SS > 短編-けいおん!メンバー > オールキャラ > 半濁音の病気


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

発端=ニュータイプ新作絵 }
345 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/07(木) 00:41:45 ID:18nNG2zc }
でもりっちゃんベストパーカニスト }

346 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/07(木) 00:43:05 ID:6SmFK/UG }
よし俺もパーカー買ってこよう }

349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/07(木) 00:50:06 ID:VcLju5yR }
律「ぱーか!ぱーか!」 }

350 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/07(木) 00:52:15 ID:QFDL9dq9 }
唯「りっちゃんが半濁音しか発音できない病気にかかっちゃったよ!」 }

352 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/07(木) 00:53:55 ID:6SmFK/UG }
律「ト゜ラム最高!」 }


唯「りっちゃんが半濁音しか発音できない病気にかかっちゃったよ!」
澪「な、なんだって!それは日常的に不便じゃないかっ!」
紬「ああ、澪ちゃん!そんなに濁音のある単語ばっかり使ったらりっちゃんが可哀想よ!」
唯「聡くんがそれ聞いて爆笑したんだって!結構ショックだったみたいだから!」
澪「ああ」紬「わかったわ」
唯「あ、りっちゃんが来るよ。みんな気をつけて」

律「やっほーみんなー。先生に居残りさせられてさー」
唯「遅いよりっちゃーん。もーダm…いけない子っ♪」
澪「ほら、もうお菓子あるからな。早く食って練習d…しないと!」
紬「今お茶入れるわねー」
律「お、さんきゅー。んー♪今日のお菓子美味しいなー」
唯澪紬(……あれ?)
澪「ほ、ほら律。これやるよ、苺」
唯(澪ちゃん!)
律「お、ありがとー。うん、美味しい美味しい♪」
紬(…もしや…)
紬「今日はダージリンにしてみたの。どう、りっちゃん」
唯(ムギちゃんも!?)
律「お、そうなのか?いやー、いつもとち…いつもより変わったお茶とは思ったよ」
唯澪紬(……笑われないように無理…してる…!!)
梓「ふぅー、遅くなってすいません。掃除があったんで」
律「遅刻すんなよー"あちゅさ"(梓)!」
唯澪紬「ブフッ!!」
律「! ………うわぁぁぁああ!」ダッ
梓「………はい?」



唯「りっちゃん… あちゅ…ふふっ」
澪「だ、ダメだろ唯…笑っくくく…」
紬「そ、そうよ……ぷ…」
梓「……律先輩泣いてましたけど何かあったんですか」
唯「…あずにゃんの名前のせいで…りっちゃんは泣いたんだよ」
梓「…はい?」
唯「"はい?"じゃない。あずにゃんが泣かしたのは事実…追いかけないとっ」
梓「いや、現状がよく…」
紬「りっちゃんは屋上にいるわ」
澪「レーダー!?いつの間に」
唯「こうしちゃいられないぜ、あずにゃん!」
梓「…えと、要は連れ戻せ、と」
紬「これ、付けていって。耳に入れると送受信の出来るスグレモノよ」
澪「……どこの海外ドラマだ」
唯「ほら。あずにゃん、行かないとっ」
梓「え、あ、はい…送受信出来るなら、少しは手助けしてくださいよ?」
唯「あたぼうよっ!ほら、レッツゴー!」
梓「ちょ、押さなバタンッ!!

紬「はい。これ唯ちゃんと澪ちゃんの分♪」
唯「……で、一番笑った人は?」
澪「………一番笑わなかった人に1日従う…ってのは?」
紬「オッケー♪んじゃ屋上のカメラ映しましょうか」
澪「……学校で何も出来ないという事を今日理解したよ」

キィィィィ....
梓「りつ…先輩?」
律「……なんだ…あちゅ…あちゅさか」


唯澪「ブッ!!」
紬「2人ともアウトー」
唯「だ、だって……言い直し…ふふっ…」

梓「泣いてるじゃないですか。ほら、ハンカチ」
律「…さんきゅ」
梓「…唯先輩は私のせいで泣いてるって言ってましたけど、何があったんですか」
律「……いや、何も無いよ。お前の名前は悪くない」
梓「…そう、ですか…」


唯「必死に敬遠して喋ってるね、りっちゃん」
澪「こういうのはあいつ、機転利くから…」
唯「『あずにゃん!そっと肩抱いて!』

梓(え、ええええっ ……こ、こーかな…)ギュッ
律「!? な、何すんちゃあちゅさ!」(何すんだ梓)


