※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

典故を調べるための工具書案内


(1)『佩文韻府』(清)張玉書他(中華書局 '83影印)

(2)『駢字類編』(清)張廷玉他(上海書店 '84影印)

(3)『駢字類編音序索引』程千帆他(武漢出版社 武漢 '95)

 (1)『佩文韻府』と(2)『駢字類編』は、漢詩を読んでいて典故を調べたい場合に用いる工具書です。

 

 語句を検索すると、その句が使われている詩文の原文と、作者名を知る事ができます。ただし、語釈は載っていないので、注意してください。

 

 なお、(3)は(2)の索引です。


 また、『佩文韻府』と『駢字類編』の二冊は、時として『漢語大詞典』『大漢和』にも記載がないような語彙を載せていることがあります。

 

 ですから、古漢語辞典(漢和辞典)の代わりとしても使うという裏技的(表技かな?)な使い方も可能です。