背景世界(仮):種族


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人間

 この世界では、純粋な人間(旧人類)は滅亡している。しかし、何らかの手段で生き残った者が僅かながら存在する、と考える者も少なくない。 かつては高度な文明を持って世界を支配していたが、環境の激変に適応できず急速に人口を減らし、滅亡した。しかしその過程で、現在の環境に適応した人間(新人類)を生み出そうと試み、その結果、現在世界を闊歩する三つの種族を生み出した。

新人類と言える現存する三種族「獣人」「人形」「霊体」が、旧人類たる「人間」に抱いている感情は個人により異なる。以下にその例を挙げる。

  • より「進化」した自分たちの基になり、自分たちを生み出した「親」
  • 現在より進んだ文明を持ちながら、世界を滅ぼし自らを滅ぼした「賢くも愚かな者」
  • 住み良い平和な世界を、荒れ果てた過酷な世界へと作り変えた「憎き世界の敵」

獣人

 人間と動物が融合したような姿を持つ知的生命体。個体数は最も多い。どのような姿をしているかは個体差があり、ほとんど人間(旧人類)と変わらない姿の者もいれば、人魚やミノタウロスやケンタウロスのような半人半獣の姿の者、猫人間や鳥人間などと呼べる姿の者もいる。 また、完全に(実在の、あるいは架空の)動物の姿をしていても、人間と同等の知性を持ち意思疎通を行える者であれば、便宜上「獣人」と見なされる。

 融合した動物に応じた、特殊能力を持つ者が多い。寿命は、融合した動物にもよるが、全体的に短命の傾向にある。

 イメージカラーは緑。基本属性は中立(Neutral)。マナ・エメラルドとの相性が良い傾向がある。有機生命体は原則として「獣人」となる。

人形

 人間を模した無機物。生命体とは呼べないが生命体のような有機的機構を内蔵しており、また人間と同等に知的である。無機物で構成されていることと、生物のような生殖が不可能(行為は可能)なことを除けば、人間とほぼ変わらない。表層を有機物(人工皮膚など)で覆うことで、人間や獣人と区別不能なほどに「偽装」することも可能。 「精神面」においては個体差が激しく、人間とほぼ同等の「精神」を持つ者もいれば、論理的で柔軟性に乏しく感情を理解できない「ロボット」のような者もいる。

 人格は、過去に実在した知性体(人間や人形や獣人や霊体)のコピーである場合と、無垢の状態から人格を築いたオリジナルの場合とがある。マナ・スフィアを自己の活動エネルギーに変換できる機構を持ち、生物とマナ・スフィアの同化と同様にマナ・スフィアとの接触による自己修復も可能。

 肉体の欠損は修理できるが、体は脳に相当する機構に活動限界があるため、寿命と言えるものは存在する。脳の製造には特殊な装置や技術を要するが、全ての人形に基礎能力の一つとして装置や技術に関する知識が刷り込まれている。ただし肉体が無機物で構成されるため、比較的長命と言える。

 イメージカラーは青。基本属性は秩序(Law)。マナ・サファイアとの相性が良い傾向がある。便宜上、肉体が無機物で構成され、人間と同等の知性を持てば、原則として「人形」とする。すなわち無機生命体やアンドロイド、あるいは「知性を持つ」人間型ではない無機物も「人形」である。

 なおサイボーグの場合、機械化された部位と肉体との比率にもよるが、原則として「人形」と「獣人」の融合と見なされる。ただし「脳以外は全て機械化」などのように表面から肉体が確認できないと、単なる「人形」と見なされることになる。

霊体

 肉体を持たない、魂だけの人間。個体数はそれほど多くない。生命体とは呼べないが、魂だけで活動できる特殊な能力を持つ。短時間であれば実体化も可能。霊体の維持や特殊能力(=魔術)を使うには魔力が必要で、マナ・スフィアは彼らの最も効率的なエネルギー源である。

 肉体を持たないことを除けば人間と変わらないため、学習能力を持ち(精神的な)老化もある。また維持にエネルギーが必要なため、永遠の存在ではない。 個体ごとの「精神的な老化」に大きく左右されるため、寿命の個体差が激しい。実年齢10歳未満でも老人同様の者もいれば、人間滅亡以前から生き続け文字通り「過去の亡霊」と言える者もいる。

 肉体と言う「自己を安定させる拠り所」を持たないため、不安定な存在である。自己を安定させるため、特定の場所に居ついたり(地縛霊)、特定の物体や生物に憑いたり(憑依霊)する場合もある。こうした「依り代」を持たなくとも存在は可能だが、徐々に精神が希薄化し本人の強い意志や「こだわり」のない部分、記憶などが消失していく可能性は高くなる。また、似たような精神や意志の持ち主同士が融合することも可能。

 イメージカラーは赤。基本属性は混沌(Chaos)。マナ・ルビーとの相性が良い傾向がある。精神生命体や幽霊などが含まれる。

種族間の関係

 一部の地域では対立も見られるが、全体を見渡せば、特に異種族間で対立はしていない。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。