ロクノベ小説保管庫 ロックマンXセイヴァーⅠ 第弐章~突入~

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一話

Z-Y13地点
蒼い閃光と共に降り立ったセイア。
その身体には、燃えるような真っ赤なア-マ-が搭載されている。
そう・・烈火を思わせる赤い紅いア-マ-。
「ここ・・か・・。」
そう呟き、辺りを見回す。
辺り一面森林地帯だ。
木々の間から見える太陽が、暖かい輝きを放っている。
「・・・・!」
セイアの眼に、一際異様なモノが映った。
なんと、目の前の岩場に、いかにも人工的な洞窟が掘られているのだ。
恐らく・・敵は中にいるのだろう。
そう判断したセイアは、走り出そうとしたが・・。
「ガ・・カガ・・イア・・?セイア聞える?」
突然、ヘルメットに搭載されている通信機から、女性オペレ-タの声が響いた。
「こちらロックマン・セイヴァ-。エイリアさんですか?」
「ガ・・ふぅ~・・やっと繋がったわ。電波障害が酷くて。
それより大変。エックスが・・。」
「さらわれてしまったの」その台詞は、セイアの言葉によって遮られた。
「分かっています。今・・敵の本拠地と思われる場所の前にいます。」
「目の前?でも・・あなた一人じゃ・・。」
「いえ・・ここは僕一人で行きます。」
セイアは言い切った。
何故か分からないが、”ここは一人で行かなくてはいけない”と言う感覚があったのだ。
エイリアは知っているのだ。
そう言った、エックス、ゼロ・・そしてセイアは、絶対にその意見を曲げないことを。
その様子に、エイリアはとうとう折れた。
「・・・・わかったわ。でも・・これだけは持って行って頂戴。」
「えっ?」
パァァァァ
セイアの身体を、蒼い光が包む。
そして・・光が晴れると共に、姿を現したのは、
純白の鎧。
「これは・・?」
見慣れない鎧に、疑問の声を上げる。
すると
「それはね、エックスがナイトメア事件の時に使った”ブレ-ド・アーマー”よ。
セイア・・あなたが寝ている間に、転送チップを取りつけておいたの。」
心なしか、自慢げに聞えてくるエイリアの声。
ユ-ラシア事件の際には考えられないことだった。
必要最低限のこと以外は話さない・・夢を見ることを知らない・・。
しかし、そんな彼女の心を溶かしたのは、紛れもない・・エックスとゼロだった。
「ブレ-ド・・ア-マ-・・か。エイリアさん、ありがとうございます。
でも・・僕もう行きますので・・切ります・・!」
「わかったわ。頑張ってね。」
エイリアは、そう言うと、静かに通信を切った。

第二話

「良し・・行くか。」
セイアは、そう決意を固めると、ゆっくりと・・慎重に洞窟に足を進めていった。

「暗い・・。」
歩くこと五分。既に光は見えなくなっている。
それでも、セイアの高性能アイ・カメラは、
辛うじて半径二m程度なら把握することが出来た。
そして、イザとなった場合、照明代わりになる特種武器又はラ-ニング技を発動すれば良い事なのだ。
そんな事を考えている間に、
一瞬にして辺りが照らされた。
敵の攻撃?
ちがう・・。
松明だ。
いつの間にか四角い部屋に入っていたのだろう、
四隅に、赤い炎を灯した松明が備わっている。
そして・・セイアは、自分の真っ正面から感じられる、
凄まじいまでの殺気を認識した。
左腕をバスタ-にチェンジし、右手を肩のサ-ベルにかける。
立っていたのは・・真紅のモノアイ・・紫色のア-マ-。
そう、セイアをここに呼び出した張本人。
「ククク・・そう焦るな。
待っていたぞ?ロックマン・セイヴァ-。」
地獄の底から響くような低い声。
レプリロイドのモノアイがギョロリと動いた。
「貴様・・・兄さんはどこだ!」
セイアは、自らかけられた殺気を振りほどくかのように怒鳴ってみせるが、
レプリロイドは、怯む様子は無い。
それどころか、殺気は更にその鋭さを増していく。
「知りたければ・・オレを倒してみるんだ・・なっ!!」
!?
レプリロイドは、声と共に素早く突進してきた。
その余りのスピ-ドに、セイアの反応速度は、ついていくことが出来なかった。
ドガァと言う衝撃が、セイアの身体を走る。
「ぐっ・・・。」
だが、それでもなんとか右手で受け止めることが出来た。
「ほぉ・・少しは出来るようだな・・。」
拳を離し、再び間合を取ったレプリロイド。
「・・何者だ・・!!」
痺れる右腕をプラプラと振り、
セイアは言った。

