衝撃的な出会い ◆d.NbLKVxEc


勇者王は走る。
ただひたすら走る。
全力疾走とは言わないまでもけして遅くは無く、体に疲労が蓄積しない程度のスピードで。

この殺し合いが始まって4時間を過ぎた、既に犠牲者が出ている。
そんな中、凱はのんびり歩いて目的地に向かうなど、出来る筈もなかった。

今も何処かで力無き者が、この殺し合いに乗った者に襲われ、命の危機に瀕しているかもしれない。
いや、先程の青年の様に既に何人もの犠牲者が・・・
そう考えると、今すぐ全力で走り出したくなる。
凱はそんな思いを、鉄の自制心で押しとどめる。

(まだだ、今はまだ余計な体力を消費する時じゃない。・・・だが!!)

殺し合いに乗った者はいる。
その事実は村雨の死体が物語っている。
凱は力無き者を守る為、殺し合いに乗った者と戦う為にも、今は体力を温存しておかねばならない。
そんな事は解っている。
だがしかし・・・


今向かっている修理工場には、誰もいないのだろうか?
もしかしたら、誰かがあそこで助けを求めているかもしれない。
それならば、今すぐ駆けつけないと間に合わないかもしれない。
このままゆっくり走っていたせいで、俺はまた殺し合いを止める事が出来ず、犠牲者を出してしまうのか?
そう思い全力疾走をしそうになるが、強い自制心で走るペースを抑える。

一刻も早く目的に駆けつける為走るスピードを上げたい、しかしスピードを上げ体力を消費しては、危険人物と戦闘になった時に満足に戦う事が出来ない。しかし目的地に早く着く為には・・・
凱はそんな思考のループを、先ほどから何回も繰り返している。
おそらくゴミ処理場の青年、村雨を救えなかった事がよほど悔しかったのだろう。
凱は気付かぬ内に深い思考の渦に沈み込み、周囲への注意が散漫になっていた。

誰にだって経験があるのでは無いだろうか。
集中のし過ぎで、目的地を通り過ぎたり、自分呼ぶ声が聴こえなかったりする事は。
凱の状態は、今まさにその通りであった。
自らの考えに没頭して、周囲の状況をきちんと把握できていない。
そんな状態である。


だからそれは起こるべくして、起きたのであろう。


凱の耳が何処からか響く重低音を捉える。
(この音は・・・エンジンの音。自動車か何かか?)
遠くから近づいてくるその音を聴きながら、凱は突如閃いた。先程自分を悩ませていた問題の答えを。
(自動車。・・・そうか、なにか乗り物を手に入れればいいのか。何でこんな簡単な事を失念していたんだ!)
自分の足で走るから体力を消耗する。ならば自分の足以外で高速で移動できる物を用いればよい。そんな簡単な事に気がつかないほど、凱は思考の渦は深かった。
走り続けている凱は、その時自分に迫りくるそれに気がつかないほどに。
次の瞬間、凱の体に大きな衝撃が走った。


・・・勇者王は宙を舞った。


「どうやら撒いたみたいだカザミ」
「ああ」

後ろからボイルドが追撃してくる気配は無い。
追うのを諦めたのか、それとも別に何あったのか。
どちらにしても一時的にではあるが脅威は去った。
そうなるとチンクの思考にも余裕も生まれてきた。

本来自分達は金属を補充する為、まずスクラップ工場に向かおうとしていた。
そこでボイルドと遭遇し、戦闘になりここまで移動してきたのだが。
これからどこに向かうべきか?

