※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュミッドディーヴァの世界


世界の分断

偉大なる4人の魔術師がその英知を下に絶大な魔法文明を作り上げ人々が栄華を誇った世界「シュミッド」。

強大な魔力で繁栄を誇った人々は次第に慢心し激しく争い合う。

そして魔法によって「マナ」を失いすぎた世界は崩壊し、4つの世界に分かれてしまう。

マナ

マナは世界の成り立ちに必要不可欠なものであり、魔法の力の源である。

マナが失われていけば世界はバランスを崩す。
そして、魔法を使えば「マナ」は失われていく。
4つに分かたれた世界で生き残った人々は生き延びる為に魔法を使う。
そしてマナが世界から失われる。
分かたれた世界もまたゆっくりと確実に破滅へと進んでいく。

人々が生き残るためには世界を再生する必要があり、
その為には膨大な「マナ」が必要なのである。

天空島

そんな中、豊富にマナの存在する異世界「天空島」の存在が知られる。
神のいたずらか、時を同じくして4つの世界に分かたれた人々は、
異世界へ渡る力を持つ魔術師「マスター」達を「天空島」へと送り込む。

世界を滅亡から救う為には、
川から水を引くように、「天空島」と自分達の世界にマナの通り道を作り、
乾いた大地に水を注ぎ潤すように、マナを注がなくてはならないのだ。

分かたれた世界のそれぞれの勢力を束ねる象徴にして指導者。
マスターのように異世界へ転送する能力を持たないが、
異世界へと転移するための次元の扉を開き、

異世界から送られる「マナ」を世界に供給する事ができる唯一の存在。

必ずしも王族とは限らず、「姫」の能力を持つものが「姫」と呼ばれる。
総じて「姫」は高い魔力をもち、魔術師としての能力も高い。

マスター

マスターとは異世界へ転移する特殊能力をもつ者である。

多様な魔術を操り、強大なモンスターを召喚し戦う。

戦う為に生まれた存在ゆえ、
天空島へと渡り、そこからマナを搾取し、
自分達の世界を破滅から救うのが、使命。

生き残るため、姫のため・・・。

戦い


天空島で出会ってしまった「マスター」同士の争いは避けられない。

自分達の世界を救うには、少しでも多くのマナが必要なのだ。
譲り合う余裕など、ありはしない。

そして、4つの世界の住人は、世界が分かれた原因を
他勢力が犯した過去の行為が原因と信じている。

他の勢力は許すことのできない敵だ。

すでに数百年の長い時を経た今、真実を証明する手立ては無く
分かり合うための時間も無い。

召喚されしもの(Summons)


戦場である天空島にはマスターしか移動することが出来ない。
この為、マスターだけでは戦力としての数が不足していた。

「戦う力」を得るため、マスターは異世界から精霊や妖精、あるいは幻獣と契約を交わす。
その存在は総じて「召喚されしもの」と呼ばれる。

「召喚されしもの」との契約は、マスター自身の生命力と「召喚されしもの」との生命力を
繋げる事を条件として契約を結ぶ。

「召喚されしもの」が敗れし時、繋がりを断ち切られた反動としてマスターは生命力を失う。