背景世界(仮):魔術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この世界における「魔術」は、我々が言う「超能力」である。

魔術と魔法

魔法とは、魔力に関する自然法則(magic low)である。 法則により、知的生命体の意思を介さなくても魔力を制御し、物理法則に干渉することは可能だが、その力はきわめて弱いものである。 自然法則に基づいた魔力制御の代表例は、真円図形や六芒星(ダビデの星)などの二次元図形、四角錐(ピラミッド)などの立体、舞踊などの動作、手拍子や木魚などの音声やリズム、などである。

魔術とは、魔力を制御する技術(magic technique)である。 魔法(自然法則)の複雑な組み合わせによって魔力制御を強化したり、集中力を養い自らが持つ魔力(=マナ=生命力)を制御したり、と言った方法で物理法則に干渉する。

魔法と魔術の違いにより、魔法使い(magic user)と魔術師(wizard, witch)は明確に区別される。 生まれついての才能に優れ、経験的に魔力を制御できるものの、魔法魔術の原理を知らず魔力に関する技術に劣る者を「魔法使い」と呼ぶ。一方、生まれつきの才能を問わず、魔法魔術の原理についての知識を持ち、魔力を制御する技術を身につけた者を「魔術師」と呼ぶ。

呪文

呪文や身振りには魔力を制御する効果があるが、その効果はきわめて弱い。

  • 弱い制御力を大量に複雑に組み合わせ、効果を強める。
  • 魔術師が自らの魔力(=マナ=生命力)を注ぎ、効果を強める。
  • 周辺の物質から魔力(=マナ=生命力)を「掻き集め」、効果を強める。
    (ドラゴンボールの「元気玉」の原理)
  • 魔術に必要な集中力を得るための自己暗示。
    呪文や身振りによる魔力制御より、魔術師の意志による魔力制御が上回る。必要な集中力が得られれば、呪文や身振りは不要。

魔術の原理

そのエネルギー源である魔力(=マナ)は、純エネルギーであるために用途に応じた異なるエネルギー(熱、光など)への変換が容易とされる。一説には、魔力(=マナ)はあらゆるエネルギーを混合したエネルギーとされ、特定の性質のエネルギーを「分離」できるものとされている。

マナの単純なエネルギー変換or分離と、それを応用してあらゆる物質が持つマナを通じて物質に干渉し性質を変えることが、魔術の基本原理とされる。

魔術の系統

  • 静魔術
    魔力を制御する際、時間による変化を必要としない術系統。
    • 思念魔術
      純粋に術者の思念だけで制御する魔術。
    • 図形魔術
    • 立体魔術
  • 動魔術
    魔力を制御する際、時間による変化を必要とする術系統。
    • 動作魔術
    • 音声魔術
      • 言語魔術
        言葉による魔術。言霊や呪文の類。
      • 音程魔術
        メロディーによる魔術。
      • 拍子魔術
        リズムによる魔術。

魔術と言語

言語魔術による効果は、同一の言葉を用いていても「時代」「地域」「術者」「対象」などによって異なる効果を持つ。多くの場合は同一の効果で強弱の差がある程度だが、単語によっては全く別の効果を持つ場合もある。これが時代や地域による言語差を発生させた主な理由であり、過去に「魔術語」であった言語が現在では「非魔術語」として日常的に用いられている例もある。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。