まず、スクラップ工場には向かえない。
ボイルドの現在位置がわからない以上、迂闊に引き返して再度遭遇何てことはごめんである。
それに今の状態の自分達では、再度戦闘になったら殺されるのがおちだ。

ならば向かう場所は、ごみ処理場と修理工場の二つ。
現在地からの距離ではゴミ処理場の方が近い。
実際左手にゴミの山が見えている。探せば幾らでも手頃な金属片を見つける事が出来るだろう。
反撃の為の武器を確保すべく、ごみ処理場に向かう。悪くはない判断のはずだ。

 「カザミ、このまま修理工場に向かう。異論はないな?」
 「ああ、そうしてくれ」

しかしチンクが選択したのは、修理工場の方だった。
実際風見の受けたダメージは大きい。
仮に3時間経って再び変身できる様になっても、戦闘に支障をきたすだろう。
そんな風見を気遣ってか、チンクは修理工場に向かう事を選択した。

 「…勘違いするなよカザミ。お前がそんなざまじゃ、足手纏いにしかならん。
  それにボイルドを倒してノーヴェを守るには、正直私だけでは力不足だ。
  別にお前が傷が心配という訳ではないぞ」
 「まあ、そういう事にしといてやるよ」

まだ完全に風見を信頼しきれていないせいか、素直になる事が出来ないチンク。
言外に心配だと言っているようなもんだが、風見はあえて突っ込まないでおく。


それが起こったのは、そのすぐ後だった。


道路がカーブに差し掛かり、チンクが視線を右に移したその瞬間。
そいつは左側から、二人の目の前に飛び出してきた。

風見は油断していた訳ではない。
ただ想定外なだけであったのだ。

バイクに乗って走るという事は、そのエンジン音で自分達がここにいるという事を、伝えている様なものである。
当然、このエンジン音を聞きつけた危険人物が、隠れて奇襲を行う可能性を考えていない訳ではない。むしろあり得ると考え、ボイルドを振り切った後も警戒していたくらいだ。
また、他の参加者がこちらと接触する為に、進路上に姿を現すことも考えてはいた。

しかし、己がバイクに轢かれる絶妙のタイミングで、自分達の前に飛び出してくる。
そんな自殺紛いの行動は、いくら風見でも完全に想定外だった。

(こいつ正気か!? チンクは…駄目だ、気づいていない)

想定外の事態に風見の反応は一瞬遅れた。
このタイミングではチンクに声をかけても、ブレーキは間に合わないであろう。
そのチンク自身にいたっては、その人物が現れた場所がチンクの死角になっており、気づいてすらいない。
この時点で風見に出来るのは衝撃に備えることだけだった。

次の瞬間、衝撃が三人を襲った。

(―っ、一体何が?)

完全に不意を突かれたチンクは、訳も分からず宙を舞っていた。
元々サイクロン号とは体のサイズが合っていない上、不意を突かれたのでは衝撃に耐える事など、チンクに出来る筈もなかった。
それでもチンクに怪我が無かったのは、堆一事態を把握していた風見が、咄嗟に左腕で彼女を抱きかかえ、離脱したからだろう。

「カザミ、一体何が起こった。突然過ぎて私にはさっぱり分からん」

風見の腕に抱きかかえられたチンクが、やや呆然とした様子で訊ねる。
それに対して風見は、かなり呆れた様子で答えた。

「…どこかの馬鹿が飛び出してきただけだ」
「なるほど。…と言う事は何か、私は人を轢いたのか」
「そうなるな」

チンクを降ろすと風見は警戒しながら、飛び出してきた人物に近付いていく。
可能性はかなり低いが、相手が気絶したフリをしていて、襲い掛かってくるかもしれないからだ。
サイクロン号は十数m先に横倒しになっているが、あの程度で壊れるほど軟ではないので今はいいだろう。
この人物が危険人物でないとしたら、むしろの方が心配だ。
カーブを曲がるため減速し始めていたとはいえ、それでも結構なスピードが出ていた。
あれで死んでいても、おかしくはないのだ。
最もこれで死なれていたら、死ぬほど寝覚めが悪くなるが。

 「そいつは生きているのか、カザミ?」

カザミの後ろでチンクが気まずそうに尋ねる。

 「判らん…死んではないと思いたいが」

参加者だけあってこの人物もサイボークの様だ。
特に目立った破損個所はない、それだけに逆に判別がしづらい。
単に気絶しているだけなのか、それとも死んでしまったのか。
これが生身の人間であれば、出血や呼吸の有無等で確認できるが、相手がサイボークの類では、そもそも呼吸自体必要であるかも判らない。
つまり一定以上の専門的な知識がなければ、見た目で判断するしかないのである。

