※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムラサキマムシグサ
 サトイモ科 テンナンショウ属

初夏に林の木陰で、仏炎包を付ける多年草(宿根性)の野草。
この種は、地域ごとに近親種が多く、特定は難しい。オオマムシグサ、カントウマムシグサなど、
仏炎包の色の違いで分類呼ばれます。
ウラシマソウ(浦島草) と似ていますが、浦島草には花序先端から出る長い紐状突起物があるのに対し、
このマムシグサ(蝮草)には突起物はありせん。





名前:
コメント:
添付ファイル