漢詩大会の漢詩全文/徐幹・陳琳・劉楨

現在地:トップページ漢詩大会の漢詩全文>七子(徐幹・陳琳・劉楨)作品の出典リスト



徐幹



室思(雑詩)其三

浮雲何洋洋 願因通我詞。飄飄不可寄 徒倚徒相思
人離皆復会 君独無返期。自君之出矣 明鏡暗不治
思君如流水 有何窮已期

訳 室思(雑詩)

浮雲の何と洋々たる 願わくば因りて我が台詞を通じん
飄々として寄る事もできず あてなき思いだけがすれ違う
人は離れても皆また会うのに 君独り帰る期も無い
君の出立よりこのかた 明鏡も暗いまま治らず
君を思うこと流水の如し 何ぞ窮まり已む期がある

雲が気持ちよさそーに漂ってるので、言葉を託してみようとしたものの、形も行き先も決まっていない雲に寄せても意味が無く、思いだけがすれ違う。
再会しようにも、君はいつ帰るのか。君が旅立ってからは、鏡にうつる私の顔も暗いまま。君への思いだけが流れる水のようにたゆたい、留まるところを知らない。

【洋洋】一面に満ちている
【飄飄】風が吹く、風にひるがえる 【徒倚】あてもなく 【徒】いたずらに
【期】時期
【窮已】極まり已む。極限にいたる

詩は6章あるが、この6章を一つの作品とみなしている本、「雑詩」5首と「室思詩」1首を別々の作品とみなす本とあり、どれがどの作品が統一されていない。
詳細は維基文庫徐幹作品の項、室思参照。


陳琳


飲馬長城窟行

飲馬長城窟、水寒傷馬骨。往謂長城吏、「慎莫稽留太原卒」
「官作自有程、舉築諧汝聲」「男兒甯當格闘死、何能怫鬱築長城」
長城何連連、連連三千里。邊城多健少、内舍多寡婦。
作書與内舍、「便嫁莫留住。善事新姑章、時時念我故夫子」
報書往邊地、「君今出語一何鄙」
「身在禍難中、何為稽留他家子。
生男慎勿舉、生女哺用脯。君獨不見長城下、死人骸骨相撐拄」
「結髮行事君、慊慊心意關。明知邊地苦、賤妾何能久自全」

訳 飲馬長城窟行

万里の長城の岩窟で馬に水を飲ませた。水や大気は寒く、馬の骨髄もいたむほど
見れば役卒が、長城の官吏に謂うている。「どうか太原出身の兵卒を引き留めないでください」
「官には工事期限がある。皆と声を揃えて築城の仕事に励め」
「男児たるものまさに戦で死ぬべきだ。なぜ築城で朽ち果てねばならぬのか」

長城は連なる連なる。連なって連なって三千里
辺城には健康を失ったものが多く、内地には寡婦が多い

役卒は手紙を妻に送る。「再婚して我が家にとどまるな
新たな嫁ぎ先の舅姑に善くし、時おり俺と俺の子を思い出してくれ」
夫への返事が届いた。「貴方は何をとっぴな事をおっしゃるのか」

「わが身は災難の中にある。なにゆえ他家の娘子をとどめるのか
男児が生まれたら、取り上げるを慎め。女児を生んだら、乳を与え大切に育てよ
君にこの長城の下が見えるか。死者や骸骨が互いを支えるように重なり合っている」

「結髪よりこのかた旦那さまにお仕えし、満ちたりた生を過ごし心を開いております
辺地の苦しみは明らかに知っております。私ひとりで何を勝手なことができるでしょうか」

「おらぁもうダメだ、別の家で幸せになってくれ(つД`)」
「何勝手な事を言ってんだい、あたいの旦那はアンタ一人だよヽ(`Д´)ノ」


劉楨

維基文庫 劉楨作品の項
犬養毅首相による直筆の「贈従弟」書があるらしい。

贈従弟 三首


汎汎東流水 磷磷水中石。蘋藻生其涯 華葉紛擾溺
采之薦宗廟 可以羞嘉客。豈無園中蔡 懿此出深澤

亭亭山上松 瑟瑟谷中風。風聲一何盛 松枝一何勁
冰霜正慘悽 終歲常端正。豈不羅凝寒 松栢有本性

鳳凰集南嶽 徘徊孤竹根。於心有不厭 奮翅凌紫気
豈不常勤苦 羞與黄雀群。何時當来儀 將須聖明君

訳 贈従弟

流水は満ち満ちて東へと流れ、石は明浄な水底で麟のように煌く
蘋藻はその涯に生え、華葉と入り乱れ、どれがどれかすら判らなくなる
採集した草花を宗廟に捧げ、賓客にもすすめるべし
どうしてこの園中に大亀が居ないと言えるのか、立派な聖獣は深淵から出づるのだ

あずまやのように佇む山上の松、瑟の音のように響く谷中の風
風の声はたった一吹きになんと多くが盛り込まれ、松の枝は一本にどれだけの強さを秘めているのか
氷や霜が凄惨なほどに痛めつけても、年のおわりまで常に端正な姿を保っている
どうして厳寒の冬に耐えていないと言えるのか、松や柏はいつの季節も己の本質を発揮しているのだ

鳳凰は南嶽に集い 孤竹の根元を徘徊する
心には勤勉の意思を宿し 羽を振るえば紫気を凌ぐ
どうして常に勤め努力しないのか 黄雀と群れるを恥じよ
いつの日か来儀して 将に聖明の君を求めるべし

【汎汎】満ち満ちて流れる、水に浮かび漂う
【磷磷】岩石の形容。明るく清い水底で、麟のように煌き見える様
【蘋藻】蘋と藻。水面の浮草と水中の水草 【紛】入りまじってわからなくなる 【擾溺】入り乱れる
【宗廟】氏族が先祖に対する祭祀を行う廟 【嘉客】賓客
【蔡】大亀 【懿】立派なこと

【慘悽】凄惨、厳しい 【終歲】年の終り
【栢】柏(かしわ)の旧字

【鳳凰】五彩の鳥や鳳凰は、帝舜の地上での友。
【南嶽】会稽山?南嶽衡山?山海経を見る限り、時代によってあやふや。いずれにせよ聖地のこと
【紫気】紫色の雲気。聖なる兆し

維基文庫と近代デジタルライブラリとでは、語句が違う(華紛何擾溺と華葉紛擾溺、葵と蔡)。こっちはデジタルライブラリ版。
何故葵が蔡なのか、どちらが正しいかは不明。
中国では公式史料が意図的に字を書き換えられるケースがあるので、考慮すると頭痛い。

1章:草花が入り乱れる清浄な水辺に、あるべきものが居ない?登場する? 従弟が在野にあることを嘆く?
2章:松の生命力は凄い。見習え
3章:鳳凰は勤勉にも、寄るべき聖人を捜し求めている。宮城に出て聖君のもとで励めよ、鳳凰となれ



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

FAQ
 ├PS2版
 ├シナリオ
 └攻略本



武将データ
 ├能力
 ├特技
 ├特技修得
 └相性


データベース
 ├アイテム
 ├名勝古跡
 ├称号
 ├エンディング
 └BGM



sand box(作成途中)
 ├策略
 ├検証中の項目
 │ └軍師の助言
 └漢詩大会漢詩全文


更新履歴

取得中です。