漢詩大会の漢詩全文/漢代「古楽府」




「蒿里」


蒿里誰家地、聚斂魂魄無賢愚、鬼伯一何相催促、人命不得少踟躕。

この荒れ果てた里は、誰の家地ですか。集まった魂、埋められた肉体に賢愚の差は無いのです。鬼伯は彼らに何を催促し、人の命は安息の地を得られず彷徨いつづけるのですか。

【踟躕】徘徊するさま。

関連:曹操【蒿里行】


「枯魚過河泣」

枯魚過河泣、何時悔復及。作書与魴鱮、相教慎出入。

干魚が河を渡りつつ泣いている。後悔は先にたたず。
お手紙かいて仲間に配った、「互いに教えあって出入を慎みなさい」

「枯魚」は魚の干物 。
釣られて悲しいので、魚仲間に「怪しい所を教えあって、釣られるな」と手紙を書いた。古代中国のドナドナ+α?
楽府詩集·卷七十四·雑曲歌辞十四


「悲歌」


悲歌可以當泣,遠望可以當歸。思念故郷,鬱鬱累累。
欲歸家無人,欲渡河無船。心思不能言,腸中車輪轉。

泣く代わりに悲しみを歌おう。帰れない代わりに遠くを望もう。故郷を思えば、木が鬱鬱とするように心が沈み、山が累累と連なるように悲しみも連なる。
帰りたくとも家に人は無く、河を渡ろうと欲しても船はない。心の思いを言うこともできず、せめて胸の中で車輪を故郷へ向けて転じよう。

 悲歌行ともいわれる。


「西門行」

アーカイヴ版 p87
解説
本辞と晋楽所奏の二通り。晋楽所奏版の訳は、解説参照。
 晋楽所奏は後半部分が五言ないし七言で揃っているのに対し、本辞は不ぞろいなので、晋楽所奏より作成時期は古いと思う。一番古い型かどうかは不明。

出西門,歩念之。今日不作樂,當待何時。
逮爲樂,逮爲樂當及時。何能愁拂鬱,當復待來茲。
醸美酒,炙肥牛。請呼心所懽,可用解憂愁。
人生不滿百,常懷千歳憂。晝短苦夜長,何不秉燭遊。
遊行去,去如雲。除獘車、羸馬為自儲。

西門を出て、歩きながら念じた。今日楽しまなければ、次の楽しみはいつのこと。
楽しい事をするなら、楽しい事をするならまさに今。何を悶々と愁い悩み、次の機会を待つのかい。
美酒を醸そう、肥牛を炙ろう。願わくば心に喜びを、かなうならば憂愁を解こう。
人生は百年にも満たず、常に千年先への憂いをいだく。
昼は短く夜の長きは苦しく、なにゆえ燭を手にとって遊ばない。
遊行して去り、去ること雲のごとし。潰れた車をどかせば、弱った痩せ馬も大儲け。

【獘車】壊れた、潰れた車
【羸馬(るいば)】弱った痩せ馬


「戦城南」

出典:《宋書》樂志、《樂府詩集》十六
原文:《宋書(国立公文書館の原文を、IA及び維基と突合せ)》

戰城南。死郭北。
野死不葬烏可食。為我謂烏。
且為客豪。野死諒不葬。腐肉安能去子逃。
水深激激。蒲葦冥冥。
梟騎戰死。駑馬裴回鳴。
梁築室,何以南?梁何北?
禾黍而穫君何食。願為忠臣安可得。
思子良臣。良臣誠可思。
朝行出攻。莫不夜歸。

  • 訳の一例
城南にて戦い。郭北に死に。
野に死して葬られることなく烏が食らおうとしている。我が為に烏に謂(い)う。
「しばし侠客らのために任侠心を出してくれ。野に死してまこと葬られず。腐肉がどうしてお前から逃げるものか」
水は深く激しく波打ち。蒲葦は鬱蒼として戦地を覆いかざす。
恐ろしい敵も、勇敢な味方も死に絶えて。駑馬はさまよって鳴いている。

梁をもって廟を築こう、どこが『南』か、梁は『北』を向いているか?
(または:梁(かけ声)廟を築こう、どこが『南』か、梁(かけ声)『北』を向いているか?)
禾黍だけが獲れたところで、君主だけでは封禅の儀は行えない。願わくば国の柱臣たらんとする者を、どのように得るか。
子の良臣たるを思う。良臣を心から思わずにはおれぬ。
まこと良臣たらんとするならば、朝に行きて攻め出でて。夜には必ず帰り来よ!

  • 単語の意味メモ
 戦城南は楽府のうちひとつである。楽府は、前漢武帝の代から発達した。
 おなじ武帝の代には、董仲野の助言などによって、儒教の影響が強まっている。
 よって、ここでは《詩経名物集成(国デジ)》などで掲載されている詩経(儒教)、漢代における意味を中心として掲載。

【烏】
 外見では雄雌老若の見分けがつかないもの、徳人のもとに集まる民などの喩え。
 周だと火の赤鳥は君主の徳を称える吉祥で、火徳の漢とも対立しない。楚辞や准南子だと、太陽と関係する。
 この時代、烏は不吉なのか? 何故ここで烏を用いたか?

+ 以下引用

【且為客豪】《古詩源(国デジ)》では「死者の為に侠気を出して食わぬようにしてくれ」

【豪】または彊(強)、俠、健、俊の意味
+ 以下引用

【腐肉安能去子逃】《古詩源(国デジ)》では「(子は)烏に就いて曰ふ」

【梟騎戰死】梟騎は勇敢な騎兵。異民族の騎馬隊。梟は健、勇敢。《楽府詩集》では、「梟騎戰●死」、●部分に欠字があるとする
+ 以下引用

【駑馬】足がのろい馬。凶年にはこの馬に乗って、いけにえをもって祀る
この作品では乗り手が居ないから、徘徊していると解釈。凶年ではない、乗るべき人物が居ない。
+ 以下引用

【梁築室】《古詩源(国デジ)》死者とは棟梁の材なり廟堂にも用ひうる筈なりきと也
室は上記から考えるに、死者を祭る廟であると同時に、天を祭る封禅の儀の廟。
《至廣陵於馬上作/曹丕》「興農淮泗間。築室都徐方」

梁は掛け声との説あり。粱(コーリャンのリャン)とかける?
《楽府詩集(台湾)》注釈「兩(梁)字是表聲字。」
同じ漢鐃歌の翁離「擁離趾中可築室,何用葺之蕙用蘭。擁離趾中。」

【禾黍】穀物。黍は五穀の長? 上記のとおり封禅の儀に使うもの。殷の箕子が詠んだ詩。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2557295/41
《史記-宋微子世家》
「其後箕子朝周,過故殷虛,感宮室毀壞,生禾黍,箕子傷之,欲哭則不可,欲泣為其近婦人,乃作麥秀之詩以歌詠之。
其詩曰:麥秀漸漸兮,禾黍油油。彼狡僮兮,不與我好兮!」

【穫】ここでは収穫の意と解釈。
+ 以下引用

【莫】説文解字を知っていれば常識レベルかもしれないが、日没後のうすくらい状態を示す「暮」を意味する(こともある)。
本来は「莫」が暮の意味だったが、のちに発音から「無い、無」としての意味が与えられたため、本来の莫の意味を持つ「暮」という字が作られたという説もある(白川静氏の字統など)。

+ この詩の考証


「上邪(上雅)」

我欲与君相知、長命無絶衰。
山無陵、江水為竭、冬雷震震、夏雨雪
天地合、即敢与君絶。

私は君と相知りたいと欲する。(この思いは)長命にして絶衰することは無い。
山の陵がなくなり(平らとなり)、長江の水が枯れ、冬に雷が震え震え、夏の雨が雪となり、
天地が合わさったなら、はじめて私は君への想いを絶とう。

シンプルなので、中国でも人気がある古典。「上邪≒天ロ馬!≒天よ!」という感じらしい。
ただ、「戦城南」と同じで、元は軍歌だという話もある(《楽府詩集》等)。
その場合は「いかなる困難も乗り越え、君のために戦おう」という感じになるのかしら。
なお江戸幕府教育機関の文書(国立公文書館所有)に、この上邪を「上雅」とする記述がある。参考まで。


おまけ「善哉行」

来日大難。口燥脣乾。今日相樂。皆當喜歡。
經歴名山。芝草翻翻。仙人王喬。奉藥一丸。
自惜袖短。内手知寒。慚無靈輒。以報趙宣。

月没参横。北斗闌干。親交在門。饑不及餐。
歡日尚少。戚日苦多。以何忘憂。彈箏酒歌。
淮南八公。要道不煩。參駕六龍。游戲雲端。

一日が来るたびに大難に苦しみ。口喉は焼け付き、唇も乾く。今日だけはお互いに楽しみ。皆で歓喜を共にしよう。     
名山を巡り歩けば。香草が風に波立ち。仙人の王子喬に。仙薬一丸をもらえるだろう。
我が袖が短いったらありゃしねぇ。腕手が冷えるったらありゃしねぇ。恥ずかしいことに、霊輒のような気概もねぇ。趙宣に報いることもできやしねぇ。

月が沈み、参宿の星座も傾き。北斗の星々はあんな鮮やかだというに。親友が門前に現れても。食料が乏しく、宴会を設けるようなこともできない。
歓喜に満ちた日々は貴重で。憂う日々、苦しみだけが多い。何をもって憂いを忘れるか。琴を引けや飲めや歌おうや。
淮南王の食客8人は。煩わされることなく神仙の道を往き。ついには六龍の馬車を馳せ。雲の果てに遊んだというじゃまいか。

【經歴名山。芝草翻翻。仙人王喬。奉藥一丸】
曹操秋胡行「經歴名山」「王喬」

【趙宣】春秋戦国時代、晋の人。
 翳桑という場所で、病気のせいで三日間食べていない霊輒に出会い、食を与える。
 のちに君主の霊公によって暗殺されかけたが、霊輒によって助けられた。

【霊輒】晋の人。
 翳桑に居たとき、趙宣に食を与えられるが、飢えていたにも関わらず食事の半分を残した。
 理由を問われ、「官について三年たったが、母の安否がまだわからない。頂いた食事を母に遺したいのだ」と答え、感じ入った趙宣に、さらに食を与えられた。                                     
 その後、趙宣を暗殺するよう命じられるが、逆に趙宣を助け、趙宣から名を問われたのに対し「翳桑の餓人」とだけ答え、ついに名乗らずに去った。
近デジ掲載の一例

【歡日尚少。戚日苦多。以何忘憂。彈箏酒歌。】
曹操短歌行「去日苦多。慨當以慷。憂思難忘。何以解憂。唯有杜康。」

【淮南八公】
道教では有名な八人。
前漢の淮南王、劉安は《淮南子》を編纂したことで知られる。この《淮南子》編纂に最も貢献し、最後には仙人になったとされる八人の食客が、「淮南八公」。一説によると、蘇飛、目尚、左呉、田由、雷被、毛被、伍被、晋昌。
淮南市八公山には、この人たちが由来となった国立公園が存在する。というか地名もだw


解説「古楽府」

楽府の歴史について→『支那文学考:楽府の項(近デジ)』

 詩経さえ《墨子-公孟編》に「誦詩三百,弦詩三百,歌詩三百,舞詩三百」とあるように、当時の詩は基本的に誦し、演奏し、歌い舞うものだった。
 前漢恵帝の時に「樂府令」という役職が定められ、漢武帝の時に「樂府署」、いわゆる楽府が成立した。

『前漢書・禮樂志』
至武帝即位,進用英雋,議立明堂,制禮服,以興太平。 
(武帝は優秀な人物を登用し、堂をたて、礼服を定め、もって太平を築いた)

至武帝定郊祀之禮,祠太一於甘泉,就乾位也;祭后土於汾陰,澤中方丘也。乃立樂府,采詩夜誦,有趙、代、秦、楚之謳。 
(武帝は郊祀之禮を定め、太一(漢代の最高神)の祠を甘泉宮、乾位(長安の西北)に就けた。后土(地の神)を汾陰の地、沢中の方丘に祭った。楽府をたて、詩を集め夜も練習させており、趙、代、秦、楚の唄があった)

 こうして成立した楽府は、各地の詩歌を集め、改良を加えた。
 そのいきさつから、樂府の詩曲は下々や反乱が起きたような南方の影響が強く、また貴族外戚の影響力が強まるに従い、淫侈過度になった。

是時,鄭聲尤甚。黃門名倡丙強、景武之屬富顯於世,貴戚五侯定陵、富平外戚之家淫侈過度,至與人主爭女樂。 
(是の時、鄭聲が尤も甚しかった。黄門の名倡である丙強、景武の氏族も富むこと世に顯らかで,貴戚、五侯、定陵、富平外戚の家は淫侈過度にして、主人は女楽の技巧を争った。)

 最終的には、前漢哀帝により「楽府官を罷免する。郊祭の楽や古の武楽を良くし、鄭衛の音曲を持たないもののみ、別の部署につけるよう」命令を受け、不要な音の整理を余儀なくされる。

『漢書・禮樂志』
漢書評林. 巻21-23
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774591/88
漢書評林. 巻之22,23
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/774626/21
哀帝自為定陶王時疾之,又性不好音,及即位,下詔曰「惟世俗奢泰文巧,而鄭、衛之聲興。夫奢泰則下不孫而國貧,文巧則趨末背本者衆。鄭、衛之聲興則淫辟之化流,而欲黎庶敦樸家給,猶濁其源而求其清流,豈不難哉!孔子不雲乎?『放鄭聲,鄭聲淫。』其罷楽府官。郊祭楽及古兵法武楽,在經非鄭、衛之楽者,條奏,別屬他官。」 
(哀帝は定陶王だった時、之を疾(にく)み,また性格も音を好まなかったので,後に即位したとき,詔を下した。すなわち、
「世俗は贅沢にして文巧にはしり,鄭、衛の聲に興じている。贅沢は高慢を招き、國を貧しくする,文巧は則ち瑣末な技巧に趨(はし)るものであり、音楽の本筋といえるのか?
 鄭、衛の聲は淫であり、忌むべき流れである,
 人民は、正直で飾り気のなく、豊かな暮らしを欲している,濁った水源に、清き流れを求めるなど,難しいに決まってる!
 かって孔子も嘆かなかったか?『聞こえるは鄭国の音曲ではないか、鄭国の音曲はみだらだ』と。
 ゆえに、樂府官を罷免する。郊祭の楽や古の武楽を良くし、鄭衛の音曲を奏でない者を報告せよ、別にして他の官に所属させるように」)

 哀帝の改革にも外戚を押さえるような効果はなく、王莽によって前漢は簒奪された。
 そして建安文学の復興まで、楽府の復活はなかった。

 後漢の漢詩技術については、二つの説がある。
 まずはwiki日本語版等、後漢期に五言詩が成熟し、蔡伯(蔡邕)が完成させたと言う説。
 次に、台湾中央研究院のサイトなどで書かれている説。
 前漢末の哀帝により楽府が廃止されたことに伴い、後漢期は漢詩の作製技術も衰えたが、詩経など儒教でも聖典とされたものは残り、楽府も一部の学者により保管された。
 後漢末期に、蔡邕が楽府や前漢の詩の収集、復元を行なった。
 弟子の王粲や娘の蔡文姫、彼らの庇護者であり蔡邕の友人でもあった曹操らによって楽府の復元が引き継がれ、副次的な産物として建安文学が花開いたとするもの。
 これは曹操や曹丕の作品に楽府の影響があることや、蜀や呉で漢詩作製技術が発達しなかった理由の説明にもなる。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

FAQ
 ├PS2版
 ├シナリオ
 └攻略本



武将データ
 ├能力
 ├特技
 ├特技修得
 └相性


データベース
 ├アイテム
 ├名勝古跡
 ├称号
 ├エンディング
 └BGM



sand box(作成途中)
 ├策略
 ├検証中の項目
 │ └軍師の助言
 └漢詩大会漢詩全文


更新履歴

取得中です。