大牆上蒿行




原文

出典:《楽府詩集(IA)(台湾)》

陽春無不長成,草木群類,隨大風起。零落苦何翩翩。
中心獨立一何煢,四時舍我驅馳,今我隱約欲何為。
人生居天壤間,忽如飛鳥棲枯枝,我今隱約欲何為。
適君身體所服,何不恣君口腹所嘗,冬被貂鼲温暖,夏當服綺羅輕涼。
行力自苦,我將欲何為?

不及君少壮之時,乗堅車,策肥馬良。
上有倉浪之天,今我難得久來視。
下有蠕蠕之地,今我難得久來履。
何不恣意遨遊。

従君所喜,帯我宝剣,今爾何為自低卬?
悲麗平壮観,白如積雪,利若秋霜。
駁犀標首,玉琢中央。
帝王所服,辟除凶殃。禦左右,奈何致福祥。
呉之辟閭,越之歩光,楚之龍泉,韓有墨陽,苗山之鋌,羊頭之鋼,知名前代,
咸自謂麗且美。
曾不知君剣良,綺難忘。

冠青雲之崔嵬,纖羅為纓,飾以翠翰,既美且輕。表容儀,俯仰垂光榮。
宋之章甫,齊之高冠,亦自謂美,蓋何足觀。

排金鋪,坐玉堂,風塵不起,天氣清涼。
奏桓瑟,舞趙倡,女娥長歌,聲協宮商,感心動耳,盪気迴腸。
酌桂酒,鱠鯉魴,與佳人期,為樂康。
前奉玉卮,為我行觴。
今日楽,不可忘,楽未央。
為楽常苦遅,歲月逝,忽若飛,何為自苦,使我心悲。


仮訳


春の陽気に草木群類を成長させないものはない。大風がおき陰陽が巡れば、
羽ばたく小鳥のように木の葉が落ちた後の、残り立つ幹のなんと孤独なこと!
四季は私を置き去りにして駆け巡る。今、私は何のために隠棲している?
人が天地の狭間に住まい生きるのは、飛鳥が枯木の枝に一時だけ宿るようなもの。今、私は何のために隠棲している?

自分にお似合いのオシャレをしたら、口や腹の欲するまま食べに行こう。
冬は最高級の毛皮の温もりをまとい、夏は薄絹の軽やかな涼しさを身につけて。
鍛練しては自らを追い詰め、私は何のためにそうするのだろう?
それは君が若いころ、頑丈な馬車を名馬にひかせた楽しみに及ぶほどのものだろうか。
上には春みどりの蒼天があり、今の私がそれを長く見ることはめったにない。
下には身をよじらせた(山稜連なる)大地があり、今の私がそれを踏みにじることはめったにない。
思いのまま遊ばずして、どうして君が喜ぶことがあるだろうか?

我が宝剣を帯びながら、今の君がおどおどするのはどうして?
磨かれた刀身は悲しくも麗しく、白いこと積雪の如く、鋭さは秋霜を思わせるほど。
駮や犀が彫られた剣の標首は、磨かれた玉が中央にある。
帝王の目が届くところの、凶殃をはね除ける。
左右を従え、どうして福祥をもたらせないものか。
呉之辟閭、越之歩光、楚之龍泉、韓有墨陽、苗山之鋌、羊頭之鋼、
いずれも前代から知られ、みな美しいとされてきた名剣たち。
だが君の剣ほど、綺麗で忘れ難いものはない。

冠は青空に聳える山石のよう、薄絹の紐をながし、カワセミの羽を飾れば、既にあでやかで軽やかだ。
上着にぴったりで、俯き仰ぐたびに栄光の輝きを放つ。
宋の章甫、斉の高冠、また自らの美しさを主張する。
しかし、どうして私たちの審美眼に足ると言えるのか?

金で装飾された正門の取っ手を押して、玉座の間に座れば、
風や埃もあがらず、天気は晴れやかでひんやりしている。
斉国の緊張感ある弦楽器が演奏され、
趙の舞姫が踊り、乙女らの長歌は、声をいにしえからの音楽と一致させる。
心を喚起し、耳をかき混ぜ、腸をひねり、精神を震わせる。
香る桂酒を注ぎ、鯉やブリをなます斬りにする。
意中の人物と一緒に、楽しみと名誉を分かち合う。
前から玉杯が差しだされ、私のために酒が注がれる。

今日の喜びは、忘れがたい。
喜びのクライマックスはまだ来ない。
喜びを見つけるのはいつも遅すぎる。
年月が逝くことは 飛ぶように一瞬で。
なぜ自分自身を追い詰めるのか、そして私の心は悲しんでいるのか?


単語

【上有倉浪之天,今我難得久來視。下有蠕蠕之地,今我難得久來履。】確か史記だか漢書だか何か古典に載ってた。どこだったか忘れた。

【排金鋪】金鋪は金属で出来た、門の取っ手。排は押す。

 ぶっちゃけ調べた箇所が多すぎて、打ち込むの面倒くせぇ…ぼちぼちやれたらいいなってことで。


コメント

王夫之《古詩評選》:“長句長篇,斯為開山第一祖。鮑照、李白領此宗風,遂為樂府獅象。”
(こりゃ長句長編の開祖だな。宋の詩人である鮑照、詩仙の李白が作風の影響を受けている。楽府の金字塔をおっ立てやがった)

IAでは作者が明記されていない。偽作の可能性を考えられているのか?
問題の原本引用元:樂府詩集·卷三十八~卷四十一内、巻三十九(p37~。pdf注意)
台湾中央研究院では、魏文の作と明記されている。

訳については原文の区切りに諸説あり(例:{草木群類,隨大風起」「草木群類隨、大風起」)、建安集序など作者の他作品に拠るところが多いため、訳者一人では把握しきれない部分があった。
そこで訳するにあたり、黄箋および、以下論文の英訳をgoogleで英→日訳したものを、参考にした。

Jian’an Literature Revisited:Poetic Dialogues in the Last Three Decades of the Han Dynasty
(建安文学再訪:漢帝国最後の三十年間に行われた詩的な対話について)
https://digital.lib.washington.edu/researchworks/bitstream/handle/1773/23343/Shin_washington_0250E_11629.pdf?sequence=1

内容としては、以下の6章に分かれる。
  • 陰陽の気の巡りと季節の変化
  • 上記の寂しい調子から、明るい調子に転化
  • 剣の描写(作者は職人に何度か剣を作らせたという記録がある)
  • 冠の描写
  • 宮城での宴会
  • 最後

解釈としては、「君」と「我」の視点をどう解釈するか。現時点では、以下の説などが知られている。
  • 朱止谿:漢武帝の秋風辞(歓楽極まりて哀愁多し)と同じ、自制
  • 朱秬堂:良いものを並べ立て、清貧に甘んじる在野に出仕を呼びかける

タイトルを訳すれば高くて危険なところの雑草の歌となるが、蒿については漢書/郊祀志の注釈に師古曰:「蓬蒿藜莠,皆穢惡之草」とある。
つまり「危険な所に生えた邪魔な草どもの歌」。何にしても素直な意図じゃないことは想像にかたくない。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

FAQ
 ├PS2版
 ├シナリオ
 └攻略本



武将データ
 ├能力
 ├特技
 ├特技修得
 └相性


データベース
 ├アイテム
 ├名勝古跡
 ├称号
 ├エンディング
 └BGM



sand box(作成途中)
 ├策略
 ├検証中の項目
 │ └軍師の助言
 └漢詩大会漢詩全文


更新履歴

取得中です。