ロクノベ小説保管庫 雪の町に集う者達 プロローグ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

風の吹く荒野。
辺りには乾いた土が広がり、時々萎びた雑草が見える。
日は西に傾き、もうすぐ夜が近い。
風によって乾いた砂が巻き上げられ、辺りは砂埃で覆われている。
だが、この何も無い荒野で、剣を交える二人の人物がいた。


両者とも白いアーマーとヘルメットをつけ、右腕にはビームサーベルを握っている。
一方のアーマーは所々が傷つき、色褪せている部分もある。
もう一方はそれとは対照的に、アーマーもヘルメットも新品の様に輝いている。
両者の剣は交わり、振られ、避けられ、また交わった。
だが、傷ついている方の動きは次第に鈍っていった。
そして、その男は一旦後ろに下がり、剣を構えなおした。
それに対し、もう一人の男は言った。
「お前はもう…終わりだ」
その言葉を聞き、男は溜め息を一つついて、言った。
「最後に戦うのがお前とは…皮肉だな」
相手の言葉を聞きながら、男は剣を向けた。
そして、静かに言った。
「何故ヘブンを裏切った」
その問いに、傷を負っている方は笑みを浮かべ、言った。
「…お前には分からないよ」
その言葉を最後に、二人は黙った。
しばらく、荒野に静寂が訪れた。
二人とも剣を構え、大地に足を踏みしめた。
だが、この静寂は、片方の男の叫びで唐突に終わりを告げた。
「これで…終わりだ!!」
その言葉を合図に、二人の男は大地を蹴り、走り出した。
この数秒後、再び荒野は静寂を取り戻した。