タチコマ



                  _l Cc ,.、 ̄  cC  |
                _/´ l   |'¨|      l´ ヽ
                ヾ j   r.! !---、   l.  r}
                 `l    l 「¨|`ヽ |   ` i´
                 __ ! _,.⊥L⊥..」_ l     |
                /  冫´        `く ̄ ヽl
             _{  / (_) ,r ― 、(_)   ヽ.   ',
        , -―-<. Y    /     ',     ヽ._/ ,. -‐‐、
       /        }1  (_) 、 ∴  ノ (_)   ,ハ´ __  ヽ
       イ       _トヽ    `ー‐ ´      ノ/'´   `ヽ l
.      l |       ハ_ト`ニー_--- --- ―_,.ニ´イ       ヽ
.       l |     {-‐1 __ヽ、,.r,三三、_ ̄_,.-'´ }ム、     ,. -ヽ
.        | |     / /,r'´_  ヽ r'´ ̄ヽV´,. ―-く `ヽ!    /   l
      | |   ,.イrノ/´  ヽ. }/ ニヽ. }}=l,. -- 、 }  l    l   |
      | |  / Yr')i, --、  ,レ{ --- }}'`T′  `l  ヽ    l    |
      | |  /   rくニヽ レ'  `ー‐ '′ !'´l「ヽ /   ヽ.   l.   |
      ,ハl /   j_イ、Y'´         〉、l|_,.ィ'}       ヽ.  l   |
      {.i オ´}  rく'^´_,}`}         ヾ=ヘVノ      ヽ. l   |
      `Y_ノ  `´ `ー'´                     ', l ⊥.
                                      l__レ´r, }

タチコマ
登場作品 <攻殻機動隊>
総登場数(5)
関わりの深い人物:草薙素子、神敬介、T-800、スバル・ナカジマ、ドラス、ボイルド
関わりの深い支給品:チェーンガン、キットナンバー08「ウツセミ」、スプリットミサイル

僕らはみんな生きている」にて初登場。
ボクッ子メカ……っというかロボロワボクッ子多いな、おい。
最初に接触したのが洗脳状態の仮面ライダーXというデンジャラス。
Xライダーの本気の攻撃を辛うじて躱し、『こんなこともあろうかと』とキットナンバー08『ウツセミ』で事なきを得る。
続けてであったのは同じくボクッ子ドラス。
全裸の彼に手持ちのゴスロリ服を譲渡する。用意のいいシグマだ。
しかし、ドラスというところをスバルに早とちりされ、理不尽に攻撃を受けるはめに。
ドラスの仲裁で事なきを得たが、ドラスを撃ってT-1000かどうか判断しようとするボブおじさんから逃走。
ドラスの無実(つっても本人は騙す気満々だけど)を証明するために進路を東へ!
余談だが、ドラスのなにを見ており、少女と勘違いしたスバルへ訂正を入れる。
工業地帯コロニーへと足を踏み入れた彼ら三人を待ち受けていたのは、ハカイダーショットを手に入れたボイルド。
ドラスを加えながらも、三対一でボイルドの翻弄される。
この戦力で逃げ出すことを選択。途中、ドラスが負傷(の振り)をする。
彼の指示通りレアメタルを集めるために離れたが、その間に悲劇が起きていると知らず。
戻ると、ボイルドの襲撃と鉢合わせのために引き寄せる。
銃弾をどうにか避け続ける途中で放送が流れたが、構っている暇などない。
廃工場へとひきつけ、支給品のスプリットミサイルを放って逃げようとする。
が、ボイルドがそれでも逃げようとするため予定変更。ボイルドを抑えることに。
ドラスとスバルが逃げる時間を稼いだが、ボイルドにどちらかが裏切ったと告げられる。
死を理解しないタチコマには、それでも自分がなすべきことをなしたに過ぎなかった。
その姿に、ウフコックを重ねられて。


