※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Jリーグ規約 (pdf注意)
第4章 競技   第1節 競技場
第29条〔競技場〕
① 競技場は,次の各号の条件を満たすものでなければならない.
 (1) ピッチは天然芝 であり,原則として縦長105m,横幅68mであること
 (2) ピッチの外側周囲には,原則としてすべて1.5m以上の芝生部分を確保すること(したがって, 縦長108m以上,横幅71m以上の芝生部分を確保 すること)
③ 競技場の観客席は,下記のとおりとする.ただし,芝生席は,観客席とはみなされない.
 (1) J1クラブ主管公式試合:15,000人以上収容できること
 (2) J2クラブ主管公式試合:10,000人以上収容できること

第3節 試合の運営
第59条〔同日開催の制限〕
公式試合は,原則として,同一日に同一競技場で2試合以上行ってはならない.

第60条〔抱き合わせ開催の禁止〕
公式試合は,Jリーグまたは協会以外の第三者が主催するサッカーその他のスポーツの試>合またはイベント等と抱き合わせで開催してはならない.
ただし,Jクラブが主催する地域振興のための試合・イベント等および選手育成のための試合であって,荒天時には中止できるものに限り,Jリーグ事務局長の承認を受け,実施することができる.






同伴者数分布
平均 1人 2人 3人 4人 5人以上
リーグ全体 2007年 3.1 15.7 42.3 15.7 12.4 14.0
広島 2006年 4.5 11.1 35.9 22.6 11.1 19.2
2007年 2.5 19.1 45.6 19.1 8.1 8.1

アクセス時間分布
平均 ~30分 31~60分 61~90分 91分~
リーグ全体 2007年 59.5 39.0 35.1 11.1 14.8
広島 2005年 50.1 44.2 36.5 8.7 10.6
2006年 63.9 36.2 34.5 13.2 16.2
2007年 67.0 31.7 36.7 14.1 17.6





 Jリーグクラブが本拠地とするホームスタジアムは、ほとんどが公共施設で、 施設運営において毎年少なからぬ公的補助金を必要 としている。また施設にとって主要な使用者であるJリーグクラブは、設備や備品の質、運用の自由度、交通アクセスの等の面で、不満を感じていることが多い。
 これに対し 海外には、スポーツ施設の機能を複合化し、スポーツイベント以外の稼働率を高め、利益を上げる例 がある。このような施設は 稼働率に見合った、交通至便な立地に設置 され、スポーツ観戦時の快適性も大いに向上している。一つのスタジアムの水準が向上すると、ライバル関係にあるスポーツクラブのスタジアムも対抗して水準を高める。このような連鎖の結果、とくに欧米では近年、新しいスポーツ施設の建設および改修が盛んで、かつその質が急速に高まりつつある。
 日本ではプロスポーツのイベントを開催する施設について、「施設運営による収益は期待できないものの、社会的に一定の意義はある。従って公共事業として整備するが、できるだけ投資額を抑えて、必要最低限の機能を設備すればいい」と見なすのが一般的だろう。この考え方を、 「スポーツ施設は工夫すれば、スポーツイベント以外でも収益を上げられる。収益を上げるための事業プランがあれば、民間投資を期待できる 。好立地で高機能な施設を実現することで、初期の建設費用が高くついても、毎年の管理事業の利益から十分に回収できる」と転換することが望まれる。欧米などスポーツ先進国はすでに後者の考えに立って、スポーツ施設への投資を加速している。日本も同じ考えに立たないと、競技力向上およびスポーツ文化振興の両面において、ますます後れを取ることになりかねない。








名前:
コメント:

すべてのコメントを見る