SS > 短編-けいおん!メンバー > > 夜空のムコウ -OTHER STORY-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

133 名前:夜空ノムコウ ◆tsGpSwX8mo [sage] 投稿日:2009/06/15(月) 14:50:22 ID:nxjU2fgT
ねぇ、悲しみっていつかは消えてしまうものなのかな・・・
―ある冬の日の放課後―
律「こうして澪と二人だけで帰るのも久しぶりだなー。」
澪「ああ、今日はみんなそれぞれ用事で忙しそうだったし。」
律「うっわー、この公園変わってねーなー。んーっ!さみー!」
澪「まったく、あんたも変わってないけどね。」
律「なんだとぉ!そんな事言う奴にはお仕置きだー!くらえぃ!。」
澪「あははははは、くすぐったいからやめろ律ーーー。」
律「じゃあ、許して下さいかわいいかわいい律様っていったら許してやるよ、うりうりぃ。」
澪「わ、わかった、言う言います、ひっ、許して、ひっ、かわいいかわいい律、あふっ、様ーー。」
律「よーし、これぐらいにしといてやろう。」
澪「ふー、そういうとこほんっとに変わんないよね。」
律「まあな!」
澪「誇らしげな顔をするな!」
律「それよりさ、あたし達の未来ってどんなふうになってんのかな・・・。」

先程までのいつもの律ではなく、いつになく真剣な顔で律は口を開いた。

142 名前:夜空ノムコウ ◆Mjk4PcAe16 [sage] 投稿日:2009/06/15(月) 15:33:44 ID:nxjU2fgT
澪「うーん、考えたこともないけど、とりあえず音楽は続けていたいとは思う・・・かな。」
律「そうだよな、今だけしかしないのはなんか寂しいもんな。」
澪「・・・うん。」

静かな会話の中、人の少ない公園のフェンス越しからはただ、冬の風が吹き抜けていた。

律「もしさ、もしもだよ?あたしに何かあったら軽音部のみんなの事・・・頼むな。」
澪「大丈夫、律にもしもなんてあるわけないんだから。」
律「なんだとぉ、あるかもしれないだろー、突き指とか。」
澪「おいおい、突き指ぐらいで私に全部お願いって・・・。」

少しだけ律の表情がいつもの顔になったが、すぐにまた真剣な顔に戻った。

149 名前:夜空ノムコウ ◆lnkYxlAbaw [sage] 投稿日:2009/06/15(月) 16:43:17 ID:nxjU2fgT
律「でもさ、マジであたしの代わりにみんなをまとめられるのって澪しかいないと思うんだよね。だから・・・さ、頼むな。」
澪「・・・わかったよ。」
そう言うと澪は律の手を握った。律もその手を握り返したのと同時に口を開いた
律「あのさ、澪・・・。」澪「何?」
律「ううん、なんでもない。」
澪「そっか・・・。」
律「しっかし寒いなー!澪もう帰ろうぜ!」

またいつもの調子で律は喋りだした。

澪「うん、帰ろう。」
律「じゃあ家まで競走な!よーい、ドーン!」

二人は走りながら家路へと帰った。最後の最高の笑顔で・・・。

179 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 19:18:12 ID:3+Di/zeu
>>154
~あれから8年。澪が扉を開けると、そこには純白のドレスに身を包んだ律が、立っていた。

澪「…きれい、だな。」
律「ふふっ、旦那に言われるより嬉しいかも。」
澪「普通、新婦控え室には親族しか入れないだろ。私なんかが入っていいのか?」
律「いいんだよ。澪は親友だから、特別。
  すっかり売れっ子になっちゃって、忙しいのにわざわざ来てくれてありがと。」

高校3年の学園祭の直後、律は交通事故にあった。
命に別状は無かったが、左腕が車の下敷きになってしまったため、
二度とドラムスティックを持つことは出来なくなった。

澪は、大学で入った軽音サークルでバンドを結成し、CDの自費製作やライブハウス出演など
精力的に活動していたのだが、それが運よくスカウトの目に留まり、メジャーデビューを果たした。
まだまだ日本の音楽シーンに名を残せるほどの実績があるわけではないが、
デビューシングルは、深夜の情報番組のエンディングテーマに抜擢されている。


澪「ホントは、お前と一緒にやっていきたかったんだけどな。」
律「あの時は、一緒にめいっぱい泣いてくれたもんな。」

そういってニカッと笑う。強がりじゃない、律の本当の笑顔だ。

澪「あの時は、一生こんな悲しい気持ちが続くのかと思ってたよ。」
律「私もそうだった。でも、悲しみはいつかは消える。現に、私は今、最高に幸せだからさ。」
澪「ふふっ、まさかお前みたいな奴をお嫁に貰ってくれる物好きがいたとはね。」
律「な、何を失礼な!…まぁ、確かにアイツは物好きな奴だけどな。ははっ。」

そういって窓の外を眺める律。あのおてんば娘が、こんな大人っぽい表情をするなんて。
8年という月日の大きさを、澪は改めて感じた。

律「あの事故があって分かったよ。全てが思った通りに、上手くいくわけじゃないって。」
澪「うん。…そうだな。」
律「あの頃思っていた未来に、私たちは立っていないのかもしれないけど…」
澪「…しれないけど?」
律「それでも、私は今、こうして過ごしている。それに澪もいる。それだけで十分だよ。」
澪「…変わってないな。律。お前のそういう所が素敵だと思うよ。」
律「な、何だよ急に。照れるじゃないか…。」


真っ白なマリアヴェールのせいで、紅潮した律の頬が余計に目立つ。
そんな律を見て、澪は優しく微笑んだ。


終わり

※夜空ノムコウ ◆lnkYxlAbaw氏の作品を名無しが改変したものです。
 作者許可の上で行っております。

出典
【けいおん!】田井中律は冷ピタ可愛い23【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • よくぞハッピーエンドに持ち込んだ。夜空ノムコウっていい詩だなぁ -- (Tear child) 2010-12-29 19:38:42
  • 言葉にできないこの気持ち -- (聡の弟) 2010-12-29 19:26:47
  • 他の3人が空気過ぎる件についてwwwwwwww -- (名無しさん) 2009-07-16 16:18:40
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。