影だよ。お話来てたでしょ?」

梓「マジすか、ドマラだったんすか。パネェっす」

唯「もっとこう、ちゃんとしたしゃべり方できないかなぁ?」

梓「自分の中ではこれが外行きのしゃべり方っすね」

唯「」

澪(唯、落ち着くんだ…)

監督「とにかく今回は仕方ない。中野梓さんで行こう」

AD「わ、わかりました…」

AD(なんでこんなことに…)

監督「な、中野さんとりあえず演技を見せてもらえるかね」

梓「マジすか。何すればいいすか」

監督「じゃあこの、こんなんじゃダメですー、で」

梓「マジすか。んん!」

梓「こんなんじゃダメですー!」ジタバタ

梓「どうすか」

澪「普通に…」

唯「うまい…」

梓「マジ恐縮なんすけど」

唯「その喋りがなければいい子なのに…」

梓「つーか、自分が一番ビックリすね。まさかこんなにうまいとは」

唯「前言撤回…」

監督「よ、よし!行けるぞ」

監督「とにかく撮影開始だ!梓が初めて音楽室に訪れるシーンから!」

監督「5秒前、4、3…」

梓「担当はギターを少し…」

律「お、唯と同じだな」

梓「お願いします唯先輩」ペコリ

唯「唯先輩!?唯先輩…唯先輩~!」

監督「カーット!オッケー!」

梓「平沢さんパネェっす。演技マジ最高じゃないっすか」

唯「ぁ、ありがと…ねぇ、もう少しお芝居の時みたいな喋り方出来ないかな?」

梓「いやー自分マジ仕事とプライベート分けちゃうタイプなんでぇ」

唯「そう…」

唯(役の中野梓は天使みたいな子なのに…どうしてこんなことに…)

監督「5秒前、4、3…」

唯「とりあえず、何か弾いてみせて」

梓「初心者なので下手ですけど…」

唯「大丈夫!私が教えてあげるから」

澪「早くも先輩風吹かせてるな」

梓「さすが平沢さん、マジリスペクトっす」

梓「あ、いけね」

唯澪紬律「…」

監督「カット…頭痛くなってきた…」

監督「アクション!」

梓「」ジャガジャガジャーン

唯「う、うまい!私より断然」

監督「カーット!オッケー!」

唯「中野さん、やっぱりギターの腕前すごいね。私達とは比べ物にならないよ」

梓「まぁ、このギター一本で飯食ってるすから」

唯「これ一本で飯を食う…か。単純な言葉だけど私や中野さんにとって、これほど幸せなことってないよね」

梓「マジ平沢さんの今の言葉、胸に突き刺さりました。自分と平沢さんってどこか似てるっすねぇ」

唯「いや、似てない。断じて」

監督「5秒前、4、3…」

律「にゃあって言ってみて、にゃあって!」

梓「にゃ、にゃあ…」

唯紬律さわ子「ああ~!」

監督「カーット!オッケー!」

梓「平沢さん、芝居って結構楽勝っすね」

唯「…」

AD「梓が一人でライブハウスに訪れるシーンいきまーす」

監督「5秒前、4、3…」

梓「どうしてだろう…どのバンドもうちの軽音部よりうまいのに…」

梓「どうして…」ウルッ

監督「カーット。うーん…」

監督「まあ、いいだろ。次は音楽室で梓を迎えるシーンだ」

梓「楽勝楽勝」

監督「5秒前、4、3…」

唯「最近あずにゃん来ないね」

澪「もう来ないかもな」

ガチャ

梓「…」

律「あ、梓!なんで最近来なかったんだよぉ。もしかして辞めたいのか?」

梓「…」

唯「それだけは勘弁してくだせぇ!」

梓「わからなくなって…」

梓「どうして軽音部に入ろうと思ったのか…どうして新歓ライブにあんなに感動したのか…」ポロポロ

唯「あずにゃん…」

唯「…」

唯「すいません、もう一度お願いします」

監督「カーット。どうした?」

梓「グスッ、どうしたんすか。らしくないっすね」

唯「うん、ごめんね…とりあえずもう一回お願い」

梓「ウィッシュ」

監督「本番5秒前、4、3…」

梓「どうして軽音部に入ろうと思ったのか…どうして新歓ライブにあんなに感動したのか…」ポロポロ

唯「…」

唯「すいません、もう一度」

監督「カーット。おいおい頼むぞ」

梓「グスッ、またすか。マジどうしたんすか」

唯「ごめんね…中野さんの演技すごく上手いんだけど…」

唯「何故か感動できないんだよ」

梓「はい?」

梓「どういうことすか。演技がうまけりゃ感動するもんでしょ」

唯「それは違うよ、中野さん」

唯「下手な演技でも人を感動させることはできる。上手い演技より感動させる演技の方が難しいんだよ」

梓「自分のどこが人を感動させられないっていうんすか」

唯「あなたは本気で演技に取り組んでない。楽勝と言って演技をバカにすらしてる」

梓「…」

唯「あなたもアーティストなんだからわかるよね?そんな適当な気持ちでお客さんの前で演奏して感動させることができる?」

唯「そんな適当な気持ちで、あなたを見にきたお客さんの前に立てる?」

梓「それは…」

唯「私達は演技も演奏も本気で取り組んでるよ。ね、みんな」

紬「ん…」コクッ

律「当たり前だべ」

紬「中野さんに私達の演奏を聞かせればいいと思う…」

唯「そうだね!監督、先に演奏の撮影をお願いします!」

監督「いいだろう。みんな、準備だ」

澪「まったく、面倒くさいわね」

律「わだす達の本気を見せるチャンスだべ。文句言うでねぇ」

梓「みなさん…」

澪「私は別に…」

律「監督に演奏させてくれって泣いたくせにか?」

澪「うるっさい!」

唯「私達と中野さんは土俵は違えど、人の前で自分を表現して、感動を与えるということに関しては同じだよ」

監督「アクション!」

♪~

監督「カーット!オッケー!」

梓「…」

唯「ふぅ…中野さん、私達の演奏どうだった?下手くそかもしれないけど少しでも中野さんの心に届いてたら嬉しいな」

梓「素晴らしいです…平沢さんの言葉胸に突き刺さりました。監督、もう一度入室シーンからお願いします」ペコリ

唯「中野さん…喋り方もなおしてくれるんだね…!」

梓「いや、それはマジありえないっすね」

唯「…」

梓「姐さん、一緒にご飯どうすか」

唯「あ、うん」

梓「姐さん、休憩中なんで姐さんのありがたいお言葉聞きたいっす」

唯「う、うん」

梓「姐さん、これ私のCDっす。聴いてください」

唯「ごめん、私あまりこういうの聴かないから…」

梓「遠慮しなくて結構っす。さぁ」

唯「あ、うん…」

律「あれ以来唯の奴、中野さんになつかれてんなぁ」

澪「うろちょろとゴキブリみたい…」

AD「今日の撮影は終了でーす」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。