唯澪紬「ブフッ!!」
澪「ぜ、全員か…」
紬「方言みたいになっちゃった…」

梓(え、えと…何か言わないと)
梓「律先輩、後輩の私に甘えるのも大事だと思いますよ」


紬「――――」
澪「?なんか笑いとは違う反応が…」

律「う、うるさいなっ。いーの、私は甘えない人なんちゃ!」(なんだ)


唯「あはははははっ」
澪「ここに来て一番の大笑い…」

梓「…なんちゃ、とか何ですか、それ」
律「っ! 何もない!空耳ちゃっ!」(空耳だっ)


唯「あははっ…ははっ…ひぃひぃ…」
紬「はい、お水」

梓「!! 空耳なんかじゃないです!…もしかしてそれ原因ですか!」
律「ち、ちきゃうって!(違うって) あちゅさ(梓)には関係ない!」


唯「ごぶふっ!!」
澪「…律の椅子がびっちゃびちゃだ」

梓「いいえ嘘ですね!唯先輩は言ってました。"あずにゃんの名前が原因だ"って!」
梓「何があったのか知りませんが、妙に回ってないろれつが原因なんですね!」
律「ち、ちきゃ…」
梓「…………何でですか」
律「ふぇ?」
梓「…何で、私にそこまで否定するんですか。嫌いですか。私が嫌ですか」
律「え、い、いや…」
梓「私に心配かけたくないとか、そういうのですか」
律「…そーしぃぉ(そーじゃ)」
梓「そーじゃない、じゃないですっ!そんなのお節介です!律先輩じゃないです!」
律「……」
梓「心配してくれるのは嬉しいです!でも、私ばっかで律先輩の悩みとか聞いた事ないですっ」
律「…ほら、暑くてやりたくなーいとか…」
梓「それは悩みじゃないです!愚痴ですっ!…私じゃ頼りにならないんですか…」
律「……あちゅ…」


唯「ふふっ」
澪「…不謹慎」
唯「…だってぇ」

梓「…そりゃあ頼りになんないかもですけど…頼りにして欲しいです…」
律「…ごめんな、梓…」


澪「ん?」
紬「あら」
唯「…あれ?『あずにゃん、もっかいりっちゃんの名前呼んで!』」

梓(………?)
梓「律…先輩…」
律「…梓…」


澪「…治った…」
紬「みたいね」
唯「なーんだつまんないのー」
澪「おいっ」

律「ごめんな、梓…」
梓「…いえ、私こそ…唯一の後輩がこんな弱音吐いたらダメですよね」
律「そんな事はないさ。唯一の後輩なんだから弱音吐いてもしっかり面倒見てやるさ」
梓「…律先輩こそ、私に言われる前に練習してくださいよ?」
律「何おう、こいつぅー!」
梓「えっ、ちょ、あ、あはははははははははっ!!」
律「喰らえーこちょこちょこちょー!」
梓「や、やめてくだっ…あははははっ!!」


澪「ま、律も治ったし一段落だな」
紬「そうね。んじゃ、改めてお茶の用意しましょう」


律「……でだ。3人とも」
唯澪紬「…はい」
律「梓の耳に何か入ってたのは分かってた。音漏れもしていた」
唯「ムギちゃん…っ」
紬「まだ開発中だったから…」
律「そこ喋らないっ」
唯紬「は、はいっ」
律「結果的に治してくれたのは感謝しよう。だが、笑い過ぎだ」
唯「だ、だってぇ……」
律「だっても何もないっ!そりゃあ私が悪いさ。不思議な病だったさ!」
澪「…自覚してるなら終わっていい話じゃんか」
律「澪のライブの写真を紙飛行機にしてグランドに飛ばそうか?」
澪「…ごめんなさい」
律「こほん。で、だ。それでも梓をけしかけて…何、笑っちゃいけない24時でもやりたかったのか?」
唯「くっ、くく……」
律「ゆーいー?」
唯「ご、ごめんなさい!これは、思い出し笑いで…」
律「今後、面白半分で人を!特に梓を使わないように!いいかっ!?」
唯澪紬「…はい」
律「よし!んじゃ、お茶にするちょー(するぞー)」
唯澪紬「ブハッ!」
律「って、おいっ!!」

出展
【けいおん!】田井中律は振袖可愛い117【Dr.】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • 最後の最後でふいてしまったww -- (名無しさん) 2010-10-12 21:12:13
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。