梅ヶ島パンツ事件 リターンズ

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梅ヶ島パンツ事件 リターンズ


(2007:事件:うめがしまぱんつじけん リターンズ)


事件概要
  • 2011年夏の合宿で、よしとみ荘101号室(男部屋)にて持ち主不明の男物の赤のチェックパンツ(トランクス)が発見された。
直ちにその場にいた男性部員に対して事情聴取が行われたが犯人ははっきりしなかった。

前回事件との関連
  • 2007年に同様の事件が発生しており、(梅ヶ島パンツ事件 参照)捜査線上には前回の容疑者が浮上した。というのも、彼は2007年以来合宿には参加しておらず、今回の合宿はそれ以来の参加であったためである。

  • 前回の事件との関連についてよしとみ荘女将は
「またかねーこれは確信犯の可能性が高いねー」と証言。

最新情報
  • 某部員によって証拠のパンツは若旦那に引き渡され、よしとみ荘で現在も厳重管理されている。若旦那率いる捜査当局の迅速な事件解決が期待されている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
□LINK□



更新履歴

取得中です。







カウンター
今日 -
昨日 -
総計 -
オンライン -