有森 願


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

父親が時を止める能力を持っている。というわけではない。





怪人名 :バッファロー
種族  :改造人間(異能者・装着型)
モチーフ:バッファロー
性別  :女性
身長  :未定
体重  :未定
能力  :
『怪力で何でも殴り倒す程度の能力』
 バッファローはパワーを重点的に強化された改造人間である。その力は、軽く自動車を投げ飛ばし、軽く電柱を振り回り、軽く地面を叩き割り、注意しないと触れるもの全てを握り潰してしまう程度である。
 その怪力をもって、敵を、あるいは障害をぶん殴る。

『超・怪力で何でも殴り倒す程度の能力』
 バッファローの筋力に掛けられた多重リミッターの任意解除。ただし、解除するにつれて自壊する可能性が高まる為、限定的に解除していくのがスタンダード。
 より非常識なレベルになった怪力で、敵を、あるいは障害を吹っ飛ばす。

『棍棒で殴り倒す程度の能力』
 バッファロー専用武装「タウラスメイス」。バッファローの怪力に合わせてあるので、通常よりも二回りほど巨大。再改造時に追加された武装。
 これをぶん回し、敵を、あるいは障害をぶっ飛ばす。

『拳で殴り倒す程度の能力』
 バッファロー専用武装「ギガントハンド」。バッファローの筋力リミッターの制御デバイスと同時にパンチングユニットを兼任する。小規模ながらブースターが付いている為、射出する事も可能。再改造時に追加された武装。
 これを装備し、より非常識なレベルでぶん殴る。

『単車で轢き潰す程度の能力』
 バッファロー用にカスタムされたSSD量産型バイク、通称『牛車』。ひたすら装甲と馬力を強化されている。だが、バイクと言うよりは専用武装の搭載機の意味合いが強い。簡易AIが仕込まれており、多少の自律行動も可能。
 これに跨り、もしくは勝手に、敵をぶっ潰す。

設定:SSD初期の『転生』の技術が確立していない時期に、ある世界より収集された技術を用いて開発された“改造人間”。
 装着型異能者の原型(プロトタイプ)の一体として、力と装甲を重点的に強化されている。
 と言うか、強化し過ぎて自壊しそうになった為、制御用に多重リミッターが掛けられている。
 『転生』技術が完成した後に再改造を施され、正式にSSDメンバーとなった……が。
 多重リミッターの歪みから生まれたバグの存在により洗脳を含めた全ての拘束が外れてしまい、脱走を許す事となった。
 変身ベルト「Tバックル」を起動する事で全身を特殊強化服が覆い、同時に出現した専用の仮面を装着する事で『変身』が完了する。

人間体
名前:有森願(ありもり・ねがい)
年齢:23
設定:有森四姉妹の次女。『良い女としての人生を遂げる』事を理想に、毎日を全力投球するヤンチャボーイ。いやガール。もといレディ。
 ただ、その理想は漠然としたものであり、本人としては『カッコイイ女性になる』程度にしか考えてない。
 性格は暴走的なくらい活動的。後悔を投げ捨てて先しか見ないタイプ。服装は動きやすいものを好むが、必ず男物のジャケットを着用する。これは彼女のお気に入りらしく、どんな時でも着付けている。
 その正体はSSD発足初期の実験体『バッファロー』。再改造時に起きた事故で脱走に成功し、そのまま逃げ切った。
 OG1時代は実家周辺で事件があまり起こらなかった事と、私生活で大事件が起こっていた事が原因で関わっていなかった。
 積極的に事件には関わりたくないと思っているが、事件が解決されねば色々と(自分の理想追及にとっても)迷惑である為、結果として積極的に事件に関わり解決しようとしている。

 あらゆる困難を、力とパワーとストレングスと根性とガッツとラブで切り抜けようとするKNO(KaizouNinngenOnnna)。

『アタシの名前は有森ねがいッ!全てを吹っ飛ばす改造人間ッ!』
『女をォ――――舐めるなァァァァァァァァ!!』