『老松』より「神合の舞」

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『老松』より「神舞の合」

(2008:曲:おいまつよりかみまいのあい)



  • 長唄『老松』の2回目の合(間奏)。前半は本調子だが、ここからは二上りへの調弦替えとなる。

  • 文政4年、四世六三郎の作と言われている。

  • 落語家古今亭志ん生の出囃子として使われている曲。

  • 最近、某部員がこの曲の良さに目覚めた。

  • 三味線でクラプトンだなんだとかっこつける前に、こういう古典も弾けるようになろうね!邦楽部として恥ずかしいから!!
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
□LINK□



更新履歴

取得中です。







カウンター
今日 -
昨日 -
総計 -
オンライン -