MEANSプロシジャ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

データの基本等計量(度数、平均、標準偏差、最大値、最小値)を求める。

構文
PROC MEANS DATA = SASデータセット名 統計量キーワード オプション;
  VAR    変数1 変数2 … ;  
  CLASS  変数1 変数2 … ;
  BY     変数1 変数2 … ;
 ID     変数1 変数2 … ;
  OUTPUT OUT = SASデータセット名 統計量キーワード;
  その他オプションステートメント;
run;
VAR    : 統計量を求めたい変数を指定。
CLASS   : サブグループを形成する為に使う変数を指定。(文字変数 or 数値変数・・・OK)
BY     : BY変数で定義されるグループごとに分析する。(予め、SORTが必要)
ID     : 出力データセットに追加保存する変数を指定。(変数を1つだけ指定すると、各グループ内での最大値が出力)
OUTPUT : 出力データセットの名前、出力する統計量、その変数名を指定。

 ・オプション
DATA = SASデータセット名
 MAENSプロシジャで処理するSASデータセットを指定。
DESCENDING 標準値:ASCENDING
 _TYPE_の大きい方から順に出力データセットに書き出す。
IDMIN
 各グループ内でのID変数値の最小値を出力するように指定。
MAXDEC = n 標準値:2
 結果をプリントするときの小数点以下の桁数を0~8の範囲で指定。
MISSING
 欠損値もCLASS変数の有効な値として扱うことを指定。
NOPRINT 標準値:PRINT
 要約統計量をプリントしないように指定。
NWAY
 _TYPE_の値が最大値を持つオブザベーションだけを含む統計量を出力するように指定。


  • 統計量キーワード
 N     サブグループ中の欠損値でないオブザベーションの数
 NMISS  ある変数について欠損値を持つサブグループのオブザベーションの数
 MEAN   平均値
 STD    標準偏差
 MIN    最小値
 MAX    最大値
 RANGE  範囲
 SUM    合計
 VAR    分散
 USS    無修正平方和
 CSS    修正済み平方和 
 CV     変動係数(パーセント表示)
 STDERR  平均の標準誤差
 T       母平均=0の仮説検定のためのstudentのt値
 PRT     仮説の下で実現値以上の絶対値を持つ上記のt値が出現する確率 
 SUMWGT  WEIGHT変数値の和










ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。