※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


名前:丸目蔵人佐長恵
身分:浪人
官位:―
役職:―
兵数:0

【列伝】

丸目長恵 マルメナガヨシ(1540-1629)
相良家臣。通称は蔵人佐(くらんどのすけ)。
上泉信綱に剣術を学び、タイ捨流を開いた。
島津軍との戦いで敗因を作り、一時逼塞するが、
のち復帰して兵法師範を務め、開墾事業にも従事した。
武芸だけでなく和歌や笛にも優れていた。
(出典:太閤立志伝)

戦国草紙でのあゆみ

京に上り夜な夜な辻斬りを行っていたが、松永久通と切り結んで以来、京で暗躍し始める。
小弓公方・足利義明の家臣、椎津行憲が使用した月丸扇紋入りの鉄砲を松永久秀に渡し(丸目自身にはその意図は無かったが結果的に)二条幕府と小弓幕府の対立を煽った。
また、二条幕府軍が留守にしている間に宇治の夢殿を穢し、その結果松永久秀による宇治での虐殺を招いた。
朝倉景鏡が経営する「萬屋」の陽射しの良い部屋に強引に住み込み、景鏡の用心棒をしている。
織田信長との会談のため近江に向かう途中、萬屋に立ち寄った松永久秀を襲撃するなど相変わらず無鉄砲・無思慮な行動が目立つが、一応丸目なりの美学・行動指針があってのことである。