蒿里行・却東西門行




「蒿里行」

曲調:相和(宋書)
出典:《漢魏六朝百三名家集(国デジ)》/《宋書卷21 志第11 樂三(維基)》/《樂府詩集 巻27/相和歌辭二(維基)》

関東有義士,興兵討群凶。初期会盟津,乃心在咸陽。
軍合力不斉,躊躇而雁行。勢利使人争,嗣還自相戕。

淮南弟稱號,刻璽於北方。鎧甲生蟣蝨,萬姓以死亡。
白骨露於野,千里無雞鳴。生民百遺一,念之斷人腸。

てけとー訳:蒿里行

関東に義士あり、兵を興し群凶を討つ
初め盟津に会うを約束す、すなわち心は咸陽に在り
軍合流するも力揃わず、ためらいて雁行の陣のよう
権勢利欲は人を争わせ その後還ればおのずと乱れ相そこなう

淮南の弟は帝号をとなえ、(兄は)北方において璽を刻む
鎧甲にシラミは跳ね 萬姓もって死にたえる
白骨野において露となり、千里のはざまに鳴く鶏は無く
百いた生民も一を遺すのみ、思うにつけ心は痛む


「却東西門行」

出典(晋楽所奏):《漢魏六朝百三名家集(国デジ)》/《樂府詩集 巻37(維基)》

鴻雁出塞北,乃在無人郷。
舉翅萬餘里,行止自成行。冬節食南稻,春日復北翔。
田中有轉蓬,隨風遠飄揚。長與故根絶,萬歳不相當。

奈何此征夫,安得驅四方!
戎馬不解鞍,鎧甲不離傍。冉冉老將至,何時返故郷?
神龍藏深泉,猛獸歩高岡。狐死歸首丘,故郷安可忘。

訳:却東西門行

鴻雁塞北に出でて すなわち無人の郷に在り
翅を広げ万里を超え 行き戻りては再び出征す
冬の季節に南稲を食し 春のおぼろ日には再び北翔す
田んぼの中を転がる蓬 風にしたがって遠く高く流離う
長く元の根と離れ 万の歳が過ぎても相合えぬ

此の兵士をいかにせん 四方を駆けるべき理想もなく
戎馬の鞍を解かず 鎧甲は傍を離れず
時は巡り老境に至り いつ故郷に帰れるか
神龍は深き泉にひそみ 猛獣は高き岡を歩く
狐も死すとき首を丘に向ける いかで忘れんふるさとを


コメント:蒿里行、却東西門行

【蒿里行】
「蒿裏行」とも言う。理想叶わず、戦乱が続くことを悲しむ詩。
志ある義人が集い反董卓連盟を組んだはずが、袁紹は偽の玉璽を彫らせ、袁術は偽帝を僭称し、民は百のうち一しか残らない。

蒿里は泰山の南(下)にある山。高里山とも言う(ex.《支那仏教史蹟. 第1集評解》)。
死んだ人の魂魄は、蒿里に帰るとされた。
死者へ手向ける鎮魂歌の一種で、《薤露》は王公貴人へ送り、《蒿裏》は士大夫や庶人に送る歌。

【却東西門行】
《樂府詩集》によると、本辞は古い時代に失われ、今に伝わっていない。
故郷を懐かしむ志を詠んだ詩。
すぐ上の蒿里行で雁行とあるので、ここでの「鴻雁」も将軍と軍隊のたとえだと思われ。
蓬は兵士。西部劇でも転がる蓬玉が出てくる。
根っこ=家や家族から離され、年老いても帰れない。
「狐死歸首丘」、これは礼記-檀弓上(weblio辞書)からの引用。晋楽所奏なので、後から追加されたのかもしれない。

これも蒼天航路で似たような話が出たな、袁紹との官渡編。



漢詩大会の漢詩全文/曹操インデックスに戻る

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

FAQ
 ├PS2版
 ├シナリオ
 └攻略本



武将データ
 ├能力
 ├特技
 ├特技修得
 └相性


データベース
 ├アイテム
 ├名勝古跡
 ├称号
 ├エンディング
 └BGM



sand box(作成途中)
 ├策略
 ├検証中の項目
 │ └軍師の助言
 └漢詩大会漢詩全文


更新履歴

取得中です。