SS > 短編-けいおん!メンバー > オールキャラ > タダノヒミツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どうも、ユウスケです。
少しシリアス気味に行こうと思います。
では、スタートです。



放課後の音楽室で、事件は起こった。


澪「律!お前、何やってるんだよ!」


律「ごめん、魔がさしてさ…」


紬「ど、どうしましょう…?」


律「…」


澪「何とか言ったらどうだ!」


律「…秘密にしておくつもりだった。」


律はやっと口を開いた。


紬「そうね、このことがバレたら…」


周りは、静かだった。
そこには、彼女たちの声しかない。




律「…ごめん、みんな!このことは黙っておいてくれ!」


紬「ええ、でも…」


律「わかってる!取り返しのつかないことをしてしまったってことは!
  すごく反省してる!だから…このことは誰にも…」ポロポロ


とうとう律は泣きだしてしまった。




澪「…わかった。この3人だけの秘密だ。」


紬「そうね。内緒にしておきましょう。」


律「ありがとう、みんな…」


そう言うと、一人の少女はようやく笑顔を見せた。

雨上がりの晴れた空のような笑顔を…

















澪「…律が唯の分のケーキまで食べたことは、黙っておく。」



ガラガラ

唯「やっほー、みんな!」

律澪紬「!!!」


こんなオチで申し訳ないです!

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • アドバイス、どうもです。これから気をつけます。 -- (ユウスケ) 2010-02-01 13:17:23
  • 自己主張激しい上に地の文の使い方がおかしすぎる… -- (名無しさん) 2010-02-01 05:48:02
  • ご指摘ありがとうございます!修正しておきました。 -- (ユウスケ) 2010-01-31 11:08:45
  • 「魔がさした」じゃないですか?でも、律らしくていいと思います -- (pw) 2010-01-31 01:15:21
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。