※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラショウモンカズラ(羅生門葛)
シソ科ラショウモンカズラ属の多年草。

植物の名前には、色々あり、羅生門で切り落とされた鬼女の腕に
見立て名付けられた。
茎は直立して高さは15~30cmくらいになり、花の後、茎の下部から地上を這う走出枝を出す。
葉は対生し、形は三角状心形で、葉の縁は鈍い鋸歯状になる。




名前:
コメント:
添付ファイル