マキシマン ルール

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マキシマン ルール

(2008:言葉:まきしまん るーる)


  • 憲法学者ロールズが唱えた概念。原初状態における当事者が、無知のヴェールに包まれた正義を選択する際に使う手法。

  • 分かりやすく言えば、『危険を伴う大金よりも、確実に入る小金を狙う』ことである。

  • 新撰組三番隊組長斉藤一のモットーでもある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
□LINK□



更新履歴

取得中です。







カウンター
今日 -
昨日 -
総計 -
オンライン -