称号 <人はかわいいものに弱い>




T-1000



   ____
  /     ヽ
 |        |
 |       |     ∧
 l -=- | -=-  フ   / l|
 `i   L   |    / ||
  ヽ  _   イ.   |  ||
  ヽ    / |    |  ||
   lヽ_/ ヽ.   |  ||


T-1000
登場作品 <ターミネーター2?>
総登場数(11)
関わりの深い人物:T-800?、マルチ、城茂、ナタク、スバル、ゼロ、獅子王凱
関わりの深い支給品:シグマウィルス、レーザーガン、高性能探知機

マルチ、遭遇、軍事基地にて、ターミネーターと。」が登場話。初登場自体は「オープニング」。
参戦時期は死亡後に分かるが、ターミネーター本編よりはるか未来。
オープニングでシグマに変形して囮を勤める。セインを殺して、会場へジョーカーとして送り込まれた。
最初に遭遇したのはマルチ。いたいけな少女の服をはぎ、シグマウィルスで狂わせる。
こう書くとなんかエロス。
次にであったのは仮面ライダーストロンガーこと城茂。
打撃系統を無効にするもの、電撃という相性の悪い攻撃に叩きのめされ、チャージアップでティウンティウン。
残機1つ減って再生。
続いて火力馬鹿のナタクに遭遇。注射器をかたどり、シグマウィルスを注入しようとしたが、ナタクを前に注射器は死亡フラグ。
ぶち切れたナタクに火器を叩き込まれて、またも身体をバラバラにされた。
今度はストロンガーの姿を模して、誤解フラグをばら撒こうと画策する。
この時点でナタクにレーザーガンを壊され、高性能探知機を奪われた。情けない。
ストロンガーの姿のまま錯乱中のスバルを襲うも、振動拳に吹き飛ばされる。
相性の悪い連中に続けて遭遇しているのは気のせいだろうか?
シャトル基地で待ち伏せする判断をする。が、今度は我らがメガトロンのミサイルに吹き飛ばされる。
ちなみに再生中にエラーが続出。ただの演出と思われたがフラグだったエラー。
いまいち効果の薄いストロンガーの姿を捨てて、スバルの姿へと変身。
混乱しているスバルの前へ登場して、不安を煽る煽る。途中現れたゼロにあっさりと正体を見破られた。
しかしT-800と遭遇して、スクラップ工場へと場所を移動。
T-800をスペックで上回るゆえ、あっさりとボコりながらシグマウィルスを注入する。
スバルがT-800を助けに入ったため、交戦。冷静に戦えばわけもなくスバルを翻弄するが、ゼロと凱が乱入。
その場を離れ、ゼロを惹きつけて一対一の体勢を整えた。
怪我が治りきっていないゼロにはさすがに負けることもなく、捕らえてシグマウィルスを打ち込んだ。
が、それが間違い。
ゼロはシグマウィルスに狂うことがなく、むしろ能力が高まる体質なのだ。
調子の戻ったゼロにボコられ、氷烈斬で凍らされて溶鉱炉に落とされた。
死んでたまるかとワイヤーに右手を変形させて打ち込もうとするが、変身にエラーが出た。
結果、シグマウィルスによる影響と知ったが、なすすべなく落ちる。
このシグマウィルスは、主催者へのシグマの仕掛けの一つであったことが後に判明した。

劇中は原作と違い、ジョーカーとしてもマーダーとしてもボスとしても本領発揮が出来ず、虚しくかませられるのが役割であった。
後々、本来の世界とは違って戦闘経験のない世界からつれてこられたことが判明すると、弱くても当然だね。説明付いた! なノリに。


