※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【割引の概要】

  • 通勤割引 (50% OFF) : 東京・大阪近郊 以外 の高速国道。午前6時~午前9時、または、午後 5 時~午後 8 時。距離は 100km以内
  • 早朝夜間割引 (50% OFF): 東京・大阪近郊の高速国道。午後 10 時~午前 6 時)。距離は 100km 以内
  • 深夜割引 (30% OFF) : 全国の高速国道。午前 0 時~午前 4 時)。距離の制限はなし

上に挙げた時間の範囲内に、入口、あるいは出口の料金所を ETC 無線通行で通過する必要があります。


【具体的な使用例】

基本的には、「乗った IC から 100km ギリギリのところでいったん出て U ターン」というパターンを使います。ちょっとでも 100km を超えると深夜割引以外はアウトですので、御用心。

東京から中央道方面 :

午前 6 時より前に三鷹料金所 (または調布 IC・国立府中 IC)を通過して、まず均一区間を早朝夜間割引で半額に (\600 → \300)。次に韮崎 IC でいったん外に出て、通勤割引で半額に (\2,700 → \1,350)。

その他の方面 :

都心側に均一区間がある中央道以外は、単純に「乗った IC から 100km ギリギリ」で早朝夜間割引を適用できます。起点から乗った場合に該当するのは…
関越道 : 練馬 IC - 駒寄 PA スマート IC
東北道 : 川口 JCT - 鹿沼 IC
常磐道 : 三郷 JCT - 那珂 IC
東名 : 東京 IC - 裾野 IC

乗り直した先でさらに通勤割引が使えると、そちらでも安くできます。


【ETC カードの複数併用】

  • 割引制度は ETC カードが単位になるので、ETC カードを複数併用すれば、同じ割引を続けて利用できる場合もあります。
  • ただし、複数の ETC カードを使うと利用が分散するので、マイレージを溜め込むには不利かもしれません。