その他


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 銀(オリジナル)
文殊広法天尊の洞府に住まう、彼の仙女。(世界観について参照)
外見年齢10代後半。
活発で屈託のない性格。天真爛漫。世間の事情に少々疎い。幼児体型に近く、そのことを少し気にしている。
伝説の仙女と呼ばれた高級仙女の娘で、房中術によって相手にかかった毒を癒すことができる。銀を育てた養父(実は実の祖父)は銀の存在を隠そうとした(利用されるのを恐れたため)。
幼少時は文殊を兄と慕い、成長後は1人の男性として慕った。
『封神演義』物語終了後、妊娠して女児を出産、まもなく死亡。銀の家系は子供を産むと生きることのできない家系だった。

  • 銀の母親(オリジナル)
後に伝説の仙女と呼ばれるほどの美貌と房中術の技術を持った高級仙女。
房中術の相手の体の不具合を治癒することができる能力を持っていた。
銀の住まう館の主の実の娘。
仙人ではないある男性と下界に降り、銀を出産した。銀を親に預けてまもなく死亡。

  • 金蘭(オリジナル)
娼年。
少女と見まごう美貌を持ち、実力もトップクラス。
広成子を慕い、赤精子をライバル視しているが惹かれてもいる。
姫とは犬猿の仲。

  • 姫(オリジナル)
高級仙女。
美貌と美体の持ち主。仙女としての実力も持ち合わせている。
それゆえ自尊心が高く、他人を見下すことも少なくない。
「姫」は本名ではなく通り名。その本名を知るものは数少ない。
金蘭と犬猿の仲。
広成子とは古い知り合いで、彼を憎んでいる。ただしその感情は愛情と裏表のものである。





ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。