第三話

セイアは、右手を肩のサ-ベルにかけ・・。
ヴァイン
一気に引き抜いた。
エネルギ-収束時の独特の音と共に、
手にしたサ-ベルの柄に、蛍光色の光が宿る。
「クックック・・いい目だ・・。
いいだろう。教えてやる。俺の名は”VAVA”。」
VAVA・・一度だけエックスから聞いた名前。
伝説のROCKMANに対して、異常なまでの執着心があるという。
「過去・・貴様の兄・・エックスに二度・・二度葬られたことがある。
だが・・今のオレは違う。とある人物に復活してもらったのさ!
オレは喜びに打ち震えたね・・。」
両手を広げ、見えない何かを掴むように、
空気中で両手を絡ませる。
「っ・・!」
「さぁな・・。だが・・オレはロックマン・セイヴァ-・・
貴様に興味がある・・エックス以上にな!!」
先手を斬ったのは、VAVAの方だった。
肩のキャノンがセイアを狙う。
「くっ!」
避けられない。
右手で握りしめているサ-ベルで、
エネルギ-弾を斬り裂いた。
そして、予めチャ-ジしておいた左手のバスタ-を、
VAVAに向かって解放する。
ドッと、軽い衝撃と共に、蒼い閃光が、
一片の狂いも無くVAVAに向かう。
だが、本当ならば回避できるはずのVAVAは、一向に避けようとはしない。
…?
「甘いな・・。」
呟き、直進してくる閃光に向かい、右手の人指し指を突き出した。
そして・・弾いた。
「!?」
セイアは驚愕を覚えた。
自分の兄・・エックスでさえ、フルチャ-ジ・ショットならば、
避けることしか出来ない。
それを、エネルギ-で強化すらしていない人指し指で弾き返すなど・・。
「くそっ・・。」
これならどうだ!と言わんばかりに、大量にバスタ-を放つ。
大量に弾を散蒔いて、命中力・翻弄性を高めようというわけだ。

第四話

VAVAのモノアイが怪しい光る。
目の前には大量のエネルギ-弾が飛来しているのにも関わらず、
その眼は笑っているようにも見えた。
そしてバッと右手を突きだし、
キンキンキンキンキン
その全てを弾き返した。
しかし、VAVAはいささか驚いた様にも見えた。
そして、セイアも少々の笑みを浮かべている。
「ほぉ・・。弾ききれなかったか・・。」
そう言うVAVAの左肩には、一発被弾した形跡が残っていた。
通常弾と言えど、威力が高かったのだろう、
肩ア-マ-は多少溶解してしまっている。
「だが・・今度はこっちから行くぞ!!」
VAVAの叫びと共に、セイアの視界から彼の姿が掻き消えた。
「なにっ?・・うぁぁぁ!」
対応しようとしたが既に遅かった。
背中に激痛が走り、前につんのめる形でバランスを崩してしまった。
だが、なんとか受け身を取り、直ぐ様突き出した左腕を軸に回転し、
後方へ向かってバスタ-を放った。
当てるつもりは無い、あくまで追撃を防ぐためだ。
案の定追撃は防ぎきった。
VAVAと言えど、途轍も無い速度で繰り出されるセイアのバスタ-を切り抜けながら、
更に攻撃を加えるというのは無理な話しだ。
そして、その間にバック転で直立の体制を整えたセイア。
準備は・・万全だ。
一瞬の沈黙・・そして。
「っ・・うぉぉぉ!!」
先に動いたのはセイア。
サ-ベルを引き抜き、凄まじい速度で突撃していった。
そして、大きく振りかぶる、一気に振り下ろす。
…外れた。
しかしセイアは諦めていない。
そのままの状態で更に横斬りを繰り出した。
VAVAは後方に跳躍し、それを躱したが、
サ-ベルの先端がVAVAのア-マ-を少々だが削り取った。
ドォォン
至近距離からの発砲。
VAVAが肩のキャノンを発射したのだ。
「っ!」
サ-ベルで叩き落とそうと試みたが、いかんせん速度が凄まじいため、
ヘルメットに掠り、その部分が溶解してしまった。

第五話

サ-ベルの柄を放り捨て、右手の拳を握った。
セイア得意の肉弾戦・・だ。
ドガガガガガ
途轍も無いスピ-ドで繰り出されるセイアのラッシュ。
それを残像すら残しながら回避していくVAVA。
「どうした!?貴様エックスと同等・・いやそれ以上だと思っていたがな!
エックスならば、後三発は多く入れているぞ!」
ドガァ
回し蹴り。
見事にクリ-ンヒットし、セイアの身体は後方へ押し戻された。
「ハァ・・ハァ・・くそぉ・・。」
荒い息を整えながら、近くに落ちているサ-ベルを拾い上げる。
そしてエネルギ-を収束させ、構える。
「ふん・・そんな実力でエックスを助けられると思っているのか?」
 ドクッ
「今のお前はエックスにもゼロにもなれない。」
 ドクン
「所詮お前は紛い物だ!」
「・・けるな・・。」
「ぬ・・?」
「ふざけるなぁぁ!!」
セイアはサ-ベルを掲げ、猛スピ-ドで突進していった。
違う・・!
自分はコピ-なんかじゃない!