「なんにせよ、このまま放置という訳にもいかんだろう」

風見とチンクは同時に大きなため息をついた。


【H-2 道路/一日目・早朝】

【風見志郎@仮面ライダーSPIRITS】
[状態]:約三時間V3に変身不能、疲労大、両拳に重症、頭部と胸部と左肩に中程度のダメージ、右肘に重大な負傷。
左腰から出血、全身に僅かな火傷、固い決意、やるせない思い
[装備]:なし
[道具]: PDA紛失(支給品一式、不明支給品0~2)
[思考・状況]
基本:殺し合いを破壊し、シグマを倒す
1:修理工場へ向かう
2:チンクと共に本郷・敬介・茂・村雨・スバル・ギンガ・ノーヴェを探し、合流する
3:殺し合いに乗った危険人物には容赦しない
4:可能ならば、ボイルドを仮面ライダーにしたい。そのためには、危険は辞さない覚悟
5:シグマの真の目的を探る。そのためにエックスと呼ばれた男、赤い男(ゼロ)と接触する
6:生きているなら、男(凱)が起きたら話を聞く。
7:弱者の保護
8:北東へ向い金属を集める(優先順位は低い)
[備考]
※参戦時期は大首領の門に火柱キックを仕掛ける直前です(原作13巻)。また身体とダブルタイフーンは元通り修復されています
※チンクと情報交換をしました
※なんとなくチンクを村雨、そして昔の自分に重ねている節があります


【チンク@魔法少女リリカルなのはStrikerS】
[状態]:小程度の疲労、両腕に僅かな痛み、固い決意
[装備]:サイクロン号(1号)@仮面ライダーSPIRITS(志郎の支給品)、ヴィルマの投げナイフ@からくりサーカス(4/30)
[道具]: 支給品一式、不明支給品0~2
[思考・状況]
基本:ノーヴェを守り、シグマを破壊する
1:修理工場へ向かう。
2:志郎と共に本郷・敬介・茂・村雨・スバル・ギンガ・ノーヴェを探し、合流する。
またノーヴェを最優先にする。
3:殺し合いに乗った危険人物には容赦しない
4:スティンガー、シェルコートを手に入れる
5:生きているなら男(凱)が起きたら話を聞く。
6:北東へ向い金属を集める(優先順位は低い)
[備考]
※参戦時期は本編終了後です
※優勝者の褒美とやらには興味がなく、信用していません
※志郎と情報交換をしました、また完全には志郎の事を信用していません


【獅子王凱@勇者王ガオガイガー】
[状態]:強い怒り、疲労(小) 気絶中 全身を強打
[装備]:グランドリオン@クロノトリガー、電磁ナイフ@仮面ライダーSPIRITS(右腕に収納)
[道具]:支給品一式
[思考・状況]
基本思考:シグマを打ち倒しこの殺し合いを止める。
     戦う力を持たぬ者、傷ついている達を保護し、守り抜く。
1:…………(気絶中)
2:修理工場を目指す
3:チンクと呼ばれていた人物と接触する
4:同じ目的を持った仲間を探す。
5:パーマの男(村雨)と彼を殺した人物の情報を集め、その人物を倒す。
[備考]
※Zマスター撃破直後からの参戦です。
※チンクの顔と村雨の名前は知りません。
※制限の影響により、グランとリオンは出現する事が出来ません
※凱が見た村雨の写真は原作五巻に出てきたものです



時系列順で読む


投下順で読む



044:DEVIL A/Beginning 風見志郎 058:光り輝け勇気の力
044:DEVIL A/Beginning チンク 058:光り輝け勇気の力
033:怒れ鋼のサイボーグ!勇気と魂をその胸に 獅子王凱 058:光り輝け勇気の力





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー