漢詩大会の漢詩全文/晋代




陸機

猛虎行

出典:《昭明文選/巻28(維基)》、《藝文類聚/巻41(維基)》

原文


渴不飲盜泉水。熱不息悪木陰。
悪木豈無枝。志士多苦心。

整駕肅時命。杖策將遠尋。
飢食猛虎窟。寒棲野雀林。

日歸功未建。時往歲載陰。
崇雲臨岸駭。鳴條隨風吟。

靜言幽谷底。長嘯高山岑。
急絃無懦響。亮節難為音。

人生誠未易。曷云開此衿。
眷我耿介懷。俯仰愧古今。

「渇くとも盗泉の水を飲まず、熱くとも悪木の陰で休まず。
ところが悪木も枝が茂るので、志士らは(陰に対して)苦心がたえない」と古人言う。

帝王の馬車を整え、陛下の命に従い。鞭を振るえば馬は遠く、より遠くへ。
飢えれば猛虎の窟にて食し。寒くとも野雀の林に棲む。

太陽西に帰するとも、功未だ成らず。時は往き、歳月は秋冬を迎える。
沸き起こる高雲を、岸辺から臨み。草木の枝は秋風にしたがい、呻吟す。

奥深き幽谷の底に、声無き言葉を発し。高山の頂に、思いの丈を長嘯する。
張り詰めた琴弦に、緩んだ弦のか弱い響きはなく。信義貞節のゆえに、音を為す事すら難しい。

人生は誠に難しい。どうして心を開けと言うのか。
正直に生きていた昔の私を省みるほどに。俯き、仰ぎ、古今を恥じる。

 論語、詩経、楚辞、古詩の影響あり。他にも、王粲など当時の有名な作の雰囲気が混じっている。
 自分の意思に背く命令に従い、ついに何ひとつ成功しないまま、煩悶する志士の姿を描写している。
 晋代の混乱する政局の中、行き場も無く彷徨いつつ、生き方を曲げてしまった男が、昔を思い恥じ入る。

【渴不飲盜泉水。熱不息悪木陰】【悪木豈無枝。志士多苦心】
李善が注釈した文選によると、《尸子》「孔子至於勝母暮矣。而不宿。過於盗泉渇矣。而不飲。惡其名也」
(孔子が「勝母」に着いたとき日が暮れたが、宿をとらなかった。「盗泉」を過ぎるとき喉が渇いていたが、飲まなかった。
母に勝つ、泉を盗む、それぞれの悪名を嫌ったのだ)
江邃《文釋》によると、《管子》「夫士懷耿介之心,不蔭惡木之枝。惡木尚能恥之,況與惡人同處?」
(正しい心を持つ士は、悪木の枝の木陰にやどろうとしない。悪木ですら恥じるのに、まして悪人と同じ所に寄れと言うのか?)
【駕】帝王の馬車。
【時命】時の支配者の命令。思玄賦曰:爰整駕而亟行,時君之命也。
【策】《杜預左氏傳》では馬檛(杖、鞭)とする。
【將】《廣雅》では「欲」の意とする。
【功未建】《陸賈新語》「以義建功(義をもって功を建てる)」
【載陰】《神農本草》では、「秋冬為陰(秋冬を陰と為す)」
【駭】《廣雅》では、「起」。


解説


 有名人なので、解説は程々にして。

 陸機の「弔魏武帝文」における武帝の遺言は、(陸機による)偽作の可能性を指摘されている。偽作してまで曹操を貶めることで、中原における旧呉の優越性を示そうとしたのではないか、という(渡辺氏「三国志 演義から正史、そして史実へ」)。

 陸機の詩才がどこで育ったか考えると、渡辺氏の説も一理はある。

1:陸氏の出身地である呉は、詩を育てる土壌がない
  • 陸遜、陸抗ともに詩を残しておらず、陸氏に高度な詩を作る伝統があったとは考えにくい
  • 呉で残っている詩は、呉の民謡と韋昭の宮廷音楽ぐらいであり、呉に詩を作る(ry
  • 陸機が呉に隠遁していた時期の作品で有名なのは「弁亡論」、つまり論文であって詩ではない

 では、どこで詩を学んだか。陸機が詩を意識して読むようになったのは、洛陽に来てからだろう。

2:陸機の作品は張華の影響が大きい
  • 陸機が洛陽に出仕したとき、張華に高い評価を受けている。
(晋書陸機伝、世説新語引用「晋陽秋」、呉志陸抗伝引用「機雲別伝」他)
  • 張華は陸機を推薦、宴会で他の名士に会わせるなど、洛陽に出たばかりの陸機を支えている。
  • 張華と陸機は親しく、陸機は張華を師とみなした(晋書張華伝)。

3:張華と陸機はふたりとも、晋朝廷の文章を作成する「著作郎(歴史書管理担当)」「中書郎(朝廷の文書担当)」だった。
「晉史及儀禮憲章並屬於華,多所損益,當時詔誥皆所草定,聲譽益盛,有台輔之望焉」
(張華は晉史、儀礼、憲章、詔の草書などを作成していた)
「齊王冏以機職在中書,九錫文及禪詔疑機與焉」
(斉王冏は、陸機が中書に勤めていたことから、九錫文や禅位の詔に陸機が関与していると考えた@晋書陸機伝)

 特に張華は、泰始3年の宮廷音楽編纂にかかわっている。
(晋書楽志「晉初,食舉亦用《鹿鳴》。至武帝泰始五年,使傅玄、荀勖、張華各造正旦行禮及王公上壽酒、食舉樂歌詩,後又詔成公綏亦作焉。」)
 ここであがった傅玄、荀勖、張華の三人は、魏代の漢詩を「晋楽所奏」へ改ざんする作業を指揮していたことは考えられる。
 そして、陸機も同じ部署で仕事をしていた。

 上記のことを考えると、陸機が曹操の遺言を見る機会はありうる。魏代の資料をみる機会があったから、魏詩の影響を受け、詩才を磨いたと考えられる。
 しかし意図や方向性はともかく、陸機による魏の話は100%信用できるものではない。少なくとも、師である張華、もしくは陸機本人によりフィルターがかかっている可能性も考慮すべきではある。
(曹丕の短歌行などからねつ造した、或いは曹操が公に発した遺言だけではなく、私人として家族に残した遺言全てをつぎはぎした上で、公人としての遺言にすり替えた、など)

 何にせよ、1800年後に曹操ファンクラブ名誉会員扱いされていることを、彼は泉下でどう思っているのだろうか。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

FAQ
 ├PS2版
 ├シナリオ
 └攻略本



武将データ
 ├能力
 ├特技
 ├特技修得
 └相性


データベース
 ├アイテム
 ├名勝古跡
 ├称号
 ├エンディング
 └BGM



sand box(作成途中)
 ├策略
 ├検証中の項目
 │ └軍師の助言
 └漢詩大会漢詩全文


更新履歴

取得中です。