週刊少年マガジン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

創刊は『週刊少年サンデー』と同じ1959年3月17日。創刊号の表紙を飾ったのは大相撲の朝潮。

1973年、『週刊少年ジャンプ』に少年漫画雑誌売り上げ1位の座を奪われるまでは少年漫画雑誌売り上げ1位で、1997年、『週刊少年ジャンプ』の「黄金期」の終焉に伴い、再び売り上げ1位の座を手にするものの、2002年8月に再び『週刊少年ジャンプ』に首位を奪われ、少年漫画雑誌売り上げ2位に甘んじている状況が現在も続いている。

発売日は毎週水曜日、通常定価は2008年7月より260円となっている。創刊当初の定価は40円。現在の誌名ロゴは1984年から使用されている。

2006年8月発売分からほとんどの単行本の定価が390円(税抜)から400円(税抜)へと値上がりしている。

「『週刊少年サンデー』が若年的な熱血感、『サンデー』が都会的な清潔感」を雑誌のカラーとするのに対し、『マガジン』は「泥臭さ・社会性」というイメージを持たれていることが多い。しかし、元々バリエーションの豊富さを編集方針としていることもあり、特に1990年代以降は読者の多様化に対応した様々な作品が登場している。

なお、これらの作風の違いは、会社・編集部・従業員などにも現れているとされ、集英社は熱気があり、小学館は清潔感に溢れ、講談社は雑然としている、といったイメージで語られることがある。逆説的に、こうした社風が作品に影響しているともいえよう。

人気が低迷したり作者・編集部側の事情などにより本誌で打ち切りになったとしても完全に打ち切るのではなく、兄弟誌であるマガジンSPECIALなどに舞台を移して連載をするケースが多い。『生徒会役員共』など当初はマガジンSPECIALにおいて連載されていた作品が本誌へ移籍するケースもある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。