世界観について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 仙人の実力
仙人の実力は外見に現れることが多い。基本的に、実力のある者ほど若い外見をしている。
仙人としての資質に優れた者ほど早く体の成長が止まるためである(ただしもちろんある程度年を経てから修行を始めた者にはこの例は当てはまらない)。
修行を始めてから体の成長が止まるまでの年数が短い者ほど実力者と言える。

  • 特殊能力について
仙人・道士の中には、さまざまな特殊能力を扱える者が存在する。(例:太上老君、赤精子)
そのような仙人・道士は昇格上有利であることが多い。
また、特殊能力を持つ者でなければ扱えない宝貝も存在する。(例:太極図)

  • 半妖について
半妖とは人間と妖怪(非人間)との間に生まれた者のことを指す。
半妖は必ず金髪金目の持ち主である。

  • 仙界の流通について
仙界にも下界と同じような流通経路が存在する。
物々交換か、仙界のみで使える貨幣のようなものを使う。
仙人の場合は、各々の作った仙丹などを物々交換の資本にすることが多い。

  • 仙女と女仙の違い
仙人相手の遊女を仙女、女性の仙人を女仙と言う(あくまでマイ設定では)。
仙女は赤襦袢の襟を覗かせるという決まりがある。
仙女にはランクがあり、容姿・房中術の技術などをはかる試験によって決まる。
高級仙女は上級の仙人しか相手をする(させる)ことができない。道士相手には低級・中級の仙女があたる。
仙女は仙人に身請けされることがあり、身請けした仙人を「旦那」と呼ぶ。
(※『旦那』は後世に作られた言葉ですが、ここではこのような用途で使っています)

  • 純血の仙人
仙女と仙人、もしくは女仙と仙人の間に生まれた子は純血の仙人として扱われる。生まれたときから仙人候補として育てられる。
多くは特殊能力を持って生まれる。
ただし仙女や女仙は妊娠しにくいため、純血の仙人の数はとても少ない。

  • 「印」
十二大仙は前代の十二大仙から役職を引き継ぐ際に「印」も受け渡される。
印は基本的に額に現れるが、まれに体の違う部位に現れることもある。
また、十二大仙でなくとも高位の仙人には印が現れることがある(度厄真人、陸圧道人など)。

  • 「娼年」の存在
まれに、男色相手の少年が存在する。
その存在と在処はわずかの者しか知ることはない。





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。