※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中国学全般(特に文学)に関する百科事典案内

 

 

(1)『中国学芸大事典』近藤春雄(大修舘書店 '78)

 

 中国学に関する百科事典的存在であり、古典に関わる人名・書名・学術用語などを調べたい時は、『大漢和』と並んで真っ先に参照すべき本です。中国の古典文学や古代思想を専攻する院生は、貯金をはたいてでも(いや、借金をしてでも)買っておくべきです。

 

 各項目の末尾には簡単な参考文献も附記されています。また、巻末の年表も大変便利ですね。

 

 ただし、近現代文学・言語学・歴史方面の事項は、あまり取り上げられていないので、その点は要注意です。

 

 

(2)『中国学芸大辞典』近藤杢(元々社 改訂版 '59)

 

 (1)の著者の父親の手による辞典です。項目によっては、記載が(1)よりも正確ですので、(1)と併用する事が望ましいですね。

 

 

(3)『中国文学大辞典』全8冊 馬良春・李福田主編(天津人民出版社 '91)

 

 中国文学に関する最も網羅的な事典です。作者・作品・学術用語・雑誌に至るまで幅広く記載されています。

 

 古典のみならず、現代にも紙幅を割いていますので、現代文学を専攻している人は、『新中国文学詞典』と共に、真っ先に参照すべき事典です。

 

 もちろん古典専攻者にとっても、大変有用です。どうやら絶版になってしまったようで、大変悔やまれます。

 

 

(4)『中国大百科全書』(全32冊)(中国大百科全書出版社 2008年04月第二版)

 

 中国政府の号令で作成された、中華人民共和国初の本格的な百科事典です。

 

 本文30巻、索引・附録各1巻から構成されています。3万幅の写真や図版及び1,000幅の地図を付しており、約6千万字の説明で6万の条目を収録しているそうです。

 

 なお、初版本は全74巻ありましたが、第二版になって60巻になりました。世界の主要な百科全書の編纂体裁に沿い、中小の条目に力点を置き、平易な文体で全世界とりわけ中国の社会科学・人文科学・自然科学におけるさまざまな文化・知識・学説・見解などを紹介するようにした、とのことです。

 

 ということですから、場合によっては初版本と併用すべきでしょうね。

 

 私個人の印象をいえば、率直に言ってあまり使い物になる事典ではないと思います。ただ、電子版も存在しますので、PCにインストールをしておいても損はないでしょう。

 

 

(5)辞海編輯委員会 編 『辞海』(5冊・彩印本)(上海辞書出版社 上海 '99)/4冊本(普及本)もあり。

 

  

 


 

 その他、同類の工具書としては、以下のようなものがあります。

 

『中国文学小事典』藤野岩友編(高文堂 '72)/中国文化全書8

 

 コメントはもう少し待ってください……。 

 

 

 

 

 

『日本漢文学大辞典』近藤春雄(明治書院 '85)