かふんもん

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かふんもん

(2008:人物:かふんもん)



  • 部員のひとりはある日、飛んでいる花粉の一粒一粒が人間同様、手足があり人格を成しているのが見えるようになった。そして彼ら(?)の声を聞くことができるようになった。

  • この物語の舞台は、とある総合大学である!
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
□LINK□



更新履歴

取得中です。







カウンター
今日 -
昨日 -
総計 -
オンライン -