称号 <残念ジョーカー>




ディムズデイル・ボイルド


         ,,,,=彡-'∠-,,__
       ,v""       ∠=、
       v!  ,/彡,,,   /  《、
      ,,ii w"   i "彡 ,,、 ,,, ≦
       ,i/ 、; ;  i、 ,, "vk,i   /
       `i  {,∠ツ    ノ;;_/:^i
        iミi ”`   i =-~三彡;;i
         i__,,  _  i、三彡;;;彡'i
         _=ヘ-¨¨ / /i、;; ; ;彡""ト-、_
         i三ミヾ- "i i /^); ;,,_; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
        /: : : : : : ゝ"ヽ// _,,); ; ; ; ; ; ; ; ;\
      ,,=^/ ; ; ; ; ; /^/ ,/~ //~^); ; ; ; ; ; ; ; ;\
     /; ; /; ; ; ; ; ; i,/  / // ,/^__ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
    /; ; ; ;i ; ; ; ; ; ; ;/: : :/ /  // _,,) / ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ
   /; ; ; ;i ; ; ; ; ; ; / : : :  : : :ト " /; ; ,, ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;  ;`、
   ,/; ; ; ; ; ; ;/ヘ,/ :: :: ::  : : :/ ; ; ; i ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;i、
   /; ; ; ; ; /| | |、:: : : : : : : :/ ; ; ; ;i ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;  ; ; ; ; ; i、
  /; ; ; _/;; ;; | | |、: : : :  :/ ;; ; ; ; i ; ; ; ; ; ; ; ; ;  ; ;  ; ; >
 /,,/:: ;; ;; | | |、ヽ、/ ;; ; ; ; ; ; ; ii、 ; ; ; ;  ; ; ;  ; ;   ;;i
/ /:: ;; ;; ;; ;;;\\\"、;;  ; ; ; ; ; ; ii ; ; ; ; ; | | ;;  ;;  i
,/ ;; ;;  ;;  ;; ;; \ ヽ∨;;   ; ; ; ; ; ; | ; ; ; ;ニ二ニニ彡^^;;\
;; ;; ;;  ;; ;; ;;   /~ ;; ; ;; ; ; ; ; ; ; ; |、;; ; ====-----^^";; ;;|

ディムズデイル・ボイルド
登場作品 <マルドゥックシリーズ>
総登場数(8)
関わりの深い人物:ルーン・バロット、ウフコック・ペンティーノ、風見志郎、チンク、ドラス、スバル・ナカジマ、タチコマ、クロ、ナタク、灰原
関わりの深い支給品:ネコミミとネコにゃん棒、デザートイーグル、轟天号、ハカイダーショット、サイクロン号

充実した人生を」にて初登場。
参戦時期は死亡後。
死亡後より参戦のため、生きていることに疑問を持つもの、ルーン・バロットとウフコックを探索することに。
バロットにウフコックを託したものの、生きているならとまたもウフコックを求める。
風見とチンクにウフコックの行方を尋ねるが、知るわけもなく。
二人と激突し、ボイルドの高い実力を示した。
重力壁でV3の攻撃を無効化し、その絶望からV3に共感させつつも拒否させるという難しい技をやってのけた。
V3逆ダブルタイフーンを受けるも、重力操作によりほぼ無効化して、変身できない風見を追い詰める。
そこへチンクがサイクロン号で現れて、逃げられるがボイルドは取り出した支給品に乗って追いかけた。
出した支給品は、自転車の轟天号。重力操作で縦に落下して追いかけたのだ。
風見が取り出したハカイダーショットの高周波炸裂弾を潜り抜け、逆に奪った。
六十四口径の銃以上に厄介な組み合わせとなる。しかし、風見たちには逃げられた。
続けてスバル、ドラス、タチコマと遭遇、戦闘を開始する。圧倒的戦闘力で強力なトリオのはずのチームを追い詰め、逃げた彼らを追いかける。
ドラスがスバルを裏切った現場を検証していると、タチコマが一人攻撃を仕掛けてきた。
囮を勤めるタチコマに付き合い、追い詰めていくもその姿にウフコックを重ねる。
廃工場でスプリットミサイルによって生き埋めにされるが、タチコマの調子は相変わらず。
ボイルドは急いでウフコックを探そう、と改めて決意を固めた。
瓦礫を破壊して、外に出ると電話が鳴っていた。とってみるとクロが出てくる。
徘徊者(ワンダー)と名乗ってウフコックの情報を求めるが、収穫はなし。
重力制御に制限があるのに気づき、確かめる慎重さを発揮する。
放送が鳴る中、V3ホッパーでボイルドを見つけた風見が接近してきた。
圧倒し、サイクロン号を奪って風見を同類と認める。
修理工場に向かい、まるで風見を挑発するような行動に出た。
修理工場に人がいることを確認。ハカイダーショットを一発撃って襲撃をする。
ナタクや灰原、チンクにドラスの攻撃を重力壁で防ぎ、圧倒的な力の差を見せ付けた。
哮天犬によっていったん見失うものの、すぐに灰原が引き返してきた。
相手をするが、チンクとのコンビネーションによってサイクロン号を奪われる。
それでも余裕を崩さず、灰原とチンクを追い詰めるが、灰原のピッチャー返しによって片腕を失った。
灰原を殺すが、風見が間に合う。
灰原の決死の攻撃に、死が迫るのを実感しながらV3とチンクと激戦を交わす。
V3とチンクのダブルマッハキックを打ち込まれ、壁にめり込むがまだ死なない。
ボイルドに刻まれた虚無は重かった。
V3が最後の大技、V3火柱キックを打ち込まれ、その炎を美しいと感想を抱き、ボイルドは誰にも聞こえることなく『グッバイ、モンスター』と呟いて逝くのだった。

