※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自己紹介.

Nike+ スクリーンネーム:SAIJUN

中学生時代はバスケ部所属.小柄なチームの方針が”とにかく走る”ことで,足を鍛える.

バスケ部を3年夏に引退後,陸上部顧問にスカウトされて中3の秋に駅伝に参加したのが思えばランニング生涯のはじまりだった.駅伝の結果は県大会で総合4位,この時自分は全く貢献できず,はじめてのレースで空回りばかりだったことを覚えている.大会前にはじめて買ってもらった陸上シューズがミズノ製だった.なお,この時のチームメイトのひとりは箱根駅伝出場から実業団へとすすみ,2~3年前まで元日の実業団駅伝に出ていた.が,年齢,体力的に実業団では厳しいか,2008年の実業団駅伝には出られなかったようだ.

 この駅伝で不完全燃焼だったことと,先輩からの強い勧誘,諸般の理由とにより,高校入学後は陸上部に所属.800m,1500mが専門種目で,一応校内マラソンでは3年連続優勝した.もっとも,学校自体が体育が強い方ではなく,学校対抗の大会では準決勝にすすめればいい方,というくらいの成績だった.この頃の自己記録が,1500mは4分16秒くらい(くらいというのにも理由があり予選のタイムで手動計測だったのだが後輩が計り損ねたので幻の記録なのである),5000mは16分40秒だった.ちなみにこの頃はあまり余裕もなく,なかなか新しいシューズが買えなかったのが,今のシューズマニア状態の根源となっている可能性があると思う・・・.

大学から社会人4年目まではバスケットボールやスキーで定期的に体を動かしていたもののランニングからは遠ざかっていた.社会人になって徐々に増える体重.これはいかん,とジム通いと当時出たてのMP3プレイヤーを持ってランニングをはじめたのが2000年頃の話.この頃のMP3プレイヤーは32MBのメモリーカードに8~9曲入ればいい方だったのだが,小型で音飛びしない点がランニングにはぴったりで重宝した.

その後世代が変わるごとにMP3プレイヤーは飛躍的に進化し,数台を乗り継いだ.2005年に初代ipod shuffuleを購入.この大きさとアームバンドが画期的で,ランニングの際はいつも携帯するようになっていた.

 2006年,アメリカでNike+ipodの発売がアナウンスされ,非常に惹かれるもののまだshuffleが現役であったこともありnanoに手がでず.

2007年になってやっと,以前mixiに書いたような理由でNike+i podを導入.Jog Noteやmixiのつてでチャレンジスレにたどり着いたのが夏の話.

正直,2006年まではランニングは健康保持のためのチョイスだったのがNike+i podと出会ってから向上心が変わったと思う.実際にかなりの距離を走るようになり,秋には高校生時代の”夢”であったフルマラソンサブスリーも達成.

いろいろな偶然が重なり”TEAM B+”に遭遇することができて本当に感謝している.