それは・・自分が生まれてまだ一週間の時だった・・。
ズバァ
トレ-ニング兼ハンタ-ランク測定マシンのホログラフを、
いとも簡単に真っ二つにしたセイア。
ビ-
ハンタ-ランク・・SA
「ふぅ・・疲れた・・。」
トレ-ニング室から出、ア-マ-を外す。
すると、十七部隊の隊員の一人が走り寄ってきた。
「あの・・エックス隊長の弟さんの・・セイヴァ-さんですよね?」
「えっ?・・あっ・・うん。」
突然尋ねられ、しどろもどろになりながらもそう返した。
「凄いですね!生まれて一週間なのに、ランクSAだなんて。」
少々興奮気味に話す隊員。
セイアはポリポリと鼻の頭を掻いている。
すると、もう一人身体の大きいレプリロイドが歩み寄ってきた。
戦闘スタイルは恐らく接近型だろう。
強化のため大型化された両腕と、防御力の強さを物語る鎧。
「やめとけやめとけ!ソイツはエックス隊長とゼロ隊長のDNAで創られたんだ。
強くて当たり前だろ?」
「っ!?」
「良いよな?何の苦労もしないで最初から強いヤ・ツ・は。
まっ・・所詮エックス隊長とゼロ隊長のコピ-なんだから、
せいぜい平和を護ってくれや!」
そう言い残し、レプリロイドは去って行ってしまった。
そう・・セイアは一部のハンタ-達から、
異様なまでに忌み嫌われている。
エックスとゼロのDNAを持っているから・・。
強くて当たり前・・。
コピ-・・。
「あの・・セイヴァ-さん?・・あんなの気にしない方がいいですよ?」
「・・。」
「幾らエックス隊長とゼロ隊長のDNAを持っているからと言って、
それイコール強いとは限りませんよ。
それに・・セイヴァーさんはコピ-なんかじゃありませんよ。
エックス隊長・・ゼロ隊長よりも良い所は、セイヴァ-さん・・
一杯持っている筈ですよ?」
「・・ありがとう・・。」
セイアはそう言い・・笑った。
そうか・・自分はコピ-なんかじゃないんだ・・。
自分は・・”自分”なんだ。

第六話

セイアの剣撃は、虚しくも空を裂いた。
VAVAは瞬間的に跳躍し、回避していたからだ。
しかし・・セイアの勢いは止まっていない。
突進の勢いをそのまま利用し、サ-ベルを上に向かって斬り上げ、
大きく跳躍する。
すると・・セイアのサ-ベルを灼熱の焔が包み込んだ。
「龍炎刃!!」
「なに!?」
空中では方向回避することが出来ない。
当然のごとく、VAVAの身体をサ-ベルの刃と、
灼熱の焔が襲った。
「ぐっ・・!」
怯み、落下していくVAVA。
セイアはその隙を逃さなかった。
「落綱刃!!」
サ-ベルをそのまま下に向かって構える。
一瞬の発光。
そして、セイアのサ-ベルは、鋼鉄の刃へと姿を変えた。
「ふん!」
しかし、着地すると同時に、VAVAは咄嗟に身体を横にそらした。
これでサ-ベルを突き立てられることは無い。
しかし・・甘かった。
「!?」
セイアの剣撃は、地面に突き立てられた。
その筈だ・・。
しかし、突然、VAVAの目の前に、鋼鉄のイカリが出現したのだ。
突然の出来事に、回避が間に合わず、
イカリによって、VAVAのア-マ-は削り取られた。
「メタル・アンカ-・・。」
サ-ベルを構え、セイアは呟いた。
VAVAは、削り取られた箇所を抑えながらも・・
「ふっ・・フハハハハ!待ってたぜROCKMAN!!」
そう叫び、歓喜の笑い声を上げた。
ROCKMAN・・?
セイアは何を言っているのか理解できなかった。
ROCKMAN?
自分の名前であるあの「ロックマン」の事だろうか・・?
それとも・・?
「フハハハハ!!」
更に笑い声を強め、VAVAは肩のキャノンの乱射し始めた。
「うぁ!!」
激しい轟音と共に、辺り一面が煙で満たされていく。
「フ・・ハハ・・伝説も砕けちまったか・・?」
ピタリ・・と乱射を止め、静かに呟くVAVA。
しかし・・VAVAのアイカメラは、
何者かの途轍も無いエネルギ-を感知していた。
「うぉぉぉぉ!!」
一気に煙が晴れた。
それと同時に、右手に蒼い光を宿したセイアが、大きく飛びかかってきた。
「滅閃光!!」

第七話

セイアは、エネルギ-を帯びた右腕で、VAVAを殴り飛ばした。
本来、滅閃光は地面にエネルギ-を叩き付け、噴出させる技だが、
直接相手の身体に拳ごと叩き込むことにより、
より巨大なダメ-ジを与えることが出来るのだ。
「ハァ・・ハァ・・。」
先程から、ラ-ニング技を連発しているため、
当然疲労はある。
必然的に息は荒い。
しかし、それに反するかのように、VAVAはユラリと立ち上がった。
「ふっ・・なかなかの戦闘力だ。
前言撤回だセイヴァ-。だが・・まだオレには勝てない。」
身体にかかった埃を払い落としながら、VAVAは言った。
「まぁいい・・そろそろ殺すか・・。」
ヴァイン
VAVAは、肩部から一本の筒を取り出した。
セイバ-の柄だ。
血のような真紅のエネルギ-が収束していく。
「ハァ・・ハァ・・疾風牙!!」
セイアはダッシュで突進し、サ-ベルを振った。
しかし、先程までのスピ-ドは無い。
剣撃は、いとも簡単に受け止められていた。
「くっ・・ぅぅ・・。」
思いきり押し込む・・が、
腕力ではあちらの方が上の様だ。
「ハァ!」
「うぁ!」
VAVAがサ-ベルを翻し、セイアを宙に放った。
そして自らも宙に飛び、蹴りを叩き込み、落下させた。
受け身はとったものの、今のダメ-ジは見た目以上に大きい。
「くっ・・・そぉ・・。」
(駄目だ・・バスタ-じゃ当たらない・・サ-ベルも無理だ・・。
なんとかして・・なんとかしてアイツの防御を崩さないと・・。
例えば・・アイツよりも出力の大きいサ-ベルでも作らないと・・。
ん?・・そうか!)
激痛が走っているというのに、セイアは冷静に思考を巡らしていた。
「いいのか?集中切らして・・隙だらけだぜ?」
見下すように歩み寄り、再び蹴りを打ち込む。
その威力に、数メートル吹き飛ばされたセイアだったが、
後方の壁に張りつき、受け身を取った。
ダメ-ジは・・浅い。
「ハァ・・ハァ・・うぉぉぉ!!」
地面に降り立ち、バスターを乱射する。
「そうだ!立ち上がってこい!!俺を満足させろ!!」
バスタ-の雨を余裕で躱し続けながら、VAVAは声を上げる。
そう・・まるで・・鬼。
「フハハハ!!」
サ-ベルを構え、突進してくるVAVA。
だが、セイアはこの時を待っていた。
相手から接近戦をしかけてくるこの時を・・。
「っ!!」
バスタ-を解除し、右手を前に突き出す。
その手には、しっかりとサ-ベルの筒が握られている。
ガシュ
再びセイアの右腕がバスタ-に変形した。
そして、握られていたサ-ベルの柄が、
バスタ-の銃口内に収納された。
「死ねぇぇぇ!!」
VAVAはサ-ベルを大きく振りかぶった。
「勝つのは・・僕だぁぁぁぁ!!」
その瞬間・・二つの影が交差した。

第八話

次の瞬間・・その場に立っていたのは、
純白のア-マ-に身を包んだ少年・・ロックマン・セイヴァ-だった。
そして、対するVAVAは・・。
「バ・・カ・・な・・。」
上半身と下半身は無残に生き別れになり、地面に散まかれていた。
VAVAを斬り裂いたものは・・。
ヴゥゥゥンと、独特のエネルギ-収束音を響かせながら、
セイアの銃口から発生している蒼い閃光・・。
レ-ザ-・ブレ-ドだった。
元々、ブレ-ド・ア-マ-はナイトメア事件時に、
ゼット・セイバ-を使用していたエックスに合わせ、
謎の老人が開発したものだ。
ビ-ム・サ-ベル自体をバスタ-と同化させ、
出力自体を共同体にする事により、より出力の高い光剣を作り出せるのだ。
「RO・・CKMA・・Nは・・オレ・・が・・。」
VAVAは先程から同じことを繰り返し呟いていた。
まるで何かに取り憑かれた様に・・。
「死ぬ前に言え!!兄さんはどこだ!!」
ブレ-ドを消し去ったバスタ-を向け、叫ぶ。
「クッ・・クク・・オレを倒しても・・もう・・遅い・・。
貴様も・・エックスも・・。」
しかし、その最後の言葉を口にする前に、
VAVAのモノアイの光は消えうせていた。
「っ・・くそ・・。」
小さく舌打ちをし、立ち上がると、あることに気がついた。
先程まで、戦闘に夢中で気がつかなかったが、
セイアの目の前には、巨大な扉があった。
扉には、掠れた文字で”W”とペイントされていた。
W・・なぜかはわからないが嫌な感じがする。
「まさか・・。」
この先だ。
妙な確信感を抱いたセイアは、ゆっくりと扉に歩み寄った。
軽く手で押してみる。
当然ながら開くことはない。
ある意味、この扉は最強の門番だろう。
知恵や勇気だけでは絶対に潜り抜けられない。
特殊合金製と思われるこの扉。
しかしセイアには、知恵と勇気・・そして、
この扉を開くだけの力がある。
ズバァ
瞬間的にレ-ザ-・ブレ-ドを発生させ、
左から右に掛けて、真っ二つに斬り裂いた。
パカァァンと乾いた音がした。
「よしっ!」
セイアは、フッと笑みを浮かべると、
ゆっくりと足を進めていった。

第九話

真っ暗な空間に、カツカツと足音だけが響き渡る。
あの扉を潜ってから、どれだけ時間が経ったのだろうか?
数時間?
数日?
ひょっとしたら、まだ数分も経っていないのかもしれない。
それだけ、目の前の闇は、セイアに多大なプレッシャ-をかけている。
「ん?」
セイアは足に違和感を覚えた。
まるで金属を蹴り飛ばした様な、堅い感触がする。
「なんだろ?んっ!?」
疑問符を浮かべると、辺り一面がライトに照らされた。
暗闇に慣れた目ではキツイ。
反射的に目を伏せてしまった。
「・・・・?」
程なくして目が慣れたのか、セイアは顔を上げた。
すると、目の前には・・
「セ・・イア・・?」
「・・兄さん・・!!」
目の前には、色取り取りのコ-ドで雁字搦めにされた、
セイアの兄、エックスの姿があった。
恐らく、エックスを縛りつけているコ-ドは、
レプリロイドのア-マ-の運動プログラムに侵入し、
本人の意思では動くことすらままならなくされる、
特殊型のコ-ドだろう。
「良かった・・今助けるから!」
「待てセイア・・来ちゃ・・駄目だ・・!」
エックスの言葉を尻目に、セイアは小走りでエックスに走り寄った。
しかし、ガシャと言う音がし、
セイアの足元から、トラップと思われる柱が出現した。
「なに?うぁぁぁぁ!!」
高圧電流だ。
しかも、あのセイアを動けなくさせるほどの電流・・
300万Vは下らないだろう。
「セ・・イア・・!!」
目の前で悲鳴を上げる弟を助けようと、エックスは必死になってもがくが、
特殊型コ-ドの前では、あのエックスですらただのレプリロイドに過ぎなかった。
「うぁぁぁぁぁ!!」
VAVAとの闘いで、かなり体力が落ちているセイアにとって、
この電流は途轍も無い強敵だった。

第十話

「くそぉ・・セイアぁ・・。」
「ぁぁぁぁ!!」
どうすればいいんだ・・。
エックスはそう思い・・俯いた。
ヒュンと言う、ワ-プ装置の音が聞こえた。
顔を上げると、目の前には、黒い閃光が差し込んでいた。
そして、それと共に現れたのは、
漆黒のア-マ-に、沈んだ金長髪の青年型レプリロイド。
「・・ゼ・・・ロ・・?」
そう、エックスには見覚えがあった。
色彩などは大幅に変わっているが、
その怖いくらいの美貌、肩に刺さったビ-ム・セイバ-は、
間違いなくユ-ラシア墜落事件時に行方不明となった、
彼の親友”ゼロ”のものだった。
「・・・・・。」
ゼロと呼ばれた青年は、ゆっくりと肩のセイバ-を抜いた。
そして、小さくだが口を開いた。
「貴様か・・ロックマン・エックス・・貴様を・・殺す!」
静かな圧力。
その台詞は、エックスの心に衝撃を与えには充分すぎるほどだった。
「ゼロ・・どうして・・?」
ゼロはセイバ-を振りかぶった。
そして・・蛍光色の刃が振り下ろされた。

……?
反射的に目を瞑ってしまったのだろうか?
エックスの視界は闇しか映していない。
それとも・・頭部を一撃でやられたから・・?
もう自分は死んでいるのだろうか?
エックスは、生きていようがいまいが、
とりあえずだが、眼を開いてみた。
辺り一面白い金属の戦闘室。
そこは、天国や地獄などと言う、飾られた場所ではなかった。
そして、目の前には、純白の鎧を来た少年が、
荒い息遣いで、黒い鎧を着た青年と対峙していた。
自力で抜け出したのだろうか?
先程までセイアが捕まっていたトラップは、粉々に粉砕されていた。
「ハァ・・ハァ・・あなたが・・ゼロ・・兄さん?
どうして・・?どうして兄さんを殺そうとするんですか!!」
ブレ-ドに力を込め、強引にゼロを後方へ押し戻した。
「ふっ・・まぁいい。ロックマン・セイヴァ-。
まずは貴様からだ・・!!」
ゼロはそう叫び、猛スピ-ドで突進してきた。
「疾風!!」

第十一話

辺り一面にビ-ム同士が擦れ合うイオン臭が漂う。
なんとか疾風を天空覇で受け止める事が出来た。
しかし、今のセイアにはそれが精一杯だった。
「く・・くぅ・・。」
バッと、ブレ-ドを横に流し、体制を整えるが、
「ちっ!雷神撃!!」
ゼロはすかさず電気の突きを放ってきた。
素早く屈み、突きを躱す。
そして、そのままブレ-ドを押し上げ、バックステップで間合を取った。
「うぉぉ!!」
ドドドドと、バスタ-を乱射していく。
遠距離なら分がある。
「なかなかやるな。だがっ!!」
ゼロは、バスタ-の雨を潜り抜けつつ、セイバ-を上から下に掛けて大きく振った。
すると、セイバ-の刃から、蛍光色のエネルギ-波が放たれた。
そう”電刃零”
「うぁ!!」
正面から受け止めてしまったセイアのア-マ-に、
無残な傷跡が残った。
なんとかエネルギ-の余波を地面に叩きつけ、消滅させたが。
もう一度あれを受けるようなことがあれば、ただでは済まないだろう。
「くそ・・喰らえぇ!!」
瞬間的チャ-ジし、放った。
「電刃零!」
再びエネルギ-波が放たれた。
蒼い閃光と、蛍光色のエネルギ-波が空中で激突した。
ギリギリと押し合う二つのエネルギ-。
しかし、数秒後、電刃零がバスタ-を突き破り、再びセイアにその牙を剥いた。
出力的には同等だったであろうが、
鋭利に収束された電刃零と、ただのエネルギ-の塊のバスタ-では、
出力が同じだろうと、実戦では差がでてしまうのだ。
「っ!!」
素早く躱したつもりだったが、
左肩ア-マ-に掠ってしまい、カラァンと言う乾いた音と共に、
ア-マ-の一部が斬り裂かれた。
「ふっ・・もう終わりか?」
セイバ-を構え、一つ鼻を鳴らすゼロ。
「くそ・・。」
(どうすればいい?電刃零に打ち勝つには・・。
バスタ-じゃ押し合っても勝てないし・・きっとブレ-ドも届かない。
なんか電刃零にそっくりな技でも出せれば・・!)
「来ないのか?ならば喰らえ!!」
三撃目の電刃零が放たれた。
どうする?
バスタ-で迎撃する事は不可能だ。
ブレ-ドで受け止めたとしても追撃が来る。
ならばどうする?
答えは簡単・・自分も電刃零を撃てばいい。
しかし出来るのか?
「ちっくしょぉぉぉ!!」
セイアは半ばヤケになりながらも、
レ-ザ-・ブレ-ドを左から右へ掛けて大きく振った。

第十二話

同時刻
ハンタ-ベ-ス
ベ-スの総司令室では、総監であるシグナス、
オペレ-タのエイリア、そしてゲイトが集まっていた。
「・・・と言うわけ・・。セイアはたった一人でエックスの救出に向かったわ。」
エイリアは、今までの全ての報告をシグナスに伝えていた。
数時間前のイレギュラ-との戦闘。
その直後のエックスの捕獲。
フロンティア学園への謎の敵の襲来。
たった一人で救出に向かったセイア。
「うむ・・。で?セイヴァ-からの報告は?」
「無いわ。・・ねぇゲイト?セイア・・たった一人で大丈夫かしら?」
エイリアは、心配そうな眼差しをゲイトに送った。
大丈夫かしら?
それは、ユ-ラシア墜落事件時の彼女からは考えられない台詞だった。
考えは全てデ-タで割りきり、”夢”と言う感情を知らなかった彼女。
しかし、彼女が変わり始めたのはナイトメア事件の時からだ。
最終決戦を終え、ボロボロになったエックス。
彼は、この事件の元凶であり、シグマを蘇らせた張本人であるゲイトを、
その持ち前の優しさで許し、連れ帰った。
その行動がなぜだか嬉しかった気がした。
ゲイトの創ったレプリロイド達を、命令のまま処理し、命を絶った。
その報告を聞いたときのゲイトの顔が忘れられなかった。
それと同時に、彼に対する罪悪感も・・。
だが、エックスがゲイトを連れて帰ってきてくれた事によって、
彼に対する罪が許された気がした。
だから・・今まで必死に封じ込めていた感情を、
表に出すことが出来るようにもなっていた、
「はは。大丈夫だよ。セイヴァ-・・いやセイアはそんなに弱い奴じゃない。
なんせ・・あのエックスとゼロの弟だよ?
それに・・。」
「それに?」
自身ありげに話す彼に、エイリアは問いかけた。
「あの子には、あの子も知らない能力《ちから》がある。」
「・・ゲイト君・・それはなんだ?」
シグナスは問う。
「・・”X・ラ-ニングシステム”だよ。」
「「X・ラ-ニングシステム?」」
エイリアとシグナスの声が重なった。
「そう・・ゼロが持ってる、ゼロ・ラ-ニングシステムを知ってるだろう?
それにエックス君の特種武器システムを上乗せしたんだ。
その理論は研究員時代から必死になって解析して、
完璧とまでは行かないけど、解析することが出来たんだ。」
「それで・・その能力って?」
「うん・・ゼロは闘った相手の技を修得して使用する。
エックス君は倒した相手の武器ユニットチップを使って、特種武器を使う。
それを上乗せしてみたら、
どう言う効果が働いたのかは知らないけど、
一目見た相手の技を即座に修得する事が出来るようになったんだ。」

第十三話

ゼロは信じられない・・と言った表情を作った。
先程自分が放った電刃零。
それに対する回避手段が無いセイアは、成す術もなく斬り裂かれたと思っていた。
しかし・・違った。
セイアは、半ばヤケになりながら、ブレ-ドを横に振った。
するとどうだ?
レ-ザ-・ブレ-ドから、電刃零そっくりのエネルギ-波が放たれ、
自分が放った電刃零を掻き消し、自分のメットを吹き飛ばしたのだ。
そう・・これこそ、ゲイトが開発した”Ⅹ・ラ-ニングシステム”だ。
「ハァ・・ハァ・・出来た・・!!」
ブレ-ドを構えたまま、セイアは呟いた。
どうやったかなんて覚えていない。
ただなんとなくやったら出来てしまったのだ。
しかも、まぐれではない。
まぐれで出たと言うよりも、自分で出した感覚がしっかりとあったからだ。

「セイ・・ア・・ゼロ・・どうして・・?」
朦朧とする意識のなか、エックスは二人の闘いを見守っていた。
なぜ、弟と親友が闘わなくてはならないのだろうか?
目からはいつの間にか涙が流れていた。

「電刃Ⅹ!!」
叫び、再びエネルバ-波を放つ。
「調子に乗るなよ?真月輪!!」
ゼロの声は怒気を孕んでいる。
構えた左腕のバスタ-から、月型のエネルギ-波が三発。
そのエネルギ-波は、いつも簡単に電刃Ⅹを掻き消した。
「うぉぉぉ!!」
打ち消そうと、バスタ-を連続的に打ち込むが、
やはり全て弾かれてしまう。
完全に間合に入ってしまった真月輪を、なんとかレ-ザ-・ブレ-ドで斬り裂き、
消滅させた。
しかし、ゼロがこの隙を逃すわけなど無かった。
「真・滅閃光!!」
「なっ!?うぁぁぁぁ!!」
ゼロは、エネルギ-を帯びた拳を、思いきり地面に叩きつけた。
それと同時に、セイアの足元から、強力なエネルギ-波が噴出し、
セイアを包み込んだ。
「ふっ・・終わった・・。」
セイアが”呑み込まれた”事を確認し、ニヤリと笑ったゼロ。
しかし・・ヴィィィンと言うエネルギ-充填時独特の音が響いた。
ドォォン
「わけがないか・・。」
後方から放たれたバスタ-を躱し、ゼロは笑った。
「ハァ・・まだ勝負は・・終わっちゃいない!!」
セイアのア-マ-は大破していた。
所々に斬り裂かれた跡があり、
今の攻撃によって、ほぼ全てが溶解してしまっている。
もはやブレ-ド・ア-マ-は、レ-ザ-・ブレ-ドを発生させることしか出来ない、
鉄クズと化していた。

第十四話

「ハァ・・ハァ・・喰らえぇ!!」
ヴァィン
セイアのバスタ-から、蒼い閃光が剣状に発生した。
思いきり地面を蹴り、ゼロに斬り掛かっていく。
しかし、ゼロはこんな単調な技を受けるほど甘くはなかった。
上から押さえつける形のレ-ザ-・ブレ-ドと、下から斬り上げる形のゼット・セイバ-が、
ギリギリと音を立てて押し合っている。
「っ・・・ぅぅ・・。っ!!」
「ちっ!!」
これ以上押し合っても無駄。
そう悟った二人は、同時に後方へ跳んだ。
「電刃零!!」
「電刃Ⅹ!!」
ドォォン
同時に放たれたエネルギ-波。
空中で激突したそれは、全くの同威力だった。
凄まじい余波を残しながら、その場で砕け散った。
「お次はコイツだ!真月輪!!」
ゼロが吠えた。
セイアに向けたバスタ-から、月型のエネルギ-波が数発発射された。
これではバスタ-で迎撃することも、電刃Ⅹで打ち消すことも出来ない。
しかし、セイアの目は決心を抱いていた。
「はぁぁ!!フルム-ンⅩ!!」
叫びと共に、既にチャ-ジしていたバスタ-を、
ゼロに向けて発射した。
だが、発射されたのは、いつものエネルギ-の塊では無かった。
そう・・放たれたのは、真月輪を思わせる月型のエネルギ-だったのだ。
相殺・・相殺・・フルム-ンⅩが真月輪を突き破った。
「うぉぉぉ!!」
間髪入れずにバスタ-を乱射する。
完全に互角だ。
このまま戦い続ければ、恐らく共倒れになるのが落ちだろう。
なんとかして、必殺の一撃を打ち込まなければ、
お互いに勝ち目は無い。

第十五話

「ハァ・・ハァ・・くっ・・。」
「はぁ・・はぁ・・。」
お互いに息が荒い。
どうすればいい?
セイアは必死に思考を巡らせた。
どうする?
チャ-ジ・ショットでも到底威力が足りない。
だからと言い、レ-ザ-・ブレ-ドでの接近戦は、
ゼロの思う壺だ。
どうする?
どうすればいい?
「フッ・・ハッハッハッハ!!」
ゼロは笑い声を上げながらセイバ-を頭上に掲げた。
ヴィィン
すると、ゼロのセイバ-が、その出力を大幅に上げ始めた。
「幻夢零・改・・受け止められるかな?セイヴァ-・・。」
「っ!!」
幻夢零・・一度だけエックスから聞いたことのある技。
ゼロの総てのエネルギ-を込めた最大奥義だと聞く。
そして、それを受ければ、例えアルティメット・ア-マ-装備時の自分でも、
ただでは済まないと・・。
「喰らえ!!」
セイバ-は振り下ろされた。
と、同時に電刃零の数十倍の出力を誇るであろう、
巨大なエネルギ-波が放たれた。
逃げ道は・・無い。
(頼む・・残ってる総ての力・・出しきらせてくれ!)
「っ・・おぉぉぉぉぉ!!」
セイアは叫んだ。
まるで総ての力を絞りきるかのように。
すると、セイアの身体を蒼いオ-ラが包み込んだ。
そう・・セイアは、知らず知らずの内に、ブレ-ド・ア-マ-のリミッタ-を解除し、
真の力を引き出したのだ。
「くぅぅぅぅ!!」
燃え上がるオ-ラを携え、
セイアはレ-ザ-・ブレ-ドを発生させた。
「なに!?」
スバァ
そして、自身に向けて放たれた巨大なエネルギ-波を、
左から右へ掛けて斬り裂いた。
「ゼロ兄さん・・いや・・ゼロ!!
兄さんを殺そうとするなんて・・貴様なんか・・ゼロじゃない!!
許さねぇぇぇぇ!!」
そして、そのまま最大出力の電刃Ⅹを放った。
「なにぃぃぃ!!?」
そして、その凄まじい弾速に反応すら出来ず、
ゼロは電刃Ⅹによって、真っ二つに斬り裂かれた。
「おぉぉぉぉぉ!!」
だが、セイアはこのままでは済まさなかった。
予めチャ-ジしておいた左腕のバスタ-を向け、
思いきり解放した。

第十六話

「ハァ・・ハァ・・勝った・・!!」
ガクッと膝を突く。
すると、今までセイアを包んでいたオ-ラと共に、
レ-ザ-・ブレ-ドはその姿を消した。
だが、休んでなどいられないことは、
セイア自身がよく分かっている。
ヨロヨロと立ち上がり、
未だコ-ドに捕らわれているエックスに歩み寄っていく。
「兄さ・・今・・助け・・。」
「セイア・・すまない・・。」
セイアは、多少乱暴にコ-ドを素手で引きちぎった。
転げ落ちたエックスは、ハァハァと息を整えながら、
ゆっくりと立ち上がった。
「ハァ・・ハァ・・セイア・・すまない。ありがとう。
        • 助かった。」
エックスはそう言ってニッコリと笑った。
「う・・ん・・ぅ・・。」
エックスの笑みを見て、何故だか涙が溢れてしまう。
そして、流れる涙を拭おうともせず、
エックスの胸に顔を埋めた。
「う・・兄さ・・僕・・。」
涙のせいで声が掠れ、うまく喋ることが出来ない。
「あぁ・・わかった・・。怖かったろ?
ごめんな・・。」
エックスは、泣きじゃくる弟をただただ抱き締めるだけだった。

数分後
ようやくセイアは落ち着きを取り戻した。
エックスにVAVAとの戦闘の一部始終を話すと、
「そうか・・やっぱりVAVAだったか・・。
そして黒いゼロ・・やっぱり何かあるな・・。」
「うん・・。」
「セイア。お前は帰れ・・俺は全てのケリをつけてから帰る。」
そう言い、部屋の隅にある扉を指さしたエックス。
その扉には、先程のモノと同じ、
”W”の文字が無造作にペイントされている。
「なっ・・また兄さん一人で行くって言うの?
嫌だ!そんなの・・。嫌だよ・・
また・・一人になるなんて・・。」
そう言ってセイアは俯いた。
やはり寂しかったのだろうか?
それを見たエックスの表情は、一瞬だけ緩んだ。
しかし、
「ありがとな?セイア。
けど駄目だ。さっきまでの闘いで随分ダメ-ジがあるだろう?
そんな身体で何が出来る?おとなしく帰るんだ。」
困ったような表情で、セイアの肩に手を置くエックス。
これ以上弟を巻き込むわけにはいかない。
エックスの目は、そう言っているような気がした。
「ガ・・カガ・・・セイア?聞える・・?」
「えっ?」
突然のノイズ混じりの通信。
そりれは紛れなく、エイリアからの通信だった。
セイアは、通信機が搭載されているメットの耳部を、
軽く手で抑えた。
「あっ・・はい。こちらロックマン・セイヴァ-。
エイリアさんですか?」
「ガ・・良かった。通信繋げるの苦労したのよ?
それで?エックスは救出出来たの?」
「こちらエックス。エイリアか?
大丈夫。俺は無事だ。セイアのお蔭でな。」
大分焦っているエイリアの様子に、苦笑しながらエックスは答えた。
「良かった・・さ、早く帰還して?みんな心配してるわよ?」
それを聞いたエックスは、フッと寂しそうな笑みを浮かべた。
「エイリア・・すまない。俺にはまだ任務が残ってる。
先らセイアを還すから・・。こいつ、大分ダメ-ジが大きい。」
「まだ闘うつもりなの?」
「あぁ。」
「だったら、セイアの連れていけばいいじゃない。
この子、あなたが思っている以上に強い子だから。」
それを聞いたセイアは、エックスに「してやったり」と言ったような笑みを向けた。
「でも・・ダメ-ジがデカい。」
「あら?それなら心配無いわよ。」
笑ったようなエイリアの声。
それと同時に、セイアの身体を蒼い光が包み込んだ。
そして、光が晴れると、そこには大破したブレ-ド・ア-マ-に代わって、
新たに純白のア-マ-が搭載されていた。
「フォ-ス・ア-マ-・・?」
「そう。壊れたなら換えればいいでしょ?
感じはどう?セイア。」
「わぁ・・なんだか凄くしっくりきてます。」
見慣れないア-マ-に、目を輝かせながら、
セイアは笑顔でそう返した。
「そう?これでも駄目かしら?エックス。」
「う・・ん・・仕方ないな・・。」
「・・クスッv。だって、セイア。」
「うん!」
エックスはやれやれと両手を上げた。
この頑固さは・・どっちに似たんだろう?
「よし!行くぞ、セイア・・
いや・・第十七精鋭部隊隊員、ロックマン・セイヴァ-!」
「了解!隊長!!」
エイリアは、その会話をきき、
再びクスリと笑うと、ゆっくり通信を切断した。

次回予告
ついに兄さんを助けることに成功した。
でも・・本当の闘いはこれからだ!
一体、この先で、何が僕達を待ってるんだろう?
いや・・何が待ってたって、僕達は負けないぞ!
次回「ロックマンXセイヴァ-第参章~過去~」
「必ず・・帰ってくるさ・・。」