殺害数二人と、殺した人数は少ないものの、多くの実力者を追い詰め、危機に追いやった実績を持つまさにロボロワ最凶といえるマーダーであった。
どこぞの残念ジョーカーとは大違いである。


称号 <真っ黒焦げの凶暴な卵>




ドラ・ザ・キッド



   _,,ト、ー--,,__,,~"  /: : : :/`ヽ、
 /: : : :\ __     _,,-^: : : : :イ    ト 、
|≧ヽ、: : : : :  ̄ ̄¨: : : : : : / i、   ,,/ \
 ^i、 ヽ,,_ : : : : : : : _,, -=^i   ``ゞ、   i
  \/   ^ト,,__ ̄^ i _,,/'i__  ヽ   ,i
   |     ,i  ~てフt∪_,ノ  _,,-^Z、i   /
   i  _=X二_`ヽ--"(⌒i   ー二ニki  /
    i _zーー      Y     -"ヽi/
    `、 i/(       .i    _,,丿i、
     ゝ,i、 iー=^ ̄ ̄¨^ ̄ ̄¨ / ,/i i、
  /"  i\,, \       ノ/_/::/ フ、
./    `i_: : ` -ニ_ー―-ァ彡ニ_: :/ /"/i、
´      / \_; ; : : :<^¨ ^¨/_人/ /  i、
     /--=__|  ̄ ̄フヨ  ,、`i、 .|_/ / i、
   / --=____| ☆ | i/  `-'☆| / / i

ドラ・ザ・キッド
登場作品 <ザ・ドラえもんズ>
総登場数(2)
関わりの深い人物:王ドラ、ロックマン、パンタローネ、島村ジョー
関わりの深い支給品:衝撃集中爆弾、ガトリングガン(クロちゃんの)

ELECTRICAL COMMUNICATION」にて初登場。
高所恐怖症により、高いところが怖くて助けを求めているところをロックマンに発見してもらう。
王ドラの女性恐怖症といい、こいつらはどこか抜けている。
キッドつながりでガトリングを手に、バトルロワイアルをぶっ壊すことを決意。
しかし、ロックマンとほのぼのしているだけでは問屋が卸さない。
機械を壊すと決めたマーダー・パンタローネが襲撃してきた。
開天珠の爆破により追い詰められるが、根性を見せた瞬間後方より集中爆弾。
一気に瀕死になる。ジョーの誤爆被害者2号の誕生であった。
瀕死の状態で無念を抱くのだが、友情を見せるために立ち上がってロックマンを援護する。
ロックマンに『自分は死なない』と優しい嘘を吐き、ドラミのことを想ってガンマンは荒野に死す。
その最期は誰も恨んではいなかった。


称号 <魁! ガンマン先生!>








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー