※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リベロ=フォルトゥーナ(Libero Foltuna)

姫:「自由の姫」エミリア

かつて自由でいることを望み、他の勢力から逃れた者達の末裔。自由を尊ぶ勢力。
自然にあるがままにある事を尊び、他の勢力に比べれば素朴な文化を持つ。

天空島の出現後リベロ広域で生きるもの全てに、まるで古木の様に体が枯れ果ててしまう奇病が蔓延し始めた。
リベロに住む魔術師たちの研究により、原因は生きる者全てに存在するはずのマナが枯渇し、治療には多くのマナが必要な事が判明した。
既にソレイユ・ルーメン・ゼーレンが天空島への進攻を行っている状況下で、争いは避けられない状態であったが、議会の決定により天空島への進攻が決定する。

リベロの意思決定は議会によって行われ、個々の意見を尊重し民主的に決定される。
姫はその議会に対して強力に行使できる力をもつが、議会を尊重してその行使を控えている。
今回の戦いに関しては、可能な限り避けることを望んでいるが、自分達の世界を維持する為にやむを得ないものと考えている。