漢詩大会の漢詩全文/漢代の有名人




「秋風辞」漢武帝


秋風起兮白雲飛,草木黄兮雁南歸。
蘭有秀兮菊有芳,懷佳人兮不能忘。
泛樓船兮濟汾河,橫中流兮揚素波,
簫鼓鳴兮發棹歌,歡樂極兮哀情多,
少壯幾時兮奈老何。

訳 秋風辞

秋風が起き、白雲が飛ぶ。草木は黄色く枯れ、雁は南へ帰る。
蘭は秀でて有り、菊に芳ばしさ有り。佳人懐かしく、忘れ難し。
楼船を泛(う)かべ、汾河を済(わた)り。中流に横たわり、素波を揚げる。
簫鼓が鳴り、棹歌が発せられ。歓楽極まりて、哀情多し。
少壯は幾時か、老いをいかんせん。

【蘭・菊】後の「佳人」を擬している可能性あり。
【汾河】wiki老師の解説
【済】渡る。


「別歌」李陵

径萬里兮度沙幕,為君將兮奮匈奴。
路窮絶兮矢刃摧,士衆滅兮名已聵。
老母已死,雖欲報恩將安歸!

訳 別歌

万里をへて、砂漠をわたり。君が将と為りて、匈奴と戦う。
路に窮絶し、矢刃はくだけ。兵士衆は滅び、名も忘れられた。
老いた母は既に亡く。恩に報いんと欲しても、帰るべき故郷は存在しない。

漢書/巻054 李廣蘇建傳 第二十四、古詩源巻二などとあるが、ここでは漢書から。


「董嬌饒」宋子侯

出典:《古詩源(国デジ)》
洛陽城東路、桃李生路傍。花花自相對、葉葉自相當。
春風東北起、花葉正低昂。不知誰家子、提籠行采桑。
纎手折其枝、花落何飄颺。請謝彼姝子、何為見損傷。
高秋八九月、白露變為霜。終年會飄墮、安得久馨香。
秋時自零落、春月復芬芳。何時盛年去、懽愛永相忘。
吾欲竟此曲、此曲愁人腸。歸来酌美酒、挾瑟上高堂。

てけ訳 董嬌饒


洛陽城の東路では、桃李が路傍に生えている。花々は自ずと相対し、葉と葉は自ずと相当たる。
春風が東北に起き、花葉はまさに低昂する。誰の家子か知らねども、(娘さんが)籠を提げ桑を採りに行く。
纎手が桃李の枝を折れば、ああ、花がはらりと舞い落ちた。これ娘よ謝りなさい、なぜ花を損傷したのかね。
「秋空高き八九月。露は白霜と為りかわる。年の終わりには舞い落ちて。永久の芳香など得られやしないわ」
「花は秋になれば零れ落ちるけれど。春の月にまたよい香りを放つ。いつ桃李の盛りが去り。歓愛が永く忘れられるというのか」
……もう終わりにしよう、この曲は人の心に沁みわたる。帰って美酒を酌み、瑟を脇に挟んで高堂に上ろう。


「四愁詩」張衡

出典:《古詩源(国デジ)》

序:張衡久しく機密に處ることを楽しまず。陽嘉中に、出でて河間の相と為る。
時に国王驕奢にして、法度に従わず。又豪右幷兼の家多し。
衡車を下りて治するに威厳あり、能く属県の姦猾にして巧劫を行う者を内察し、
皆ひそかに名を知り、吏に下して収捕し、盡(ことごとく)く諸豪侠を服擒す。
遊客悉(ことごと)く惶懼し、逃れて境を出で、郡中大いに治まる。争訟息(や)み、獄に繋囚無し。
時に天下漸く弊え、鬱々として志を得ず。四愁詩を為(つく)る。
屈原に倣い、美人を以て君子と為し、珍宝を以て仁義と為し、水深雪雰を以て小人と為し、
道術を以て相報じ、時君に貽(おく)らんことを思えど、而(しか)も讒邪の以て通ずるを得ざるを恐れき。
其の辞に曰く、

+ 単語解説

一思曰:我所思兮在太山,欲往從之梁父艱,側身東望涕霑翰,美人贈我金錯刀,何以報之英瓊瑤,路遠莫致倚逍遙,何為懷憂心煩勞。
二思曰:我所思兮在桂林,欲往從之湘水深,側身南望涕沾襟,美人贈我金琅玕,何以報之雙玉盤,路遠莫致倚惆悵,何為懷憂心煩傷。
三思曰:我所思兮在漢陽,欲往從之隴阪長,側身西望涕沾裳,美人贈我貂襜褕,何以報之明月珠,路遠莫致倚踟躕,何為懷憂心煩紆。
四思曰:我所思兮在雁門,欲往從之雪雰雰,側身北望涕霑巾,美人贈我錦繡段,何以報之青玉案,路遠莫致倚増歎,何為懷憂心煩惋。

+ 単語解説。左の「+」をクリックすれば展開します

訳 四愁詩

一思曰:我が思う所は泰山に在り。往きて之に従わんと欲すれば梁父は嘆し。身を向け東を望めば涙が筆を濡らす。
美人が我に贈る、金錯刀。何をもって之に酬(むく)いん、良き宝玉。道の遠さは果てしなく。どうして憂いを抱くのか、心は疲れにわずらう。

二思曰:我が思う所は桂林に在り。往きて之に従わんと欲すれば湘水は深し。身を向け南を望めば涙が襟に浸みこむ。
美人が我に贈る、金琅玕。何をもって之に酬いん、雙玉盤。道の遠さに恨み嘆く。どうして憂いを抱くのか、心は痛みをわずらう。

三思曰:我が思う所は漢陽に在り。往きて之に従わんと欲すれば隴阪は長し。身を向け西を望めば涙が裳に浸みこむ。
美人が我に贈る、貂襜褕。何をもってこれに酬いん、明月珠。道の遠さにためらって、どうして憂いを抱くのか、心は左右にふらふら。

四思曰:我が思う所は雁門に在り。往きて之に従わんと欲すれば雪は雰雰し。身を向け北を望めば涙が巾にこぼれる。
美人が我に贈る、錦繡段。何をもってこれに酬いん、青玉案。道の遠さに嘆きは増して、どうして憂いを抱くのか、心は嘆き悲しむ。

  • コメント
《古詩源》では、張衡が河間の統治に成功したものの、天下はまだ疲弊しており、鬱々として作ったのがこの四愁詩という。
屈原にならって、君子を作中で言う「美女」になぞらえ、仁義を珍宝になぞらえ、臣下を梁父艱に該当する部分(湘水深、隴阪長、雪雰雰)になぞらえ、道術を以て(主君と?)相報じ伝えたいと思い、しかし周囲の臣下による悪口によって、自分の意見が主君に通じないことを恐れたとする。

東の太山、南の桂林、西の漢陽、北の雁門と四方を詠んでおり、リズミカル。あと少しで完璧な七言詩。韻も踏んでるかな?


「飲馬長城窟行」蔡邕?

 「玉台新詠」は、蔡文姫の父、蔡邕の作とする。昭明文選では無名氏。

青青河畔草、綿綿思遠道
遠道不可思、宿昔夢見之
夢見在我旁、忽覺在他郷
他郷各異縣、展轉不相見
枯桑知天風、海水知天寒
入門各自媚、誰肯相為言
客従遠方来、遺我雙鯉魚
呼兒烹鯉魚、中有尺素書
長跪読素書、書中竟何如
上言加飱食、下言長相憶。

+ 単語注釈

訳 飲馬長城窟行

青青とした河畔の草に、綿綿と遠き道を思う
道の遠さに思いもつかぬ、それは夕べの夢ものがたり

夢見れば我が傍にあり、ふと目覚めれば他郷に在り
他郷は各々の(住む)県を異とし、つまころびて相見えることもない

枯桑に空ゆく風を知り、海水に天の寒さを知る
家に帰れば各々が媚びるよう、誰があえて互いのために言い合うのか

遠方より来たる客あり、我に双鯉魚を遺す
兒(児)を呼びて鯉魚を烹ると、中に尺素書が有るではないか

長跪して素書を読めば、書の末尾やいかに
上に言わく「飯食に加えよう」、下に言わく「長く相憶えよう」。

  • コメント
 秦・漢代に築かれた長城の麓に、泉窟があり、唯一馬に水を飲ませることができたという。
 このことから、長城に出征した夫を想う妻の詩は、飲馬長城窟行と名づけられることが多い。

 古詩十九首の影響が大きいというか、一見無造作に、各首の節々を繋ぎ合わせたような雰囲気。
 そのために、蔡邕の作品ではなく、古詩十九首の作者と同じく無名氏が作成したということも考えられる。

 対比だけでなく、前の一文を使って次の一文を作成する「しりとり」に似た技巧を使っている。
 この作品における「青青河畔草」の描写も、日本の《枕草子》に影響したという説がある(参考)。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

FAQ
 ├PS2版
 ├シナリオ
 └攻略本



武将データ
 ├能力
 ├特技
 ├特技修得
 └相性


データベース
 ├アイテム
 ├名勝古跡
 ├称号
 ├エンディング
 └BGM



sand box(作成途中)
 ├策略
 ├検証中の項目
 │ └軍師の助言
 └漢詩大会漢詩全文


更新履歴

取得中です。